« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の51件の記事

2016.01.31

札幌と函館への小さな旅

01/20
 札幌と函館への小さな旅、はじまりはじまり。
 まずは、03:30に起きて、出勤するところから…。
 西船橋04:34の始発電車で出勤して、お仕事して、その分早く上がって、夕方のフライトに間に合わせちゃおう作戦!。
 せこい(^^;。
 でもこれ、結構きついのですよー。

 電車でうつらうつらしていたら、水道橋付近で架線に電気が来ていないことが判明、なんて車内放送が入ります。
 …はえ?。
 現在確認中とか。
 んで、錦糸町で抑止になってしまい。
 快速は15分後まで無いので、暫く様子を見ていましたが、なかなか復旧しなくって。
 復旧しても、御茶ノ水からの接続が怪しいよね。

 てことで、快速で馬喰町まで行って、馬喰横山からは都営新宿線を採用です。
 振り替え票は無く、そのまま乗って下さい、と。
 電車はすぐに来ました。
 新宿からは、どうしよう。
 中央線の各駅停車、ちゃんと動いてるのかなあ。
 来ないなら、高田馬場から西武新宿線を使わなくっちゃね。

 ホームに下りると、案内板はこんな。
Img_5598
 むむむ。
 本数、少なっ。
 間の2本位、運休してますよねー。
 でも、15分遅れの定刻05:29発がすぐに来てくれて、予定通りに会社には着けたよ。
 普段なら、合法的に遅刻出来て嬉しいのですが、今日に限っては、遅く着いたらその分帰るのが遅くなって、それはとても困るのです。

 終業後、中央快速で神田まで。
 お隣のホームに、丁度BiBi編成の山手線が到着したけれど、撮影はちょっと無理。
 巡り会わせが悪いよー。
 私は、京浜東北線の快速の最終列車に乗って、浜松町へ出て、モノレールに乗り換えたのでした。

 空港の端末で、ファーストクラスへ変更しましょう。
 あ、キャンセル待ちになっちゃった。
 なら、一番後ろの席に変更して、機内ではアニメ見ようっと♪。
 念の為、搭乗前にキャンセル待ちカウンターを覗いてみたら、私の順位はかなり上だねえ。
 おねーさんに聞いてみると、変更出来るのですって。
 …あらら。
 折角なので、変更したよ。

 機内でご飯を食べて、JAL SKY Wi-Fiのチケットが座席に置かれていたので、試しに繋いでみたり。
 呑気に過ごしていたのでした。
 夕食は、長崎の雲仙宮崎旅館の監修。
Img_5599
 白米は、「ながさきにこまる」です。
 搭乗前の案内では、揺れで機内サービスが出来ないかも、とのことでしたが、全く問題は有りません。
 ゆったり過ごしていたよ。

 今日のホテルは、中島公園の近く。
 バスはもう無くって、仕方無く快速「エアポート」にしたです。
 785系だね。
 道東方面は荒れ模様みたいで、既に明日の特急の運休が決定しています。
 女満別便も、搭乗手続きが中断になっていたっけ。

 札幌から、さくっと地下鉄で移動です。
 小雪が舞う中、すぐ近くのホテルへと。
 メンバーカードを提示して、チェックイン。
 特典のミネラルウォーターを貰います。
 朝刊もサービスになるとのことで、希望の紙名を聞かれましたが、実は今まで、朝刊が届けられたことが有りません…(^^;。
 貰っても邪魔になるだけだから、別にいーのですけど。
 VODも見放題とのことでしたが、そもそもテレビの電源を入れないまま。

 2日続けての3時間睡眠はさすがにきつくって、22:30には活動限界でした…。
 見たいアニメとか、色々有ったのにな。
 1週間後の旅の手配も出来なくって、それが後々、厄介な問題になったりもします。
 こちらに続いてます。

2016.01.30

■紅殻のパンドラ 第4話「料理の鉄人 -キッチン・ドラッジ-」

 楽しいお料理作り♪。
 って、お料理のシーン、短いっ。
 福音が4人に増えてましたけど(笑)。
 きっと、そういう仕様なのでしょうね。
 和洋中と、もう1人の担当は…?。
 バニーさんも、またしょーもないお仕事してます。
 仲間を助ける為の、あれも一つのお仕事では有るのですけど…。
 ブリーーーーーと同じく、小物さん担当。
 あ、お約束として、パンドラデバイス起動中は、皆さん、福音を福音として認識出来ないみたいです。

 職場体験とゆーか、お仕事の観察、最先端企業の融資とかに関わるのは、とても面倒臭そうです。
 そんなプレゼン、聞きたく有りませんわ。
 崑崙八仙様の紹介状、さすがに凄いのです。
 拓美って、それだけのお仕事をしてるのですよね。
 執務中の姿(本体)は、あんなですけど。
 そして、相変わらずブエルにご執心なの。
 絶対に諦めないのは、科学者として仕方無いのです。
 どんだけ福音に怒られても、それは絶対に消えません。

 福音とクラリオン、ずっと手を繋いでましたねー。
 面接から始まって、お外でも。
 入学の審査では、さすがの福音も緊張していたらしくって。
 勿論、危なげ無く合格したよ。
 目標は、世界平和。
 その応答に、何の淀みも有りませんでしたあ。

 やりたいこと、ちゃんと見付かるといいですね。
 世界平和だけじゃ、さすがに漠然としてますし。
 まあ、それを成し得るだけのちからは持っていたりする訳ですけど。
 日々のお仕事は、もっと別なのがいいな。

2016.01.29

■少女たちは荒野を目指す 第4話「わがままと引き算のメロディー」

 普通に面白いって、実は結構、褒め言葉だったのですね。
 ちょっと意外。
 そこそこ売れる作品を作るのは大切ですし。
 新人さんなんですもん、もっと冒険したっていいような気がしますけど、それは砂雪が目指す方向とは違っていて。
 周囲もそれで納得していますから…。

 製作を進める上で、衝突しそうな部分、主に砂雪とテルハの確執は、チームを組む前にみんな済ませてしまったので、実作業に入ってからは、全員が一つにまとまっているよ。
 それは話が早いです。
 傍目には、作業が進んでいるとは、とても見えないのが難点ですけど(^^;。
 稼動していたのは、文太郎とうぐいすだけ。
 あ、一応、サイトとかも作ってはいるみたい。

 夕夏は、本当に何にもしていません。
 演劇部へ行かなくって、いいのかにゃ。
 文太郎のことが心配で、毎日来ている可能性も有りますけど…。
 もっと、何かヒントとか出してくれてもいいのに。
 スランプの脱出方法とか。
 まあ、うぐいすの介抱で、ちゃんとお役には立ったから、いっか。
 あと、砂雪の鼻歌を、しっかり録音していたり(^^;。

 スランプの脱出は、ちょっとしたきっかけだったりもしますし、こればっかりは本人次第としか言いようが有りません。
 書けない(描けない)ときって、本当に何にも書けませんものねえ。
 このブログの、こんな文章だってそうなんです。
 クリエイティブな作業なら、もっともっと大変だって思うです。
 うぐいすはともかく、文太郎もちゃんとプロット上げたのには感心しちゃいました。

 うぐいすは、ちっちゃな体で頑張ってます。
 頼もしいね。
 勝手にイマジネーションが爆発していたっけ。
 でも、ちょっと頑張り過ぎだあ。
 もっと、文太郎と色々話し合ってイメージを膨らませるのかと思ったら、そんなことをしなくっても伝わったみたい。
 うぐいす本人も、凄く楽しそう。
 いいですね。

 ホワイトボードの走り書きを、みんなが大切にしてくれたのは、嬉しかったよ。
 そういうのが、チームワークの証なんですもん。
 うぐいすが倒れたのがきっかけで、作品の作り自体も、良い方向に向かいましたし。
 ゲーム作り、全て順調だよー。
 あ、喫茶店で、飲み終わるまで待って、なんて慌てていた砂雪が可愛かったです(笑)。

2016.01.28

さっぽろ雪まつり、ラブライブ!の雪像作り

 太平洋フェリー「いしかり」仙台-苫小牧、乗船記から続いてます。

01/28
 バスで新千歳空港に辿り着いたものの、その先の行程が全く未定だったりとかします。
 今日の泊まる宿さえ決まっていません。
 はっ。
 いっそ、このまま羽田へ帰るとゆーのは!?。
 実は帰りの足も決まって無いのです。
 テキトー過ぎますよねえ。
 商船三井の深夜便とか、どうでしょう。

 1時間位、空港のベンチでうだうだしていたものの、もういい加減面倒になって、13:18の快速「エアポート」に乗っちゃいました。
 定山渓温泉や支笏湖温泉も考えたのですけど。
 ホテルの口コミを見ていると、外国人が騒いでいてうるさかった、なあんて書き込みばっかりで。
 萎え萎えです。
 にゃあ。

 札幌に辿り着いたら、取り敢えずご飯。
 オムライスが食べたい!。
 …もっと、北海道らしいものを食べればいーのに(^^;。
 ご飯を食べていたら、用事を思い出しました。
 献血をして、大通のATMでお金を下ろす!。
 …だから、そーいうことは、千葉でやっておきましょうね。

 札幌駅最寄りのアスティ献血ルームは、本来、第4木曜日はお休みなんだそうです。
 まさに今日。
 でも、ここのところの大雪で、献血者が激減、大ピンチになって、今日は400mlのみの緊急営業だとか…。
 大変ですね。
 私は、いいときに来たみたい。
 成分でも400mlでも、特に拘りは有りませんから。

 てことで、献血。
 針を2回刺すわけですが、それよりも絆創膏2ヶ所を剥がすのが、とってもとっても痛いのです。
 あれ、何とかならないのかなあ。
 スタンプカードがいっぱいになったので、お土産に歯磨き粉とハンドソープを貰ってしまい。
 旅先で荷物が増えるのって、結構辛いですよね。
 しまったあ(^^;。

 ATMでお金を下ろして、さっきレストランから予約をしたホテルへ向かいます。
 パルコのラブライブ!ミュージアムは、グッズとか買うと、また荷物が増えちゃうので、パス。
 代わりに、雪まつりの雪像を見に行くことにしました。
 もう、結構出来てるって情報も有りましたし。
Img_5656
 はいっ。
 かなり立派なんです。
 去年は2年生だけで、ちょっと小さかったみたいですが、今年はでっかく、μ's全員集合。
 職人芸ですよね。
 図面を見ながら作ってます。
Img_5661
 お隣りでも、何か可愛いの作ってました。
 対面のでっかいのは、自衛隊の皆さんがわさわさ張り付いていて、ちょっとした見物なのでした。
Img_5660
 雪まつり開催中は混んでてホテルも高いので、きっと札幌には来れないと思いますから、未完成品でも、今のうちに見れて、満足です。
 雪を頂いたハノケチェン(^^)。

