« 函館→羽田 | トップページ | 中野→敦賀 »

2016.11.04

「おさんぽ川越」号と「ぶらり川越」号

10/16
 私の休日は不定なので、日曜日にお休みがぶつかると、ちょっと損をした気持ち。
 何処も混んじゃいますものね。
 でも、日曜日ならではの臨時列車が走ったりもするので、そんな列車に乗れる楽しみが有ったりもします。

 今日のお目当ては、川越線。
 「おさんぽ川越」号と「ぶらり川越」号だよー。
 乗車区間は、西船橋から川越までと、川越から柏まで。
 家の近くから乗れちゃうのが魅力なの。
 だから、始発駅からの全区間乗車には拘りません。
 目的地の川越は、お芋と鰻の街。
 現地に着いてから知ったのですが、今日は「川越まつり」が開かれているのですって。

 西船橋09:13発の「おさんぽ川越」号は、房総特急で使用しているE257系の5両編成。
 柏16:35着の「ぶらり川越」号は、「スーパーひたち」で使用していた651系の7両編成。
Img_6576
 どちらも、当日の朝、窓側の指定券が取れました。
 「ぶらり川越」号のグリーン車は、残り1席だったっけ。
 料金を考えると、快速のグリーン席って、お得ですものね。
 実際に乗ってみると、車内は意外と埋まっていた印象です。
 席の半分以上はお客さんが居たよ。

 西船橋駅の案内板は、残念ながら単に「JR」の表示で、がっかり。
Img_6527
 何故か、復路の茂原行きは、ちゃんと列車名が表示されていたりして。
 途中駅の表示も、ばらばらでした。
 これって、各駅毎に手動で対応しているのかなあ。
 列車自体の表示は、どちらも「臨時」表示だったよ。

 快速「おさんぽ川越」号は、のんびりと走って行きます。
 スピードが上がったのは、大宮の手前位。
 往路のポイントは、大宮駅地上ホームからの、川越線への分岐です。
 ここはまだ乗ったことが無くって。
 って、あれれ?。
 前回川越線に乗ったのって、気動車だったような…。
 いつの時代!?っていうのは別として、実はむしろ、地下ホームからの経路に乗っていないんじゃ…。
 はわわ。

 それはともかく。
 鉄道博物館からは、職員の方が手を振ってくれていて、ちょっと嬉しい。
 車内では、川越のパンフレットが配られます。
Img_6535
 JR東武直通特急10周年記念のマグネットブックマーカー付き。
 終点の川越では、歓迎の幕が掲げられていたです。
Img_6541
 イベント感が有って、楽しいね。

 さあて、何をして過ごそうかなあ。
 いっそ、西武の特急「小江戸」号で新宿へ出ちゃうとか!。
 いやいや(^^;。
 お祭りの山車を眺めると、随分とトップヘビーて安定悪そう。
Img_6549
 ひっくり返らないか、心配になっちゃいます。

 結局、献血とかして過ごすのでした。
 彩乃りこちゃんに迎えて貰って。
Img_6552
 所要は約2時間。
 ビルの同じフロアには、アニメイトとらしんばんが入居していて、随分と私向けのフロアだったにゃあ。

 後は、お祭りの屋台を見て歩いて、本川越駅へと。
 西武も単線なのですね。
 道は何処も人だらけ。
 あ、歩きにくい…。
Img_6556
 帰りの「ぶらり川越」号も、のんびり走って行きます。
 川越線内の各駅で運転停車するのは、こっちも単線だからなんだ。
 行きは気付かなかったよ。
 鉄道博物館の前では、随分と長く停まっていたにゃあ。

 帰りのポイントは、武蔵野線から常磐線への分岐です。
 この区間も、まだ乗ったことが無くって。
 窓に引っ付いて、景色を眺めていたのでした。

|

« 函館→羽田 | トップページ | 中野→敦賀 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/64442586

この記事へのトラックバック一覧です: 「おさんぽ川越」号と「ぶらり川越」号:

« 函館→羽田 | トップページ | 中野→敦賀 »