« 「フェリーしまんと」の旅 | トップページ | 秋田内陸縦貫鉄道の旅 »

2016.05.29

駿豆線サンシャイン!!

04/21
 山手線を走っていた、スクフェスのラッピング車を東京駅で捕まえました。
 修学旅行らしい中学生の団体さんが、歓声を上げているのを嬉しく聞きつつ…。
Img_5938
 μ'sのラッピングは、きっとこれが最後。
 新シリーズへと、世代交代なのです。

04/29
 てことで、伊豆箱根鉄道駿豆線に、ラブライブ!サンシャイン!!のラッピング車が、早くも登場しました。
Img_5966
 Aqoursのラッピングだよ。
 私も早速、見に行くことにしたです。

 ほぼ徹夜明けで、へろへろになりつつ、小田急の新宿駅へ。
 既にGWへ突入しているので、ロマンスカーは1時間後まで満席だね。
 まあ、急行で全然構いません。
 とにかくもお、眠くって。
 先頭車まで歩いて行くと、空席が有りました。
 途中、代々木上原までは覚えているのですが、次に気付いたときは新松田で。
 あ、もう着くね、なあんて思っていたら、既に小田原に到着していたとゆー。
 体感時間、はやっ。
 ワープしたのかと思ったもん。

 JRに乗り換えると、かなり元気になりました。
 無理に座席には座らず、扉に寄りかかって、景色を眺めます。
 根府川では、特急列車の通過待ちで、暫く停車したよ。
 ここも、ラブライブ!に縁の有る駅なのですよね。
Img_5940
 小雨のホームを散歩して、方向幕に「特急踊り子」だけを表示した、臨時の185系を見送ったのでした。

 熱海が近付くと、下り列車の接続時間は短く、編成も短いので、乗り換えにはご注意下さい、との放送が流れます。
 編成の中央へと移動して行かれた方も多かったのですが…。
 熱海が近付くとのろのろ運転が続いて。
 ホームに到着すると同時に、反対側のホームから列車が発車して行ったのでした。
 勿論、誰も乗り換え出来ません(^^;。
 JR東日本の遅れを、JR東海に持ち越したくないのでしょうね。
 分割民営化っていうのは、そういうことなのです。

 私は全然急がないので、次の列車で全く問題は有りません。
 丹名トンネルを潜ると、雨も上がって、いいお天気。
 三島に着いても、目指すラッピング車の時間まで、まだまだ時間が有って。
 とてとて、駅前を歩くのでした。
 そのまま、三島田町まで行っちゃおう。
 GWだけ有って、駅前の商店街も、観光客で賑やかでした。
 以前寄ったことのある、有名な鰻屋さんを眺めつつ。

 三島田町でお目当てのラッピング車を待ちますが、あれれ、ラッピング車じゃ無いよー?。
 取り敢えず乗ったものの、運用が代わっちゃったのかしら…。
 もう一度確認したら、この1本後だったことが発覚。
 何やってるですか(^^;。
 そんなことをしていたので、伊豆・三津シーパラダイス、通称みとしーに行く時間は無くなってしまって。
 ん、ここはまた、別の機会にゆっくりと。

 はい、Aqoursのラッピング車ですよー。
 わ、かなり可愛い♪。
Img_5960
 三島は、反対側のホームから撮影出来るから、いいですね。
 既に凄い注目度で、μ's同様、老若男女沢山の人達が写真を撮っていて。
 ラブライブ!のキャラデって、ちょっと素朴なところが有るから、意外と一般受けするのかしら。
 なあんてことを考えてみたりして。
 地元では、結構推されていたりするのですよね。
 2ndシングルのPVにも登場する伊豆・三津シーパラダイスは、売店でシングルCD売ってたりしましたし。
 話題のゆるキャラ、うちっちーも描かれてますよん。
Img_5958
 駅では、鉄道むすめ「修善寺まきの」記念乗車券を売っていましたが、いずれはAqoursのも売って欲しいな。
 絶対、売れますもん。
 小さな鉄道会社には、貴重な売上になる筈なのです。
 みんなが夢見る沢山の未来、ひとつひとつ叶えて行くこと。
 いち、にの、サンシャイン!!(^^)。

 私は、三島広小路まで乗って行って、ラッピング車を見送って。
 車内も、Aqoursの中釣り広告で埋められていました。
Img_5976
 駅前のミスドでドーナツとコーヒー。
 時間調整だよー。
 さあて、折り返し、今日はこのまま帰りましょう。
 なかなか楽しかったのです。

 熱海まで戻って、快速「アクティー」に乗り換え。
 丹名トンネルを潜ると、やっぱり雨。
 ちょっとメランコリックな気持ち。
 車内、モバイルSuicaから船橋までのグリーン券を買ったのでした。
 今日は休日料金だね。
 すやすや…。
 大船で、横須賀線に乗り換えましょう。
 エキナカで、とんこつラーメンとか食べてみたり。
 味は、まあ、フツー…?。
 始発の津田沼行きを捕まえて、船橋まで帰ったのでした。

|

« 「フェリーしまんと」の旅 | トップページ | 秋田内陸縦貫鉄道の旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/63697700

この記事へのトラックバック一覧です: 駿豆線サンシャイン!!:

« 「フェリーしまんと」の旅 | トップページ | 秋田内陸縦貫鉄道の旅 »