 ちなみに、路面に雪は有りません…。
 ちらちらと小雪が舞う中、早くもホテルにチェックインしちゃいます。
 資生館小学校前の最寄りのホテルなのですが、市電に乗るよりも歩いてしまった方が早そう。
 こちらに続いてます。

■ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 第4話「ヴァナキュラー・モダニズム」

 草壁先生を巡る、春太と千夏のやり取り、駆け引きが面白過ぎです!(笑)。
 2人共、全力なんですもん。
 相手を利するようなことは、全力で阻止。
 当然、周囲はそんな状況が分からなくって。
 可笑しいの。
 ラストでは、2人揃っていい思いが出来たし、良かったね。
 今回のあれって、わざわざ部員全員をイブの夜に招集するようなことでは無かったけれど、それも草壁先生を呼ぶ為の口実ですかあ。
 やりますね。

 吹奏楽を冬の屋上で練習って、凄く大変そう。
 そこに訪ねて来る南風を見た春太のリアクション、見物でした。
 私はてっきり、千夏を見ていたのかな、って。
 そんなわけないか(^^;。
 ヌードデッサンのモデルと整体の実験台、それってリアルに体の危機ですよねえ。
 春太、凄く苦労して来たんだ…。

 今回の物件探しと、6部屋目の謎の解明、そこで南風は殆どお役に立っていなくって。
 一級建築士の肩書き、別に必要無かったんじゃ…。
 せめて、図面で何か気付いてくれてればなあ。

 春太はかなり図々しいことも判明。
 何だか、千夏以上だったのは意外です。
 逞しく生きてます。
 なかなか面白いヤツだにゃあ。
 生物部に飼われていたりとか(笑)。
 「お前はニワトリか!」って、千夏、ナイスツッコミ!。
 まあ、頼れるものは、頼らなくっちゃね。

 500円玉貯金の秘密の解明は、わくわくしました。
 こーゆー謎解き、楽しいよ。
 音への先入観とか、確かに有りますし。
 にしたって、今まで気付かれなかったあの鍵穴は、冗談にしか思えません。
 何かが色々とおかしいのも、この作品の魅力なのでした。

■この素晴らしい世界に祝福を! 第3話「この右手にお宝(ぱんつ)を!」

 カズマの盗賊の能力、ぱんつにだけしか作用しないのかと思ったら、そんなことは有りませんでした。
 ちゃんとキャベツの回収もしていたよ。
 ランダムなのに、2回連続でぱんつに働いちゃう能力って!。
 神懸かってます。
 ちなみに、相手が男だと、また別な悲劇が…。

 どーでもいいのですが、めぐみんって、別に小さな女の子には見えないのですが、一体、何歳なのでしょう。
 前回も言われてましたよねー。
 カズマとそんなには変わらないような。
 そんなめぐみん、対カズマ用に、凄い武器を持ってます。
 周囲の人目を、みんな味方にしちゃうってゆー。
 ぱんつ取られちゃったときの、照れながらも冷静な応対が、私は好きだよ。

 ダクネスは、どう扱っていいのか、良く分かりません。
 周囲からは、自己犠牲を厭わない孤高の騎士、或いはえっちなおねーさん、みたいに見えてる感じ…?。
 渉外担当として、お役に立つかも。
 でもこれ、別に会社とかじゃ無いですし。
 戦闘では、フォローが大変そう。
 関わらないようにしていたカズマは、それで正解。
 本当に嫌そうだったにゃあ。

 アクアは、宴会芸を手に入れました。
 おい。
 水の女神だけに、本人は凄く嬉しそう。
 いや、でもあれ、意外とお役に立っていたような…。
 何気に、水って色々な使い道が有りますものね。
 あれは有りかな。

 みんなをうまく使いこなせば、何か大きなことが出来そうな感は有って。
 魔王退治ってゆー、志も一緒。
 カズマの采配にかかってますよー。
 どうやって、言うことを聞かせるか。
 めぐみんのエクスプロージョンなんて、キャベツと味方、全てを焼き尽くす勢いでしたもん。
 危険物多過ぎだあ。

 最後は、美味しいキャベツ炒めを食べながら、反省会。
 こーゆー異世界生活、見ていると凄く楽しいのでした。

■無彩限のファントム・ワールド 第4話「模造家族」

 何だこれ…。
 あの家族ごっこを見てしまうと、確かにそう言いたくもなります(^^;。
 傍目には、しょーもない状態ですもの。
 でも、玲奈には凄く大事な場所だったということで。

 あのファントム、結局良いものだったのか悪いものだったのか、何だか良く分かりません。
 玲奈の幸せを考えたら、あっちの世界へ行ってしまうのも、有りだとは思いますし。
 結局、汝の有るべき世界へ戻れ、っていう理屈で、それぞれが落ち着くべき場所へ戻ったということで…。
 封印もあれで完了なのでしょうか。
 もやもやするー(^^;。

 まあ、晴彦の、実体験に基づく言葉は、さすがに説得力が有りました。
 迫力が違いますもん。
 お姉ちゃんが帰って来たとき、そこに玲奈が居なかったら、それは確かに寂しいのです。
 なら、頑張って現状を変えていかなくっちゃ、ですよね。
 玲奈にそのきっかけをあげられたのは、晴彦でした。

 ちなみに、妹(?)をトイレに連れ込んじゃったりしたから、びっくりしたよ。
 トイレには、ああいう意味も有るんだ。
 玲奈を正気に戻すのに、トイレさせるのか、ちょっとどきどき。
 でも、もっと手っ取り早い方法が有りました。
 無礼者!って(^^;。
 あれも、晴彦の実体験に基づく経験則ですかあ。

 にしても、目を見開いて、首をかくっとさせてバスに乗っている姿は…。
 怖いぞ。
 あれ、やっぱり悪いファントムなんだと思うのです。
 ファンシー風でごまかしてはいるけれど。
 乗り物好きとして、ボンネットバスには乗ってみたいですけどねー。
 そっちかよ!。

 ルルは何のお役にも立っていません。
 舞にご飯を食べさせるとか、余計なことをして…。
 1人だけ正気だったから、何とか晴彦を戻してくれると思ったのにな。
 この役立たず!(^^;。

 あと、何気に焼肉屋さんのおっちゃんが、気の毒になったりもしました…。
 玲奈はファントムだけ食べて、お腹いっぱいになれればいいのに。

■蒼の彼方のフォーリズム 第3話「ちょっと燃えてきただけ」

 いきなり強豪との合同合宿に放り込むなんて、各務先生、明日香に可能性を感じたみたい。
 むしろ、明日香をきっかけに、晶也が変わることに期待しているのかもしれませんね。
 晶也自身は、一成にあそこまで言われても、特別な反応は有りません。
 セコンドとしても、やっぱりお役に立ってるようには見えなくって。
 そろそろ、凄いところを実感させて欲しいのですけど…(^^;。
 まあ、実際の選手自身が頑張っているので、正しいと言えば正しくは有ります。

 明日香もみさきも、ここぞってところで魅せてくれました。
 まだまだ、対戦相手としては役不足ですけど、強豪を驚かせただけでも上出来だよね。
 良かった良かった。
 みさきのスイッチが入るきっかけとか、何だか良く分かりませんけど…(^^;。
 うどんだけでは無い、色々な条件が有るみたいなのです。
 2人共、対戦相手を追い込んで行く様子は、頼もしかったよ。

 莉佳はですね、いつの間にか登場して、いつの間にか晶也を許してくれてました。
 なんてさりげなさなのでしょう。
 直接の絡みが無かったのは、残念なのです。
 山盛りのお肉を食べてましたけど、どーいうコなのか、イマイチ不明。
 お風呂場で、誰が誰だか分からなくって、ちょっと困ってしまったり(^^;。

 次は真白の番ですねー。
 みんな、それぞれにFCとの付き合い方を通して成長してくれそうなのです。
 試合の後にすぐ練習だなんて、やる気だよ。
 スイッチ入ると、みんな凄そう。
 その辺りを、うまく日常描写と絡めてくれると、嬉しいな。

2016.01.27

■最弱無敗の神装機竜  第3話「北の令嬢の婚約事情」

 パーティでのルクス争奪戦、機竜でのクルルシファー争奪戦、どちらにもアイリは全く関わって来ませんでした。
 残念。
 クルルシファーのお披露目回なんですもの、それは当然なのですけどねー。
 私は、妹ちゃんを愛でるのが、この作品の最大の楽しみなのでっ。
 でもまあ、ちゃあんと出番は有ったから、良かった良かった。

 気の毒なのは、むしろリーシャで。
 速攻でデレたのに、何だか放置プレイ気味。
 出番のインパクトでは、フィルフィにも負けちゃってますもん。
 王女っていうポテンシャルは、何の役にも立っていないご様子で。
 すっかり、やきもき担当なの。
 折角、可愛いのなあ。
 頑張って下さいね。

 ちなみに、ルクスの元王子っていう肩書きは、それなりに有効だったりするのかしら。
 今はもう、全然関係無い筈ですよね。
 それどころか、莫大な借金まで背負わせられてしまっていて。
 貴族の交際相手としては、全く相応しく有りません。
 その辺り、バルゼリットもアルテリーゼも、全く指摘しなかったのが不思議です。

 バルゼリットは典型的な嫌なヤツで、アルテリーゼは典型的な堅物執事。
 まあ、お約束の通りなのです。
 なので、きっと、お約束通りな決着になる筈です。
 でも、私はそれが楽しみだったりしています(笑)。
 もお、思いっ切りやっちゃって下さい!。

 クルルシファーは、結構な策士みたいなので、リーシャとかフィルフィとかを、うまくまとめてくれそうでは有ります。
 そんな立ち位置になるのを期待だよ。

 とにかく、みんな頑張れ!って気持ちになって来る、私の中では、ある意味凄い作品です。

2016.01.26

■ナースウィッチ小麦ちゃんR  第3話「まじかるシスター登場!」

 3人目のおきゃんぴ娘は、まじかるシスター。
 ツカサなのでした。
 ツカサはすっごく有能で、ここなよりも手っ取り早くカードを集めてしまいます。
 戦闘シーンなんて、あっという間に終わりましたもん。
 本人のやる気も違いますしねー。
 何か凄い充実してる!って感じ。

 芸能界、人前ではいつもと違った自分を演じているのって、殆ど変身しているのと変わりませんし、ツカサは3段階の自分を持っていることに…。
 面白いね。
 可愛いもの好きっていう本性も有ったりして。
 そっち方面で優斗と関わりが出来ちゃったりとかして、殆ど主役みたいです(^^;。

 小麦も頑張って下さいね。
 ここなにも負けそうなのに、ツカサは殆ど相手になっていませんよお。
 今回は仕方無いのですけど、凄く影が薄かったもん。
 心配になっちゃいます。
 ドラマにはちゃんと出ていても、死体役ばっかやってますし(笑)。

 まあ、小麦の魅力は、陰の無い、あの明るい性格なのでっ。
 うさPとのコンビネーションもバッチリな筈だもん。
 色々と騒ぎを起こしてくれますよね。
 3人をどう絡めてお話を進めて行くのか、楽しみなのです。

