2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 京成AE100形「シティライナー」最後の旅 | トップページ | ■ラクエンロジック 第6話「対立か降伏か Battle or Surrender」 »

2016.02.13

■紅殻のパンドラ 第6話「魂魄 -セントラル・ナーバス・ユニット-」

 お裁縫にも、パンドーラ・デバイスは使えるんですよね。
 それはいいアイデアなのです。
 さすがに、ワンピースの完全な修復は無理だったけれど、アレンジで何とかしちゃいます。
 ただ、使っている姿は人には見せられないらしく。
 そりゃあ駄目ですよね。
 色々な意味で(^^;。

 アンナに続いて、エイミーも義体持ちでしたあ。
 実は、結構、そういう人って多いみたい。
 そうなった事情とかは、聞かない方がいいのかな…?。
 性能優先だと、メカメカしい義体になっちゃうとか。
 エイミー、すっごく活動的なんだもん。
 にゃんこに避けられちゃったのは、金属部分が多いから、とかじゃあないですよね。
 それだとちょっと寂しいのです。

 さすがの福音も、複数の手の同時制御は大変だったみたい。
 あれ、どの手がどの手で、どの手がどの手じゃないのか、絶対にこんがらがります。
 習熟の問題のような気がしますよー。
 そういうのは、単なる制御演算にお任せ。

 今回は、ブエルの出番がいっぱい有って、いっぱい動いてました。
 あの、真ん中の足、ものすごーく気になるのですけど…。
 何処の辺りが魔界の哲学者なのか、全く意味が分かりません(^^;。
 通信障害の中で、にゃんこのサーチが不可だったのは、お気の毒なのです。
 ロリにがっかりされちゃうのは、やっぱり堪えるらしく。
 ですよねえ。

 その、前回からの通信障害の原因、判明したです。
 福音にも知られず、クラリオンが戦っていたり。
 今回は、あくまで防御。
 追撃しなかったのは、関わるべきではないっていう判断なのかしら。
 ただ歩いてすれ違っただけのクルツ、凄い大物感を出してました。
 ああいうの、なるべく関わりたくないタイプなのです(^^;。

 福音の検査も問題無く、拓美の病院への備えは完璧みたいで、良かった良かった。

« 京成AE100形「シティライナー」最後の旅 | トップページ | ■ラクエンロジック 第6話「対立か降伏か Battle or Surrender」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/63203731

この記事へのトラックバック一覧です: ■紅殻のパンドラ 第6話「魂魄 -セントラル・ナーバス・ユニット-」:

» 紅殻のパンドラ TokyoMX(2/12)#06 [ぬる~くまったりと]
第6話 魂魄 セントラル・ナーバス・ユニット ヘカトンケイル構造をテストする福音、しかし難しい。義体の調整に出かける時間。実は必要以上の力が発動しないようにリミッターを施している。従来の少女の力に合わせているのだった。通信障害が発生するが、この病院は安全。オーナーの意向で大容量の発電システムを敷地内に持ち、 基本は有線接続で外部からの接続も遮断できる。実は崑崙八仙拓美がオーナーだった。 クルツ大佐はブエルを手に入れるために論理障壁を解読して 突破しようと試みていた。エイミーは一人で病院を訪れる。今日... [続きを読む]

» 【紅殻のパンドラ】第6話『魂魄 -セントラル・ナーバス・ユニット-』キャプ付感想 [空 と 夏 の 間 ...]
紅殻のパンドラ 第6話『魂魄 -セントラル・ナーバス・ユニット-』 感想(画像付) ちっちゃくないよ! ブエルの前足を立てるのやめろ(笑) エイミーちゃんとブエルが、猫を探して小さな冒険。 足が義体でも元気な女の子ですね♪ イアン大佐の暗躍が、公園の避難民を追い出す事態を生む。 ブエルを狙う大佐と福音ちゃんは戦うことになるのかな? 以下、感想はつづきから ネタバレ...... [続きを読む]

« 京成AE100形「シティライナー」最後の旅 | トップページ | ■ラクエンロジック 第6話「対立か降伏か Battle or Surrender」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