2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■無彩限のファントム・ワールド 第1話「ファントムの時代」 | トップページ | ■紅殻のパンドラ 第1話「適合者 -アデプタ-」 »

2016.01.08

立川爆音上映とさんふらわあさっぽろ

01/07
 ガールズ&パンツァー劇場版を、立川シネマシティまで見に行って来ました。
 これで2回目。
 友人が前売り券を消化し切れないってゆーので、もう1枚を引き取ったの。
 折角なので、爆音上映で見たいなあ、って。
 戦車の砲撃音とか、凄そうですもん。
 前回のTOHO日本橋に続いて、丁度、入場者特典が無い時期なのが、ちょっと残念。

 シネマ・ツーのエスカレーターを、お巡りさん2人と一緒に上ります。
 えっ?。
 自転車で来て、現着って無線のやり取りをしていたので、何か事件なのかなあ。
 チケットカウンターの前に座っていた男性から、事情聴取をしていたです。

 劇場はほぼ満席。
 興行収入も、8億円を突破したとのこで、かなり頑張ってます。
 観客は男性オンリーって聞いていたのに、何故か周囲は女性ばかり。
 不思議。
 お話は、ガルパン知らなくっても、楽しめます。
 全員で力を合わせて何かをするのって、やっぱりいいものなんです。

 音の迫力は、やっぱり凄くって。
 お腹にまで響きますもん。
 これがひたすらずっと続くとさすがに辛そうですが、戦闘シーンは最初と最後なので、いいバランスでした。
 この迫力を体感出来て、幸せな気持ち。

 舞台は大洗なので、商船三井フェリーの看板とか、「さんふらわあさっぽろ」本体とか、ちゃんと出て来ます。
 船内の売店、レストラン、2等寝台の描写はしっかりしていたよ。
 残念なのは、肝心の船体の作画のバランスが悪くって、凄く格好悪いことで(^^;。
 デッキの手摺も、赤く塗って欲しかったにゃあ。
 エンドロールの協力名は「MOL商船三井フェリー」になっていました。
 わざわざMOLを加えるのが正式なのですねー。
 そういった見所も有るのでした。

« ■無彩限のファントム・ワールド 第1話「ファントムの時代」 | トップページ | ■紅殻のパンドラ 第1話「適合者 -アデプタ-」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/63029615

この記事へのトラックバック一覧です: 立川爆音上映とさんふらわあさっぽろ:

« ■無彩限のファントム・ワールド 第1話「ファントムの時代」 | トップページ | ■紅殻のパンドラ 第1話「適合者 -アデプタ-」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