2016.01.25

■大家さんは思春期! 第3話「大家さんは無自覚?」

 チエの行動って、思春期とは全く逆を行ってるみたい。
 その台詞とか、結構どきどきさせられますけど、実際の行動は神経太いってゆーか。
 前田さんのリアクションもそんな感じ。
 大変だね。
 まあ、無自覚ってことなのでしょう。
 まだ中学生になったばかりなのですし。

 白井さんが心配するのも当然なのです。
 チエと前田さんは、しっかり白井さんの管轄下に居なくっちゃ。
 今は、それがしっかり機能しているよ。

 結局、チエが前田さんの家に泊まりに行くことで落ち着いたみたい。
 妥協点としては、それで正解だと思います(笑)。
 人が居ると、逆に寝れなくなりそうですが、チエはそんなこと全然無くって。
 ストーカーとか、本当に怖かったみたい。
 即落ちしましたものね。
 前田さんがちゃんと寝られたのかは不明。
 寝ぼけて蹴られたりとかはしていない筈ですけど(^^;。

 って、ストーカーが本当に居たですかあ。
 その正体は…。
 今回ばかりは、チエの言うことはもっともです。
 前田さんもクラスメイトの佐々木君も、言葉の意味をしっかり受け止めましょう。
 前田さんは、決して悪い意味じゃあ有りませんけどね。
 前田さんて、歳はいくつなんだろー?。

 ともあれ、何をしていても、台詞と行動が可愛いチエなのでした。
 ずっと見ていたくなる気持ちは分かります。

2016.01.24

■ラクエンロジック 第3話「理想か 現実か Dream or Reality」

 今回の「私たち、らくろじ部!」は、ちゃんとカードゲームしてました。
 でも、強いカードを持っている人が無双しちゃうっていう、有る意味、理想と現実(^^;。
 きらきらしたカード、凄いっ。

 本編は、理想とか現実とか言ってるレベルじゃ無いと思うのですけど…。
 現実に被害者が出ているのですもん。
 てゆーか、目の前にごろごろしてるじゃ無いですかあ。
 1回目、サキュバスを取り逃がしたから、被害者は更に増えているのですよお。
 そのサキュバスは、はっきりと悪意を持っている訳で。
 完璧に抹殺の条件を満たします。
 このお話だと、考える余地すら有りません。

 いざというときは殺すっていう覚悟が無ければ、あの場に居る意味は無いような。
 だって、それだけで作戦に凄い制約が付くです。
 そんなリーダーは困りますよお。
 絶対、いずれ仲間に犠牲者が出る筈。

 本編は、???状態なのですが、オルガと縁は、結構いい味を出していました。
 オルガは結構、物知りさんみたい。
 これはお役に立ちそう。
 いじられ役にもなりますし。
 縁は、とにかく過剰にご飯を作って。
 それ、みんなにはあまり歓迎されてないご様子で。
 そういう日常部分は、楽しかったです。
 いつ死んじゃうか分からないなら、せめて美味しいものを食べないと!なのですよ。

 アテナは今回、美親のお役には立てなかったみたい。
 美親のロジックにはあまり踏み込んで来ませんでしたし。
 まあ、見守ってはくれていました。
 そして、こっそりと他の男(←?)の様子を見に行ったりとかして。
 そういうの、嫌われちゃいますよお(^^;。

2016.01.23

■紅殻のパンドラ 第3話「偽装空間 -テラリウム-」

 危険が迫っていなければ、基本、クラリオンは福音の言いなりです。
 仲良しだよ。
 結構、迷惑そうですけどねー。
 気だるい感じが、らしくって。
 にゃんこ状態。
 でも、お耳だけは、断固死守。
 福音への危険を察知すると、すかさず体が反応するよ。

 福音はそんなクラリオンが大好き。
 仲良しを通り越して、いちゃいちゃしてます。
 それがこの作品の肝だったり。
 いえ、あながち間違いじゃあ有りませんよね。
 がーる・みーつ・がーるって、何ですかそれ(^^;。
 美味しいの?。

 叔母の拓美は、ロリだったよー。
 外見があてにならない世界だと、価値観とか、色々なものが変化しちゃいます。
 義体も良し悪しなのですよ。
 まあ、あの人達を見ていると、現状、特に問題は無さそうです。
 拓美の性格には難が有りますけど、それはウザルも一緒だもん。

 福音が意外と強いコだったのにはびっくり。
 拓美に対しても、結構強気なんですもの。
 クラリオンの為なら、何だってしちゃいます。
 身内からのハッキングには笑ってしまいましたよお。
 確かにあれは、ずっこけます(笑)。

 今回も、元気いっぱいな福音が見れて楽しかったですけど、バニーさん達の境遇とか、拓美やウザルの事情とか、ブエルのこととか、その辺りはさっぱり分からないままなのでした。
 どうも、この世界の背景が良く理解出来ていません(^^;。

徳島にて…

 オーシャン東九フェリー「フェリーびざん」東京-徳島、乗船記から続いてます。

01/17
 徳島駅にとうちゃーく。
 まだ14:00前なのです。
 この後の予定は、徳島空港17:50発のJALで家に帰るだけ。
 徳島では何にもしません。
 こら。
 取り敢えず、ポストに年賀状のお返事を投函です。
 今頃!?(^^;。

 駅前を歩いていたら、関西空港行きの高速バスが到着して、お客さんが全然居なかったので、ちょっと乗りたくなったりもしたのですけど。
 飛行機の予約はして有りますが、株主優待券の利用なので、変更は自由自在。
 高松か高知まで移動して、そこから帰るのも有りです。
 でもやっぱり、面倒臭い…。
 そればっか(^^;。

 まずは駅まで電車を見に行きます。
 鳴門辺りまで、乗ってみてもいいのですけど。
 今日は見るだけ。
 3方向へ散って行く電車を眺めてのんびり。
 そんなこんなで、16:15のリムジンバスの発車まで、手持ち時間は約1時間30分。
 献血しようとも思っていたのですが、成分献血するには時間がちょっと厳しい感じ。

 なので、14:50のバスで空港まで行っちゃいます。
 空港なら、イスもいっぱい有るでしょうし。
 バスを降りて空港ターミナルへ入ると、まずは発券です。
 端末を操作していたら、おねーさんが窓口で伺いますよ、と声を掛けてくれたので、お願いしちゃいました。
 普段とは逆のパターンなのです。
 座席は窓側をリクエスト。
 がらがらなので、隣りもホールドしますね、と。
 クラスJも空席多数で、繰り返し勧誘の放送が流れていました。
 特典のクラスJクーポン、5区間分も余っていますが、クラスJは好きじゃ無いので…。

 さあて、出発までは2時間30分も有りますよー。
 目の前を丁度、一つ前の便が出発して行きました。
 急いで来れば、あれに間に合ったにゃあ。
 展望台に登って、この離陸を眺めたのでした。

 暫くは、イスに座って、データの整理をします。
 パソコンのバッテリーが死んでしまって、現在、30分程しか稼動が出来ません。
 入力とかは、携帯を使ってやりました。
 レストランを見て歩くと、空港史上最高のカレーを発見!。
Img_5585
 カレー好きとしては、これは見逃せません。
 てことで、食べます。
 良く食べるなあ(^^;。
 アイスコーヒーも一緒に頼んで、時間潰し。
Img_5587
 なかなか濃厚なカレーでしたあ。

 そんなこんなで、出発の1時間前。
 制限区域内に入ってしまいましょう。
 「ご搭乗案内」の裏は、ナチュラルローソンオリジナル健康菓子のクーポンだね。
 そんなのも有るんだ。
 待合室内、ベンチはいっぱい有りますが、人影はまばらで。
 コンセントが使える区画は無いか見て歩くと、片隅のスペースに、「充電コーナー」がひっそりと有って。
 凄い作り…(^^;。
 有り難く使わせて貰ったのでした。
 ここって、正式には「徳島阿波おどり空港」なので、あちこちに阿波踊りのモチーフが有ったです。

 機内では、スマホでアニメを見て過ごします。
 周囲に人は居ないので、気兼ねは全く有りません。
 揺れが予想されるとのことで、機内のドリンクサービスも早めに終了しているので、無敵です。
 時間の有効活用が出来るよ。
 何だか、あっという間に羽田に着いちゃった。
 揺れ自体は、そんなでも有りませんでした。

 19:20の西船橋駅行きのリムジンバスに、せこく第2ターミナルから乗って、20:00前には自宅に到着っ。
 かなり早いよー。
 明日は都内に10センチの積雪予報が出ていますが、本当にそんな積もるのかなあ。
 嫌ですね。
 お仕事に影響出るもん。
 東京の雪は、大嫌いです!。

 そしてそれは、現実になったのでした…。
 千葉は雨だったのになあ。

2016.01.22

■少女たちは荒野を目指す 第3話「はじめてなんだ」

 電車が右側通行だったり左側通行だったりするのは、何とかならないのでしょうか(^^;。
 ここ、日本…?。
 まさか、単線並列ってことは無いのでしょうし。

 砂雪とテルハは、案の定ぶつかっちゃいます。
 単なる趣味、好みの問題で。
 砂雪には、多くの人に受け入れられるもの、つまり売れるものを作るっていう、現実的な問題が有って。
 それがちょっと強く出過ぎている面は有るのですよね。
 この2人、一緒に居れば、いいバランス感覚だったりするのかも。
 砂雪も実は、BLって嫌いじゃないみたいですし。

 残りの4人は、置いてけぼり。
 評価の6割を占めるという、イラスト担当なうぐいすは、イメージさえ膨らめば、いい仕事をしてくれそうなのですけど。
 とにかく、文太郎のシナリオが上がらないことには、みんな動きようが有りません。
 大丈夫なのかしら。
 企画書が有るとは言え、まだ何にも始まっていないのですよお。
 何故か、ブランド名だけが先に決まりました。

 文太郎は砂雪とテルハの間に入って、調整役。
 うん、ぴったりの役回りだね。
 でもこれは、主演声優の演技、やる気にも関わって来そうなのです。
 夕夏は結構、デリケートだったりしますし。
 そんな自分自身との折り合いとか、大変ですよね。

 それはともかく、合宿もあまり楽しげでは無く、見ていると心配ばかりが膨らんで来るです(^^;。
 何か、余計なことばっかしているみたい。
 長期戦ならそれも有りなのでしょうけど、手持ちの時間は短いのに…。
 砂雪には、どんな確信が有るのでしょう。
 メンバーを信頼しているってこと…?。
 そこまでの繋がりは感じられないので、困ってしまいます。
 砂雪の個人的な問題だけが、クローズアップされる感じで。

