2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 特急「きりふり267」号、浅草→運河 | トップページ | 「SLレトロみなかみ」号の旅 »

2016.12.17

高瀬駅まで青春18きっぷを買いに行きます

12/06
 ゆかえき。
Img_6864
 祐花駅。
 これはいいです!(^^;。

 それでは、予讃線の高瀬まで、青春18きっぷを買いに行く旅、始まり始まり。
 本当は、この週末に行く予定で、飛行機やホテルの予約を済ませていたのですが、赤い常備券は今季限りで販売を終了するとのリリースが流れ、在庫が心配になっちゃって。
 予定を早めることにして、そちらはキャンセル。
 西日本は既に完売。
 さすがに、四国は売り切れたりしないと思うのですが。
 念の為に、ね。

 出発は、本当にお久しぶりな寝台特急「サンライズ瀬戸」です。
 東京22:00発。
 前日にシングルを予約したよ。
 乗車券は、レール&レンタカーきっぷを使います。
 行程上、一度高松まで行って、折り返した坂出で駅レンタカーを借ります。
 切符を買うとき、行きも新幹線経由で発券されてしまって、確認したら、往復同じ経路で無いと、往復割引が適用されないので、なんて説明でしたが、レール&レンタカーきっぷなんですもん、もともと往復割引は適用されませんよね(^^;。

 旅立ち前、中野駅近くの銭湯に入り、ご飯を食べて、東京駅へ。
 「サンライズ瀬戸」は既にホームに入線していました。
 私のベッドは、下段席だね。
 今日の「サンライズ瀬戸」は空いていて、終点の高松で確認したら、私の車両は3人分のお部屋しか使われていませんでした…。

 シングルの個室はさすがに狭いですけど、コンセントや棚はしっかり有りますし、設備は十分なのですよー。
 サンライズのコンセントの仕様は、AC100V2A60Hzです。
Img_6844
 窓に、東京駅で買って来た食糧を並べて、と。
 23:58の沼津までは、頑張って起きていることにしました。
 沼津では、わざわざホームに降りて、写真を撮ったりします。
 今、沼津は重要ポイントなんですもの。

12/07
 その後は、ぐっすり眠って。
 なんて、実は揺れが激しいので、何回も地震の夢で目が覚めました(^^;。
 寒さでも目が覚めたりして。
 ヒーターのスイッチを入れるの、忘れてました。
 岡山で何となく目が覚めて、児島で本格的に起き出します。
 朝陽が眩しい中、瀬戸大橋を渡って行くよ。

 ゴミを捨てにデッキへ出たら、丁度坂出に到着するところ。
 かなりの下車が有りました。
 高松よりも多かったみたい。
 終点の高松には定刻で到着。
 各車両、数人の下車客なのでした。

 私は、改札を抜けて、みどりの窓口へ。
 取り敢えず、青春18きっぷを買っておきましょう。
 2枚。
 券番は4289。
 その後、カフェでご飯を食べて、と。
 のんびりと「マリンライナー」で折り返したのでした。

 坂出には9:40頃に到着したよ。
 ここの駅レンタカーは、駅構内に小さなカウンターが有るものの、オリックスレンタカーに業務を委託していて、常駐する人も無く、電話で誰かを呼び出さなくっちゃ駄目みたい。
Img_6878
 面倒臭いよー(^^;。
 幸い、おねーさんはすぐに来てくれました。
 料金6,480円は、勿論、事前に決済済みです。

 それでは、高瀬駅に向けて、しゅっぱーつ。
 国道を淡々と走って行きますよー。
 途中、道の駅「ふれあいパークみの」に寄り道。
 もう、三豊市内です。
 道の駅とゆーには、随分とメインの道から外れてますけど。
 ここには温泉が有るのですが、健康ランド的な施設なので、お値段はお高めです。
 なので、今回はスルーだよ。
 いつか泊まってみたいなあ。

 高瀬駅では、いそいそと青春18きっぷを購入します。
 ここでも2枚、買いました。
 券番は5094。
 んー、あんまり売れてないみたい。

 それじゃあ、温泉に入りましょう。
 たかせ天然温泉には行ったことがあるので、今日は道の駅「たからだの里環の湯」まで行ってみます。
 最寄り駅は土讃線の讃岐財田ですが、こちらも同じ三豊市内なんです。
 車なので、こういう移動も自由自在なのですよー。
 ちなみに、お風呂の後は、また高瀬駅に戻って、ご飯と「マリンライナー」のグリーン券を買いました(^^;。

 ナビの指示通りに、道をくねくね曲がって、「たからだの里環の湯」に到着っ。
 物産コーナーを見て回って、アイスを食べて。
 アイスは、ちょっと珍しい、柿と焼き芋のダブルにしてみたよ。
 そして、温泉でのんびり過ごしたのでした。
 モール泉みたいに、ぬるぬるしたお湯でした。

 高瀬駅前に戻って、記念にグリーン券を購入しましょう。
 電話での中継販売なんです。
20161225_0003
 以前、「北陸」の寝台券を買ったときは、手書きの出札補充券だったにゃあ。

 その後、駅前のお寿司屋さんでお昼ご飯。
 正午なので、三豊市役所前には、パンの移動販売車が来ていたよ。
 ここ、三豊市役所前のバス停からは、東京と大阪と神戸へ、直通のJRバスが出ていて。
 実は、バスタ新宿からダイレクトアクセスが可能なんです。
 でも、今後はあんまり高瀬に来る機会は無さそうなので...。

 次は、琴電の羽床駅へ行こー!。
 いえ、道の駅で案内板を見ていたら、この羽床駅を見付けて、ひらがなだと「はゆかえき」、まさに祐花駅だあ!、ってことに気が付いたので。
 楽しいね。
 そのまま坂出駅に抜けてしまえば、ルート的にも時間的にも丁度いいですし。
 効率いいよ。

 羽床駅の場所がイマイチ良く分からなくって、ナビの案内もテキトーなので、ナチュラルに道に迷ったりしつつ、何とか羽床駅に到着です。
Img_6868
 丁度、高松築港行きの電車が来ました。

 これで、そろそろタイムアップ。
 今回の旅は、凄く充実していたね。
 坂出駅に戻って、レンタカーを返却するべく、また電話をすると、回送中で人が居なくて、こっちに出せる人員が居ないと…。
 車は駐車場に入れて、キーとファイルはカウンターに置いといて下さい、と。
 はあい、了解です(^^;。

 駅前の、テナントがすかすかのイオンを覗いて、15:24発の快速「マリンライナー42」号に乗ったのでした。
 グリーン車は初めてなのですが、車内、ずっと寝ちゃってました。

 岡山からは、16:22発の「ひかり478」号で帰ります。
 レール&レンタカーきっぷでは、「のぞみ」の割引が不可なんですもん。
 この「ひかり」は殆ど各駅停車なので、東京まで4時間18分もかかります。
 「のぞみ」より1時間も長いよう。
 疲れるー。
 車内では、駅弁を食べて、その後はぐーぐー寝てましたけど。
 何となく、また中野で別の銭湯に入って、家に帰ったのでした。
20161225_0001
 沢山買った青春18きっぷの常備券は、それぞれに引き取り手が見付かって、全国へ散って行きました。
 皆さん、いい旅をして下さいね。

« 特急「きりふり267」号、浅草→運河 | トップページ | 「SLレトロみなかみ」号の旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/64647311

この記事へのトラックバック一覧です: 高瀬駅まで青春18きっぷを買いに行きます:

« 特急「きりふり267」号、浅草→運河 | トップページ | 「SLレトロみなかみ」号の旅 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