 キャラをもっとうまく動かして欲しい感じは、凄く有るです。
 あと、電車もですよお(^^;。

■ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 第3話「退出ゲーム」

 いつの間にか、部員が更に増えてる!。
 美代子って凄い。
 実力の有るメンバーは、人を呼び寄せるのですねー。
 美代子はすっかり溶け込んでます。
 強引な千夏とは、いいコンビになった感じ。
 バランスいいよ。
 てゆーか、美代子が良いキャラ過ぎて!。
 いい味を出してます。
 意外でした。

 千夏は、個人レッスンでへろへろ。
 だけど、指使いの練習はもう癖になったんですって。
 さすが、やる気有るのです。
 上手くなって貰わないと、春太と対等になれないですし。
 現状では、春太の方がずっとずっと上手だもん。

 演劇部の部長も、いい人でしたねー。
 シナリオを破り捨てたのって、そこも春太の指示として、ちゃんと書いて有ったのかしら。
 それとも、部長のアドリブ?。
 素人さんがあんなに居たのに、ちゃんとお芝居として完成させた、春太と部長は凄いのです。
 ギャラリーがあんなに居たのはびっくりだけれど、みんな双方の部員なのかしら。

 マレンも、ちゃんと救われて。
 彼、いずれ戻って来るのですよね…?。
 じゃないと、部員が…。
 サックスが!。
 楽器と奏者、それぞれが惹かれ合って、引き立て合うっていうのは、面白いのです。
 吹奏楽部ならでは、でした。

 今回のお話、普段なかなか無いシチュエーションを見せてくれて、ミステリらしくって、楽しかったです。

■この素晴らしい世界に祝福を! 第2話「この中二病に爆焔を!」

 カエルに自ら食われて、その隙にカズマがトドメを刺す。
 アクアもめぐみんも、この戦闘スタイルを、すっかり確立しました。
 ある意味、あのパーティーにぴったり。
 カズマの負担はおっきいですけど…。

 まあ、1匹はめぐみんが魔法で倒したので…。
 さすがに過剰過ぎるのが難点。
 周囲のカエルを全滅させるならともかく、逆に、他のカエルを呼び寄せるとゆー…。
 ダンジョン内では危なくて使えませんし。
 しかも、MPを完全消費しためぐみんは、カズマが背負って連れ帰ります。
 やっぱりカズマの負担がおっきいよー。

 そんな、似た者同士が集まって来るパーティー。
 難有りばっか。
 めぐみんの厨二は、可愛い厨二。
 更にもう1人、ヘンなコが来たですよ。
 カズマも、そろそろ、そんな3人を使いこなす覚悟を決めなくっちゃ。
 同情します。

 冷静に今の状況を分析しているけれど、打開策は見付かっていませんし。
 アクアのあの寝姿とか見ちゃうと、女神だとかそういうの、どーでも良くなっちゃいますけどね。
 運命を共にしているとゆーのに。
 まあ、カエルの粘膜とか、プレイの幅は広がりましたけど…(^^;。
 女神業とエクスプロージョン、一つのことを極めていれば、いつかいいことが有ったりもするのでしょうか。

 これから、住む所とかも考えなくっちゃ。
 お金を稼ぐのって大変。
 何か、しょーもないクエストの依頼しか無いですし。
 命を賭けるより、土方仕事の方が幸せみたい。
 ともあれ、見ていると、飲み屋で乾杯!とかしたくなって来る作品なのです。
 そんな生活観が素敵だね。

■無彩限のファントム・ワールド 第3話「記憶コピペ作戦」

 今回は、記憶のお話。
 胸の大きい女の人がいっぱい出て来るお話じゃ無いんだ。
 残念でした。

 やっぱり舞は、幼い頃から乱暴者だったのですねえ。
 幼児であれですもん。
 期待を裏切りません。
 記憶が自分に都合の良い方向へ書き換えられちゃってること、確かに有りますよね。
 舞、そういう願望なんだ。

 でも、格闘技の習得の為に、わざわざ記憶をコピーするっていうのも、不思議な感じ。
 体がついて来ないと思いますもの。
 案の定。
 まあ、実際、体の強化なんて、簡単には出来ないのですし。
 感覚とか、ノウハウ的なことなのでしょうね。
 あと、ファントム2人が、そもそも幼い頃は修行中の身だったとか、それも不思議な感じなのです。

 2人の合わせ技は、映画の通りに、抜群のコンビネーションで決まったよ。
 そういうの、まだ玲奈には真似出来ないかも、ですね。
 家族みたいって言ってたっけ。
 玲奈には、まだちょっとした壁みたいなのは確かに有って。

 舞の記憶を晴彦が共有していること、舞自身はそんなに気にしてないみたい。
 そりゃあ、表に出されたら怒りますけど。
 晴彦は、記憶に全く興味が無い様子で。
 こら。
 ルルはわざと嫌な質問をしたりして(笑)。
 それは、確かに家族って感じかもですね。

 ちらちらと出ていたロリ、ついにストーカーになっちゃいましたけど…。
 何時になったらちゃんと出て来るのー?。

2016.01.21

■最弱無敗の神装機竜 第2話「最弱の機竜使い」

 リーシャが、すっかり可愛くなってしまいました。
 何だか、ずっとやきもきしてる。
 ツンの要素が皆無になってしまって。
 王女としての優位性とかも、あんまり無いのですね。
 てゆーか、王女っていうポジションが、逆に枷になってしまっていたり。
 あ、成る程…。
 それなら、立場が似ているルクスと仲良く出来たりしそう。

 そして、順当に幼馴染みが登場します。
 良し良し。
 …何が(^^;。
 初期設定では、幼馴染みって、結構無双出来たりしますものね。
 周囲の評価もそんな感じなの。
 幼い頃の呼び名を今も強制するのは、ポイント高いよ。
 可愛い。
 おっとりしてそうなのに、かなり強引な性格とあの胸で、何気にフィルフィは戦闘力が高いのです。
 同室だし。
 お前もかよ!(^^;。

 現状、私の中で、アイリには負けてますけどねー。
 あの落ち着いた声には、やられちゃいます。
 素っ気無い会話の中に、何気にラブラブアピールをぶっ込んで来る辺り、侮れません。
 妹ちゃんとして、事情を全て知っているのも強いのです。
 でもでも、屋上で、冷静に状況を語っている場合じゃ有りませんよお(^^;。

 ルクスは、早くも黒いのを使っちゃった…。
 強過ぎるー。
 あの能力、何の制限も無く使えるのかしら。
 今まで隠していた正体も、あっさりばらしちゃいました。
 さくさくお話が進むので、気持ち良いのです。
 持って回った描き方をしないのは、すっごく好み。
 楽しいよ。

■蒼の彼方のフォーリズム 第2話「う…ど…ん…?」

 明日香は相変わらずわたわたしまくりなのです。
 ヘンな飛行ポーズも相変わらず。
 あれ、おっかしいの。
 でも、明日香はずっと自然体みたいなので…。
 押し付けがましいところが全く無くって。
 最初はちょっと鬱陶しく感じていた明日香のこと、段々と好きになって来ちゃいました。

 みさきと真白は、まだその粋には達していない感じかなあ。
 何だか、居なくってもあんまり影響は無いような。
 モブキャラみたい。
 あわわ(^^;。

 それを言ったら、晶也なんて、まさにそうなんですけどね。
 ストーリー、というか、明日香への関わり方が、駄目駄目なんだもん。
 セコンドとして、お役に立ってるようにも思えませんし。
 もっと頑張って欲しいのです。
 ネガティブ描写が、結構キツい…。
 他のメンバーとの関わり方も含め、日常描写では、もっと仲良くしていて欲しいかなあ。
 その辺りは、先生が気を遣ってくれてます。

 FCのルールと、競技としての楽しさは、まだ良く分かりません。
 コースをショートカット出来ちゃうのも、意外な感じ。
 背中へのタッチも、連続で可能だったり。
 シューズ選びから始まったり、部活動は結構丁寧に描いていたので、これからに期待なのです。

 そして、まさかのお着替えシーンが、再び。
 そこにしか出番が無いお隣さんってば!。
 てゆーか、晶也は念の為に警戒していたのに、あちらが全くの無警戒って…。
 男女が逆ですよ…?(^^;。

2016.01.20

COCO'Sと3COINS

 この月曜日から始まった、ココスのキャンペーンに、早速参加です。
 まだ2日目なので、さすがに楽勝だよね。
 キャンペーン対象メニューの中から、カレーを注文して、2年生のクリアファイルを貰ったのでした。
 取り敢えず、2年生だけでいいかなあ。
 次は02/09だね。

 時を同じくして、「3COINS×ラブライブ!」のコラボも始まったよ。
160120a
 絵柄、可愛いっ。
 地元の3COINSで、折りたたみミラーとクッションカバーを購入。
 こちらも2年生バージョンを。
 お店のコーナー、女子人気が凄くって、ちょっとびっくり。

 ちなみに、パワーパフガールズとのコラボも有ったりします。
160120b
 札幌のパルコでは、「ラブライブ!ミュージアム~μ’s meet パワーパフ ガールズ~」が01/22からスタート。
 これがまた、私が札幌へ行っている翌日から始まるとゆー、タイミングの悪さだったりして。
 まあ、札幌なんて、平日ならいつでも行けますけどねー。
 本当かなあ。
 今日の札幌は雪がしんしんと降り積もり、まさにスノーハレーションなのです。
 …帰りの飛行機、飛ぶよねえ(^^;。

 ありがとうプロジェクトには、まず01/13に参加です。
 市川のシアター、お客さんが12人しかいませんでした…。
 男女比は8:4。
 さすがにがらがらですねー。
 私は、大画面で今までのライブシーンを全て見れて、満足です。
 でも、やっぱり最後に、ナンバリングのCDを出して欲しかったにゃあ。
 特典の色紙はでっかくて嬉しいよ(とゆーか、これが普通サイズ)。
Img_5490
 事前情報の通り、袋とかには入ってなくて、剥き出しで渡されます。
 大事に抱えて持って帰ったのでした。

2016.01.19

中央快速三鷹行き

01/11
 中央快速の三鷹行きが、土休日の朝に1本だけ存在します。
 そんなのが存在するなんて、今まで全然気が付きませんでしたが、今年になって2週連続で見かけたよ。
 今朝、中野駅のホームに上がったら、丁度接近が入っていたので、写真を撮ったです。Img_5483
 中野発09:27。
 三鷹に着くと、入庫したりはせず、そのまま東京へ折り返します。
 こんな運用が存在する理由は、ネットで調べてみたら分かりました。
 あ、成る程。
 面白いですよね。
Img_5484
 そうそう、JTB時刻表の1月号の特集は、「鉄道 Meets アニメ」。
 鉄道シーンの有るアニメを取り上げていて、まさか時刻表の紙面に、アニメが載るなんて、思いもしませんでした。
 「ガールズ&パンツァー」や、「俺の青春ラブコメはまちがっている」のカレンダーが付録として付いてます。
 私の管轄では無いので、買ってませんけどねー。
 今はもう、JR時刻表に慣れてしまっていますし。
 3月のダイヤ改正の時刻表、楽しみですね。

 あと、こんなこと↓やっていたのですね。
------
太平洋フェリーの船内で「お掃除セミナー」が開催されます!
名古屋鉄道㈱ 女性社員マーケティング部会の企画商品として、 太平洋フェリー「きそ」の船内で実施される「船上で学ぼう!お掃除セミナー」をご紹介いたします。 同セミナーでは、お掃除のコツについてプロの技を学べ、自宅で使えるお掃除グッズのお土産付き。
さらに当社フェリーの船内もご見学いただけます。
------
 1/17に開催。先着14名(ペア参加)、2,800円とのことです。
 トイレとお風呂の掃除がメインみたい。
 実際に、船でお掃除とか、するのかな…?。

 私は、スクフェスのこのストーリーを思い出しました。
Screenshot_20160116143417
Screenshot_20160116143551
 ことりちゃんがお片付けを語ってます。
 実際、捨てるのって大事なのですよー。

2016.01.18

■大家さんは思春期! 第2話「大家さんは家庭的!」

 OPの曲、明るく元気で、チエのイメージにぴったりなのです。
 イラストも凄く可愛いよ。

 制服を何着も着回していたですかあ…。
 しかも、貰い物とかをいっぱい持ってるらしく。
 いつもいつも制服って、私は嬉しいのですけどっ(笑)。
 胸当てを止めたり、リボンを結んだり、面倒臭そうなのにな。
 着るからにはちゃんと着るっていう姿勢が感じられる、真面目なチエだったり。
 前田さんと白井さんには、思いっ切り同情されてしまったよ。
 まあ、確かに(^^;。

 割烹着はともかく、三角巾までは、小学校の給食当番でも着用しなかったにゃあ。
 地域によるのかしら。
 チエは妙に似合ってます。
 さすがの着こなし(?)だったです。
 可愛い過ぎですってば!。
 勿論、猫の手も。

 肉じゃがを沢山作って使いまわすのは、お約束。
 でも、コロッケまでは作らなかったよー。
 味付けをミスって、とっても濃い(辛い)肉じゃがを作ったことが…。
 にしても、インゲンとかは入れちゃ駄目っ。
 肉じゃがなんですもん、肉とジャガイモだけでいいのです。
 いれても、タマネギとニンジンまでっ。

 まあ、私の好みなんてどーでもいいです。
 カンセツを全力で阻止した白井さん、偉いですよー。
 そういう役割の人、絶対に必要ですものね。
 これ、健全な女子中学生ライフなんですからっ(笑)。

 って、多摩地区に大雪警報!?。
 明日、本当に都内も積もるのかしら…。
 お仕事に行きたくなーい!。

2016.01.17

■ナースウィッチ小麦ちゃんR 第2話「ストーカー!?ここなちゃん危機一髪!」

 実は、ストーカーが2人。
 そういうお約束は大切なのです。
 変身後のここながドSなのも、お約束。
 そんな設定、すっかり忘れちゃってましたけど…。

 ここなの嫌いな物は、一体何なのでしょうね。
 やっぱり、Gです!?。
 一応、たぬPの説明はちゃんと聞いて、理解している筈なのですが。
 速攻で承認してくれちゃいました。
 いいコ過ぎるー。

 幼い頃から頑張り屋さんのここな、報われて欲しいのです。
 アイドルとしては順調に成長しているみたい。
 変てこなストレス解消法も見付かって。
 無敵。
 そのライブシーンは、すっごくぬるぬるでした!(笑)。

 マネージャーさんは、ずっとああいう役割なのですねー。
 代役しまくり。
 小麦のアイドルへの道は遠いのです。
 私も、ナースよりメイドさんの方がいいなあ(^^;。

■ラクエンロジック 第2話「天才か愚者か Genius or Fool」

 冒頭のミニコーナー、毎回有るんだ。
 本編とは特に連動していません。
 ラクロジって略すのかあ。
 ちょっと不思議な響き。
 あのお弁当箱は、中身が何なのか、本気で分からなかったです。
 牛丼の具だけ、みたいな…?(^^;。
 そして何故か、スカートを剥かれちゃいます。
 本人は、そのことをすっかり忘れてしまってたり。
 こらあ。
 でもまあ、みんな楽しそうなのでした。
 肝心のカードゲームのことは、殆ど描かれませんけど(^^;。

 美親とアテナのお部屋は、すっごく狭いなあ。
 味も素っ気も無くって。
 息、つまりそ…。
 まあ、寮みたいなものなのですし。
 同じ夢を見たりとかして、シンクロしまくりなのですね。
 同居生活は、全く問題無さそう。
 2人、何だか新婚さんみたいです。

 研修は何故かクイズ形式で、しかも1問ずつ読み上げていくとか、効率悪そう。
 回答が3択なので、ぬる過ぎだったりもして。
 あれを500問もやるですかあ。
 何気にキツイ。
 まあ、見ている私達への設定の説明なんですものね。

 妹ちゃんも、苦労してます。
 お父さん、何やってんだか…。
 もう少しだけ気を付けてくれなくちゃ。
 しおりは健気なのですよー。
 放っておけない雰囲気が凄く。
 早くお休みが貰えるといいですね。

 玉姫の衣装は、ヴィーナスの趣味なんですかあ。
 いえ、趣味ってゆーか。
 可愛いですけどね。
 でも、あの色じゃあ、敵からも目立って仕方無いような…。
 すっごく派手なんだもん。

 リーダーをいきなり下ろされてしまったのは、お気の毒。
 いくら稼働時間が10倍違っても、納得は出来ませんよね。
 お仕事の実績は、ちっとも認めてくれませんし。
 まあ、そこは実力で黙らせるしか有りません。
 頑張って。
 ああいうタイプを手懐けるのが、主人公の醍醐味だぞ♪。

 オルガの思わせぶりな大物臭、悪人臭は、全く全然そんなことは無くって。
 同情されてる…。
 気の毒な人だったよ。
 むしろ、いい人…?。
 カードが有っても、パートナーが居ないと、実戦では全く使えません。
 アテナの方から来てくれた美親は、ラッキーなのでした。
 早く、パートナーが見付かるといいですね…。
 ファイトだよっ。

徳島へ…

01/16
 仙台へ行く予定を延期して、徳島へ行くことにしました。
 私のお休みと、「フェリーびざん」の配船を追いかけるのに、疲れてしまって。
 行けるときに行っておきましょう。

 西船橋17:09の東京行きで出発だよ。
 その前に、みどりの窓口で、来週の北海道の切符を購入します。
 「スーパー北斗10」号ね。
 本当は空路で移動したかったけれど、満席で…。
 残念。
 窓口のおにーさんに席の希望を聞かれたので、窓側をお願いします。
 その後、車両内の位置の希望まで聞かれて。
 随分と丁寧な方なのです。
 でも実は、新人さんだったみたい。
 旅行券での支払いの処理が分からなくって、先輩に聞いてましたから…。
 あ、マルスからの問いを、そのままこっちに投げ掛けていただけなのですね(笑)。

 今日のフェリーにレストランは無いので、スーパーに寄って、食料を調達しようとも思うのですが、何か面倒になってしまい。
 そのまま電車に乗ったのでした。

 新木場ではC&Cのカレーを食べて、駅前をうろうろ。
 ここで食料を買おうかなあ。
 でも、何もかもが面倒になって(^^;。
 旅立ち前は、いっつもやる気が出ない私なのです。
 そのまま、りんかい線に乗り換えちゃえ。
 今日は土曜日なので、通勤の方々は殆ど居らず、静かな臨海部なのでした。

 国際展示場には、早くも18:00前に着いてしまったよ。
 早過ぎるー。
 羽田空港へも、このルートで真っ直ぐ行ければいいのですが、実際には乗り換え2回で、運賃もお高いので…。
 バス頼り。
 今日は、もうフェリーターミナルへ行ってしまいましょう。
 今度こそ、ローソンでパンとおにぎりを買って。

 東京フェリーターミナルは、相変わらず静まり返っています。
 ここが賑やかだった時代も有るのですよねー。
 釧路行きの近海郵船も出ていましたし。
 「ブルーゼファー」初便のお見送りに来たこと、懐かしく思い出します。
 那智勝浦まで、「さんふらわあくろしお」に乗ったことも有ったっけ。

 掲示を見て歩くと、コインランドリーとコインシャワーが新たに設置されたとのことで。
 ただ、利用出来るのは、ビルに勤務している方だけ。
 テナント募集の貼り紙には「喫茶店も募集中」との記載が有って。
Img_5499
 まだ、諦めてはいないのかしら。
 煙草の自販機は、1階の入り口横の、分かりにくい場所に有りますです。
 それでは、オーシャン東九フェリー「フェリーびざん」東京-徳島、乗船記に続きます。

2016.01.16

■紅殻のパンドラ 第2話「大深度地下 -ジオフロント-」

 ボトムズですかあ…。
 なんてことはともかく、クラリオンを可愛がる福音を愛でる時間がまた始まりました(^^;。
 ラストで、2人、とうとう結婚してしまったみたい。
 お幸せに。
 いや、幸せは掴み取るものなのです!。
 ウザルが居なくなってしまったら、クラリオンのメンテとか、どーするんだろ。
 まあ、ウザルが死ぬとも思えませんけど…。
 むしろ、福音達の方がヤバい。
 いきなり蜂の巣にならなくって、良かったね。

 ブエルはですね、目玉とゆーより、まりもに見えます。
 あれの活動を停めるの、もっと手っ取り早い方法が有ったような…。
 何だか呑気なのです。
 みんな、ウザルの仕込みなのかなあ。
 福音は、予想以上の動きをしちゃいます。
 あわあわしつつも、ちゃんと働いてくれるもん。
 クラリオンのバックアップも完璧で。

 そういうところは、見ていて楽しいのです。
 クラリオンのことになると、福音は凄くって。
 ぱんつ見せるのもへいちゃら。
 いいめくりっぷりでしたよお。
 左腕のメンテに、触手うねうねなのは、ちょっとどうかと思いますけど(笑)。

 メインキャラ以外は、巻き込まれて、みんな不幸になってしまうこの作品、ようやく登場するらしい叔母さんが、ウザルの役目を引き継ぐのでしょうか…。
 にしても、何でこのタイミングでウザルが退場しちゃうのか、謎なのです。

■少女たちは荒野を目指す 第2話「これもひとつの青い春」

 メイド喫茶に興味津々な文太郎が可笑しいの。
 そんなに行きたかったんだ。
 なら、みんなで行けば良かったのに。
 1人で行っちゃうのは、むしろ凄い。
 街角にメイドさんが居たりするのって、冷静に考えてみると、実は結構凄いことなんですよね…。
 もう、慣れちゃいましたけど。

 テルハは、しっかりメイドさんしてくれましたあ。
 地とのギャップが有り過ぎですけど…。
 てゆーか、声とか表情とか、全然違うのですもん。
 怖い(^^;。
 テルハのせいで、文太郎の初メイド喫茶の感想が聞けなかったのは残念。
 どうでしたか?、満喫出来ましたか?。

 結局、テルハもメンバー入りしちゃったのですけど。
 砂雪とは確執が有るらしくっても、お互いにお仕事優先。
 皆さん、意外と大人の対応をしますよね。
 うぐいすの勧誘も、手伝ってくれたし。

 うぐいすも、自己完結した面白さが有るコなのです。
 見ていて楽しいよ。
 後輩ポジをしっかりと弁えているみたい。
 いいないいな。
 しっかし、自分の家が本屋さんなのに、おじいちゃんにも気付かれないでポップ置いたりなんて、なかなかのステルス性能みたい。

 亜登夢のあれは、本当に戦力になるのかしら(^^;。
 あんまりリアルな美少女ゲームは、つまんないと思います。
 逆に、理想の女の子を徹底して描いてくれるなら、嬉しいな。

 メンバー集め、文太郎はしっかり役目を果たしたよ。
 興味の無いゲームをプレイするのとかって、凄く大変だと思うのに。
 急なバイト依頼は断ってしまったけれど、そっちのフォローは大丈夫なのかしら。
 そんなに大事じゃあ無いのかなあ。

2016.01.15

■ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 第2話「クロスキューブ」

 春太と千夏、いいコンビじゃ無いですかあ。
 お互いに遠慮が無いから、息の合った掛け合いを見せてくれます。
 テンポいいよ。
 意外と、千夏のひらめきは、春太の推理のお役に立つことが判明。
 美味しいところは、草壁先生がみんな持って行ってしまったけれど(^^;。

 春太は、吹奏楽部のこと、かなり真剣に考えているのですね。
 1年後を見据えています。
 それも、草壁先生の為かあ。
 恋って凄い。
 千夏はまだ初心者さんなので、フルートが上達するまで、そういうのはお預け。
 千夏のミスを隠すために人数が必要って、はっきり言われちゃいましたねえ。
 反論出来ず、脹れてた千夏が可愛いよ。
 てゆーか、千夏は脹れ顔が凄く似合うのさー。

 ボロアパート1棟を借り切って、1人暮らしをしている春太の境遇が、ちょっと謎です。
 そんな男子の家に来ちゃった女子は、どっきどき。
 一応、そういうお約束を守る千夏が楽しいよ。
 実際には、お互い、そんなの皆無でしたけど。
 段々と、ああいう幼馴染みも有りって気がして来ました(^^)。

 何気に、まゆも凄くいいコだったなあ。
 ずっと付き合ってくれて。
 美代子のこと、気にしていたのですね。
 まゆもレギュラーに欲しい!。
 しっかし、春太もたらしとゆーか、武器は最大限に利用します(笑)。
 そこを千夏に冷静に観察されても、へいちゃら。

 美代子に毅然と接していた春太は、格好良かったです。
 平手打ち、2発にも耐えて。
 あれは痛そう…。
 せめて1発で許してあげて欲しかったけれど。
 弟君の遺した沢山のパズルのこと、ちゃんと分かっていたのは春太だったね。
 男同士、そういうのは伝わったのかしら。

 吹奏楽部員集めのミステリ、なかなか楽しかったよ。
 あと、どーでもいいのですが、部室で棚からバッグ下ろしたとき、セーラーからお腹がちらっと見えた双子のシーンが好きです。
 どっちが香恵でどっちが紗恵なのか、まだ分かりませんけど(^^;。

■この素晴らしい世界に祝福を! 第1話「この自称女神と異世界転生を!」

 カズマってば、異世界でもずっとジャージなんだ…。
 お金、無いですものね。
 所持金ゼロはキッツイのです。
 アクアも、今までずっと、そんな設定で異世界に人々を送り込んでいたのかしら。
 まあ、ギルドの登録料は、アクアが稼いで(?)くれたよ。
 プライドはズタボロですけど…。
 あれで、少しは吹っ切れたのかしら。

 あの2人、何だかんだで、地道に頑張ってますよねえ。
 生活力有ります。
 逆境にも挫けないし、当初の目標は忘れて無くって。
 逞しいんだ。
 カズマもアクアも、フツーに力仕事をして、稼いでます。
 それはポイント高いっ。
 2人、ずっと一緒だよー。
 働いて、お風呂入って、ご飯食べて、呑み過ぎでゲロ吐いて、馬小屋で寝る。
 何だか凄く、生きてる!って充実感が。
 そういうの、ちょっと羨ましく思えて来ました(^^;。

 アクアの印象、随分と良くなったもん。
 やっぱり、環境がそうさせるのですねー。
 権限とか持たせ過ぎてると駄目ってゆーか。
 能力値の高さが、ちゃんと活かせるといいな。
 そして、カズマのゲーマーとしてのセンスに期待です。

 異世界での日常生活が楽しそうで、暫くは、別にモンスターとか倒さなくってもいいみたい。
 切迫した危機も無さそうで。
 でもまあ、仲間集めたりもしなくちゃですし。
 どんな展開が待っているか、期待だよ。

 にしても、現実世界で、あれだけの死にっぷりをする主人公、初めて見ました…。
 店舗特典をゲットするのも、大変なのです。

2016.01.14

■無彩限のファントム・ワールド 第2話「迷惑UFOをやっつけろ!」

 冒頭のファントムの解説、もっと何とかならなかったのかしら。
 本当に、無駄知識って感じなんですもん。
 ルルがせっせとツッコミを入れてましたけど…。
 そもそも、そのツッコミ自体がかなり邪魔で。
 やっぱり、ルルって要らないコなんじゃ…。
 取り敢えず、同居では無く、何処からか通っているのは分かったです。
 実は結構、重要な秘密が有ったりもしそうなのですけどね。
 マスコットの役割すら、犬に取られてしまったような(^^;。

 今回出て来たファントム2体は、特にその背景とかは気にして貰えません。
 前回と違って、神様じゃあ有りませんけどねー。
 水無瀬の紹介がメインなのですし。
 取り敢えず、UFOが撮り貯めた写真の回収は、必須だったと思うのにい。
 あんなデバイスなんぞより、ずっと重要!。
 大学の女子寮っていう設定も、もっと活かせたような。

 2人、バスタオル姿なのが、結構謎です。
 もっと中途半端な、着替え途中を期待していましたもん。
 この作品て、どういう傾向で何処を目指しているのか、なかなか分かり辛かったりしています。
 見ていて困っちゃいますよう。

 そもそも、玲奈がさくっとファントムを食べちゃえばいいと思ったり。
 そういう素振りは有りません。
 それぞれの能力の使い分けとか、役割分担はまだはっきりしていないのですねん。
 何やってんだか、って感じなのです。
 水無瀬もきっと、そう思ってるな(^^;。
 チームを組むなら、舞が時間を稼いで水無瀬が詠唱、って形がベストみたい。
 んで、最後は玲奈が。
 晴彦の役割は、無駄知識だけになっちゃうけれど。

 取り敢えず、今の目標は、みんなで食べ放題のお店に行くこと!、でいいのかしら。
 水無瀬を仲間に入れよう!って雰囲気じゃ有りませんものね(^^;。

2016.01.13

ココス×ラブライブ!キャンペーン

 ファミレスのココスで、「ココス×ラブライブ!」のキャンペーンが始まります。
 私は、ファミレスではデニーズが大好きなので、デニーズじゃ無いのがちょっと残念なのですが…。
 まあ、かつてのデニーズとけいおん!のコラボメニューとか、かなりしょぼかったので、ココスで正解なのかもしれません(^^;。
Cocomainimg
 ちゃんと、新規絵なのです。
 ココスの制服、結構可愛いですよね。
 グッズが貰えたりもするので、これは行かなくっちゃ!です。

 「μ'sのおすすめメニューはいかが?」のコーナー、花陽ちゃんのお勧めって…。
Img_reco_04
 …白米?(^^;。
 ファミレスのお勧めメニューが「ライス 190円」だなんて、初めて見ました…。
 いえ、まあ、キャラ的には合ってるのですけど。
 おにぎりですら無く。
 白米スムージーみたいな変化球じゃ無いのは、むしろ好感触なのです。
 「ライス 190円」だと、お安い女みたく思えちゃいますけど…。

 まあ、穂乃果ちゃんも似た感じなのですけどね。
 同じく190円。
Img_reco_01
 今日もパンが旨い!。
 これも、キャラ設定の通り。
 どうせなら、穂乃果ちゃんが苦手なピーマンのメニューとか、お勧めしても良かったですのに。
 鬼かっ(^^;。

 ここのコーナー、学年別では有るのですが、並び順がちょっと謎です。
 希ちゃんとにこちゃんのイメージカラーが微妙だったりもして。

 グッズの通販も有るそうで、ココスのネームプレート(穂乃果ちゃんバージョン)が欲しいです。
 買おう。
 こういうの、デニーズで出して欲しかったなあ。
 まだ言ってるし(^^;。

 そうそう、新宿ピカデリーでのラブライブ!1期のオールナイト上映、さすがに全館満席にはならなかったみたいで…。
160110_2
------
新宿ピカデリーは皆様のご期待にお応えし、全スクリーンでのオールナイト上映を実施致します!
是非皆様のご来場をお待ちしております。
------
 10スクリーン、2,237席。
 全部、ラブライブ!。
 凄まじい話だったのです。

 ラブライブ!サンシャイン!!のアニメ化も、今年の夏に放送開始で決まったとのことで。
 はやっ。
 フツーの人は、「ラブライブ!」と「ラブライブ!サンシャイン!!」の見分けなんて付かないよね…。
 作品の舞台となる沼津では、地元の観光案内所とか、結構盛り上がっているみたいです。
 ヒットするといいですね(^^)。

■蒼の彼方のフォーリズム 第1話「飛んでます、飛んでますよっ!」

 明日香は、すっごく落ち着きの無い女の子です。
 防波堤の上で、あわあわしていた姿を見て、不安な気持ちになっちゃいましたもん。
 あれ、誰かがずっと付いてて、支えてあげなくっちゃいけないんじゃ…(^^;。
 バランス感覚が悪いとゆーか。
 グラシュでの飛行も、そんな感じ。

 でも実は、結構な負けず嫌いなんです。
 幼い頃の描写を見るに、芯は強そうですし。
 売られて無い喧嘩を買ったりもするよ。
 こら(^^;。
 ひたすらに賑やかだったから、見ていてちょっと疲れちゃいました。

 そんな明日香の存在、晶也にとってはプラスになったりもしそうなのです。
 何だか、飛ぶのを避けてるような晶也だもん。
 学校にも走って通ってるみたいですし。
 事情はまだ分かりませんが、また、自由に飛べるようになって欲しいなあ。
 公式サイトの、晶也の扱いの軽さには、本当に主人公なのか心配になっちゃいますけど…。

 引っ越しの初日に、お隣さんの着替えシーンに出くわしちゃったりとかもして。
 あ、やっぱり主人公だ!(^^;。
 ここにしか出番の無かった、あのコはだあれ?。
 絵的には、なかなか良いシーンだったですよー。
 私のお気に入り。

 それはともかく、折角、FCのセコンドを交代したのに、あんまりお役に立っていなかったのは残念でした。
 明日香に、何かヒントをあげられたら良かったのにな。
 明日香は勝手に覚醒しました(^^;。

 幼い頃の明日香の描写、今の明日香とはあまり結び付かないような感じは有りますけど、行動の根底には確実にそれは存在しているみたいです。
 あのお船、東海汽船ちっくで、なかなか精悍なデザイン。
 ちっこい子供があんなところに座っていたら、すぐに保護されちゃうと思いますけどねん(笑)。

2016.01.12

■最弱無敗の神装機竜 第1話「朱の戦姫」

 屋根から落ちて、いきなりお風呂場に転落とか…。
 ある意味、話が早いのです。
 ルクスとリーシャの関係、これで確定。
 全部見たのに、肝心の紋章には気付かなかったですかあ。
 それは、ちょっと酷いかも…。

 まあ、屋根なんぞに居た事情は分かりましたし。
 依頼のポシェット、ちゃんと回収出来たのかしら。
 気になりますね。
 恩赦の代償に膨大な借金を背負わされてるとか、お気の毒に…。
 つまり、アイリも働いてたりするのかなあ。

 そのアイリ、すっごく落ち着いた口調で、でもルクスへの信頼と愛情が感じられて、凄くいい妹ちゃんなのです。
 私も、好き好き。
 可愛いよ。
 ああいう妹が欲しいのだあ。
 緊急事態にも、全く動じませんでしたし。

 アイリの同室のコには、あらぬ疑いをかけられているルクスが、可笑しいの。
 そこまで尾ひれがついたですか。
 ルクスは、巻き込まれ型の主人公らしくって。
 特に今回は、ずっとそう。
 いつの間にか、お仕事キャンセルされて、生徒になっていたりもして。
 借金は…?。

 リーシャは、本気出し過ぎです。
 全力で行くのって、それはフラグを立てているだけのよーな(^^;。
 やっぱり、デレるのも全力でした。
 そこまでしっかり描いて有ったので、ストレス無く見れますし、いい構成なのです。
 変な出し惜しみはしなくっていいですよね。
 リーシャみたいなタイプ、私は好きですよお。

 最弱無敗の意味も分かったよ。
 負けなければ、勝ち。
 ルールが変わらなければ、それはそれで有りです。

 登場人物はみんな可愛いですし、ルクスはちょっと頼り無いけれど、芯は強そう。
 ルクスの活躍に期待です!。

■大家さんは思春期! 第1話「大家さんは女の子!」

 はやっ。
 何か、あっという間に終わってしまった…。
 放送時間、3分しか無いじゃないですかあ。
 それでも、前田さんとチエを取り巻く環境、何となく分かってしまうのが凄いです。

 チエは苦労しているみたい。
 色々と事情が有るんだなあ。
 日常生活に疲れているご様子で。
 OPとイメージ映像では、笑顔全開だったけれど。
 お話はどういう方向へ進んで行くのでしょう。
 あんまり思春期関係無さそう…?。

 あのアパートって、お風呂無いんだ…。
 引越しの挨拶、粗品は食べられるものがいいですね。
 でも、高級な油だったとしても、食べ物としては、ちょっと微妙な感じ。
 凄く喜んでたチエが可笑しかったにゃあ。

2016.01.11

■ナースウィッチ小麦ちゃんR 第1話「まじかるナース、誕生!」

 ドラッグストアでのミニライブ、ちゃんとお薬の販促をしていたのが偉いです!。
 そういうのって、大切だぞ。
 常連さん以外も、ちゃんと買ってくれたら、嬉しいな。
 ここなとはまだ色々差が有って、苦労もしているけれど、小麦は頑張っているよ。
 みんなから愛されているのが、凄く伝わって来ます♪。

 元気いっぱいの小麦は、ほぼずっと喋りっぱなし。
 声質が低いの、すぐ慣れるかな?と思ったけれど、なかなか慣れません。
 ちょっと時間かかりそう(^^;。

 でもまあ、お約束はちゃんと守っているので、しっかり小麦ちゃんなのでした。
 お風呂場から放り出されるうさP…。
 あれなら、まだまだ待遇はいいって思ったり。
 うさPには、もっと酷い目に遭って貰わなくっちゃ。
 任務を遂行しないとGになっちゃうなんて、酷過ぎるー。

 呪文を覚えられない小麦、らしいのです。
 メモで渡せば、確かに話は早いね。
 呪文、あんなだったなあ。
 私はすっかり忘れてました。
 変身バンクは解説付きで、ごにょごにょしています(笑)。

 ともあれ、ライブも映画の撮影も、みんな楽しそうなので、良かった良かった。
 中学生仕様なセラの小麦、可愛かったよ。
 素朴な感じが(^^)。
 何気に、マネージャーも凄く似合っていたのが、謎過ぎです。

 ハクション大魔王はともかく、ウラシマンは最初全く気が付きませんでした…。

783系ハイパーサルーンの旅

 阪九フェリー「いずみ」泉大津-新門司、乗船記から続いてます。

10/31
 早朝の小倉駅。
 駅構内で、モノレールとものすごかの看板を眺めて、券売機でネット予約したきっぷを受け取ります。
 小倉07:31発、博多08:19着の特急「ソニック6」号。
 博多08:34発、ハウステンボス10:19着の特急「ハウステンボス3」号。
 出雲市から運賃を通算して通常の特急券を買うより、こちらの方がお安かったので…。
Img_5259
 「ハウステンボス」はグリーン車の1号車1番A席を指定したよ。
 前面展望が楽しめちゃいます。
 本当はC席が良かったのですが、既に売れちゃってました。

 到着した「ソニック」の、前後の座席をぱたぱた回転させて、まずは博多を目指します。
 すぐに前の列車に追い付いてしまい、結構頻繁に徐行しながら進んで行って。
 博多での乗り換え時間は15分程ですが、ホームを行き来して、色々な列車を見て歩いていたのでした。
 JR九州の列車は華やかです。
 旧竹下か南福岡かは忘れちゃいましたけど、色褪せた103系が留置されているのも見えたよ。

 程無く、派手な「ハウステンボス」と「みどり」の併結編成が入線して来ました。
 783系は、オリジナルの塗装が一番ですけど、仕方有りません。
 グリーン車の利用者さんは、私の他はC席のおばちゃんだけ。
 私はB席に移動して、運転席を覗くと、スターフに荷札がくっ付いています。
Img_5280
 通告券。
 スターフ自体にも、久保田と鍋島の間に、徐行のラインが引かれているね。

 今日は、バルーンさがに臨時停車なのでした。
Img_5282
 うっかり通過したら大変です。
 実際には、出発信号を赤にしていたので、その心配は有りません。
 結構長く停まっていたよ。
 反対側のホームには、「快速」の幕だけを出した、臨時の415系が到着したです。
Img_5285
 こういう細かい観察をしながら、景色も楽しめちゃいます。
 展望席はいいなあ。
 マニアでなくても、夢中になりそう。
Img_5275
 早岐で「みどり」とお別れすると、すぐに終着、ハウステンボスです。
 結構沢山の人が乗っていました。
Img_5289
 当然ながら、皆さん、ハウステンボスへと向かって橋を渡って行きます。
 私も橋は渡ったものの、駅に戻ってしまうのでした。
 駅前には、温泉の有るホテルが有って。
 立ち寄り湯もOKみたい。
Img_5296
 本当は、高速船で長崎空港に行こうってプランだったのですが、乗り場は結構遠そうで、そもそも入園しないと乗り場に辿り着けない、なあんて情報も有るので、電車に変更しちゃいました。
 空港の到着口前では、その高速船の客引き(?)が行われていたっけ。

 快速「シーサイドライナー」で大村まで行こー!。
 大村駅前にはバス乗り場が無く、ちょっと歩いたターミナルから出るのですね。
 困ったのは、食べ物屋さんが全然無いこと。
 コンビニで済ませちゃえ。
 なら、一本早いバスで、空港へ行っちゃえば良かったなあ。

 長崎空港行きのバスが、温泉施設の中、駐車場まで入って行くのにはびっくりしました。
 乗り降りはゼロでしたけど。
 昼下がりの東京便は、かつかつの満席。
 こんなに混んでいる便は、久しぶりだよ。
 まだお昼過ぎなのにね。
 おしまい。

2016.01.10

■ラクエンロジック 第1話「英雄か群衆か Hero or Mob」

 妹のしおりが可愛いです♪。
 健気で。
 お兄ちゃんが大好きで、すごーく心配してくれて。
 好き好きオーラは凄いけれど、そこまでべったりはしていなくって、妹しての距離感は弁えてるとゆーか。
 いい妹ちゃんなのです。

 アテナは物事に動じません。
 さすが異世界人。
 かなり余裕が有る振る舞いなんですよねー。
 落ち着いた雰囲気が、凄くおねーさんぽい!。
 しおりにも気を配ってくれていたのは、ポイント高いです。
 でも、自室のドアを急に開けられても、全く動じないのは、ポイント低かったり。
 もっと隙を見せてくれても、いいんですよ?(^^;。

 世界観は、何となく分かった気はしますけど、なかなか思わせぶりだったりとかして。
 そして、ロジックだらけ。
 ちょっと鬱陶しい気がするぞ(^^;。
 非常事態が日常になって、みんな結構慣れちゃってる部分も有るみたい。

 ネットが発達していると、英雄するのも大変だ。
 それでも戦う選択をする美親は、英雄気質なのです。
 しおりに、あそこまで心配されちゃったのに。
 無理はしないって約束、ちゃんと守って下さいね。

 盟約とか、実は別に男女じゃ無くてもいいみたい。
 あの過程を見るに、恋人設定じゃないと辛そうな感じでしたけど…。
 何故か、キスする瞬間は見せてくれません。
 しっかし、戦闘中はずっと抱き合ってるですかあ?(^^;。
 ラクエンロジック(同居付き)なのです。

ラブライブ!×さっぽろ雪まつり

------
第67回さっぽろ雪まつりにて、雪まつり大通7丁目HBCマカオ広場に「ラブライブ!μ's」、雪まつり大通11丁目会場に「雪ミク Snow Owl Ver.」の雪像が登場するのを記念した、「ラブライブ!μ's」と「SNOW MIKU 2016」のコラボイラストが完成しました。
------
 これ、凄く可愛いです!。
 雪ミクが。
Poster2016
 μ'sは普通に可愛いよ。
 「ラブライブ!×さっぽろ雪まつり」特設サイトまで出来ていますが、この時期に札幌へ行くなんて無理ゲーなので、既に殆ど諦めてます(^^;。

 神田明神へも行ったことが無いのですよね。
 実は、神田明神にも「神田明神×ラブライブ!」特設ページが有って、グッズを売っています。
 この神社グッズ、凄く可愛くって、実用性も有りますし、現地へ買いに行きたかったのですけど。
 Wikiによると「神田明神を崇敬する者は成田山新勝寺を参拝してはいけないというタブーが伝えられている」とのことで、新勝寺をいただく千葉県民としては、足が向きにくいのでした。

 近所のスーパーに、まだラブライブ!バージョンのザクリッチが残っていたので買って来ました。
 ここでしか、売っているのを見ませんでしたけど…。
 忘れずに、応募もしなくっちゃ、です。

 「TVアニメ1期ALL NIGHT」と「上海ファンミ」のライブビューイングは、お仕事なので参加出来ません。
 この為に休暇を取るのも、何だかなあって感じなので…。

2016.01.09

■少女たちは荒野を目指す 第1話「夢を追う少女」

 文太郎は物凄く要領が良くって、何でも器用にこなします。
 だから、色々と頼りにされているのでしょうね。
 老若男女沢山の人達との関わりが有るよ。
 いいなあ。
 ビッチクイーンに通じるものが有ります。
 まあ、文太郎は計算してやっているわけでは有りませんけど。
 てゆーか、ビッチクイーンさんの言うことはいちいち尤もで、どんなコなのか、実際に会ってみたくなっちゃいました。

 砂雪はミステリアスな雰囲気を纏っていたけれど、中身は結構、フツーのコみたい。
 夢中になると、周囲を見失ってしまうタイプだあ。
 男子トイレにまで入って来ちゃうし。
 目的は、宗教か販売なのかと思ったら、もっと悪い美少女ゲーム製作を持ちかけられた…(^^;。
 お金とか名声とかより、単に美少女ゲームを作りたいだけなんじゃ…。
 文太郎のソツの無い対応とシナリオライターの才能は、あんまり関係無さそうだけれど。
 演劇は、原作よりも、夕夏の才能に助けられてたもん。

 夕夏と亜登夢は、何が見たくてデートを尾行していたのやら。
 ラブラブでいい雰囲気なリア厨デートでしたのに。
 いい趣味してます。
 にしても、夕夏はすっごく鬱陶しい性格をしているような。
 相手するの、疲れちゃいそう。

 本当に作っちゃうんでしょうか、美少女ゲーム。
 いきなりアキバの、お店に連れて行っちゃうなんて、素人さんには敷居が高過ぎるって思うけれど。
 言いたいことは、全て伝わったみたい。
 これからの、文太郎の苦悩が見物だよ。
 夕夏と亜登夢も、当然巻き込むのでしょうし。

 砂雪のあの情熱、本物っぽいですもん。
 そう簡単には挫けたりしなさそう。
 2人の関わりの中で、文太郎と砂雪、いい方向に成長出来たらいいですね。

 電車好きとしては、校門前に三線軌条らしき第4種踏切が有るのが、すごーく気になります。
 あんな学校に通ってみたかったなあ。

■ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 第1話「メロディアスな暗号」

 千夏は元気だけが取り柄って、それは確かにそうかも。
 春太が言っていた通りなのです。
 でも、そういうコって、ガッツが有って、フルートの上達も早そうで。
 早起きもへいちゃら。
 さすがのバレー部魂なのです。
 本性、地は隠しようが無くって、キュートガールへの道は遠そうなのです。

 そんな千夏と幼馴染みなせいで、春太は草壁先生に走ってしまったのでしょうか。
 気持ちは分かりますけど…。
 駄目じゃん。
 それは、千夏の罪だぞ(^^;。
 でもまあ、そのおかげで、千夏と春太は何でも遠慮無くお話とか出来そうで。
 目標は一緒なのですし。
 いいコンビになりそう。
 そういう幼馴染みも有りなんです(^^)。

 草壁先生、手強そうだもんなあ。
 赤い音符とシロツメクサ、あんなミステリアスな告白を仕掛けないと、反応してくれない人ってことなんですもの。
 しかも、相手の気持ちが分かっても、応える気は全く無さそうで。
 そういうことは、意図的に避けてるってゆーか。
 ちょっと、2人には手に負えない感じ。

 音階のドイツ語読み、高校の授業で習って、今もちゃんと覚えていました。
 普門館はお仕事で関わりが有るので、懐かしかったよ。
 吹奏楽部とか演劇部って、実は凄く体育会系なんですよね。
 上下関係の厳しさとかにはびっくりしたけれど、ここの吹奏楽部は人数が少な過ぎなので…。
 どうなるのかしら。

 てゆーか、音楽物なのか推理物なのか、どうも良く分かりません。
 両方を兼ねてるの…?。
 音楽を絡めたミステリですかあ。
 春太だけでも事件は解決出来そうですが、そこに千夏がどう関わって来るのか、楽しみです。
 体力勝負の場面では、凄くお役に立ちそう。
 そこは、春太がうまく使いこなして下さいね(笑)。

■紅殻のパンドラ 第1話「適合者 -アデプタ-」

 EDみたいな、福音とクラリオンのほのぼのとした絡みだけで、十分に楽しそうだから困ります(^^;。
 福音は結構芯が強くって、振り回されてばかりのコじゃあ有りません。
 そんなに心配しなくても大丈夫かな。

 世界平和って、お金で買えたりするのかしら。
 なかなか、難しい問題で。
 廃人レベルのゲーマーなら、どんな武器でも使いこなせそうだし、どんな状況にも対応出来そう(偏見)。
 火災の中でも、1時間は活動可能。
 何気に凄い能力持ちなのです。

 クラリオンのパンドーラ・デバイスを使うには、毎回、あれをやらなきゃいけないのかしら。
 いい趣味をしています(^^;。
 クラリオンも大変だ。
 福音はむしろ、嬉しそう…。
 あれ、クラリオンの仕草と表情と台詞が全て一致したら、かなり破壊力有るかと!。
 私は嬉しいです。
 てゆーか、福音も何気に変身バンクを装備してました(笑)。

 福音の関節があんなだと、確かにドールかロボットに見えちゃいます。
 全身義体の人間って、ちゃんと見分けられるようになっていないと、何かと困りそう。
 まあ、普段は服でそれなりにカバー出来ますし、ロボットにも基本的な権利が確立されているなら、そんなに不都合は無いのかもしれません。
 どんな顔にでもなれるなら、むしろ元々の自分の顔って、大切ですよね。
 成長シュミレーションの結果も、十分可愛いのです。
 外見は全身義体で、凄い能力を持っていても、福音は優しさをずっと保っている様子で、本当にいいコなのですよー。
 溢れ出ちゃう、素朴さとピュアさが素敵。

 福音の叔母さんて、どんな人なのか気になりますね。
 実は、ウザルと仲が悪そう(^^;。
 勝手にソフトを追加したりして、怒るんじゃないかなあ。
 ウザルも、福音を仲間にしたいって訳でも無さそうで。
 福音に興味深々な、いかにもな科学者さん。
 クラリオンの所有権を一時的に渡したり、行動が謎なのです。
 てゆーか、島を崩壊させかけてる騒ぎ自体、何であそこまで行っちゃうのか、かなり謎だったりしています。

 客船からの転落事故なんて、大騒ぎになりそうなのに、リポーターさんは、スタッフにさえ気にして貰えません。
 マイクの心配をされてました。
 お気の毒に…。
 更には、爆発に巻き込まれてビルから転落。
 あの人、本当に生身の人間…?(^^;。
 それとは別に、船内放送では、ちゃんと「本船」って言ってました。
 船旅好きとしては、ちょっと嬉しかったよ。

 福音は、クラリオン可愛い!だけで、何でも出来ちゃいそうなのです。
 事件は放っておいても、勝手に押しかけて来そう。
 楽しみですね。

2016.01.08

立川爆音上映とさんふらわあさっぽろ

01/07
 ガールズ&パンツァー劇場版を、立川シネマシティまで見に行って来ました。
 これで2回目。
 友人が前売り券を消化し切れないってゆーので、もう1枚を引き取ったの。
 折角なので、爆音上映で見たいなあ、って。
 戦車の砲撃音とか、凄そうですもん。
 前回のTOHO日本橋に続いて、丁度、入場者特典が無い時期なのが、ちょっと残念。

 シネマ・ツーのエスカレーターを、お巡りさん2人と一緒に上ります。
 えっ?。
 自転車で来て、現着って無線のやり取りをしていたので、何か事件なのかなあ。
 チケットカウンターの前に座っていた男性から、事情聴取をしていたです。

 劇場はほぼ満席。
 興行収入も、8億円を突破したとのこで、かなり頑張ってます。
 観客は男性オンリーって聞いていたのに、何故か周囲は女性ばかり。
 不思議。
 お話は、ガルパン知らなくっても、楽しめます。
 全員で力を合わせて何かをするのって、やっぱりいいものなんです。

 音の迫力は、やっぱり凄くって。
 お腹にまで響きますもん。
 これがひたすらずっと続くとさすがに辛そうですが、戦闘シーンは最初と最後なので、いいバランスでした。
 この迫力を体感出来て、幸せな気持ち。

 舞台は大洗なので、商船三井フェリーの看板とか、「さんふらわあさっぽろ」本体とか、ちゃんと出て来ます。
 船内の売店、レストラン、2等寝台の描写はしっかりしていたよ。
 残念なのは、肝心の船体の作画のバランスが悪くって、凄く格好悪いことで(^^;。
 デッキの手摺も、赤く塗って欲しかったにゃあ。
 エンドロールの協力名は「MOL商船三井フェリー」になっていました。
 わざわざMOLを加えるのが正式なのですねー。
 そういった見所も有るのでした。

2016.01.07

■無彩限のファントム・ワールド 第1話「ファントムの時代」

 ルルが特に何もしなかった…。
 晴彦と一緒に居る意味とかは、いずれ描かれるのでしょう。
 朝、ちゃんと起こしてくれるのは、便利かもです。
 ルルが叩いていた物体、モザイクの時点では、トースターなのかと…。
 朝ご飯のパンを焼いてくれてるのかと思ったですよ(^^;。
 一緒に歯磨きして、息の合った、いいコンビでは有ります。

 見えないものが見えてもいいことは何も無くって、実は見えないままの方が幸せだったみたい。
 それは有るかもです。
 ぱんつとか…。
 いやいや(^^;。
 あのリンボーダンス、胸の揺れよりも、絶対に見えないぱんつの方が気になったです。
 鉄のカーテンみたいなスカートなんだもん。

 ファントムの退治は部活みたいな感覚で、報酬は現物支給。
 変わった世界なのです。
 米とか味噌とか貰えるのですねー。
 壊した学校設備の修理代とイコールなら、結構お高い感じ…?。
 まあ、今回無支給だったのは、懲罰的な意味なのでしょうね。
 詳細は不明。
 お腹が空いたら、ファントムとは戦えません。

 玲奈とか、凄く燃費が悪そう。
 まあ、玲奈は1人でファントムの処理が出来ます。
 それは強いかもです。
 効率を考えたら、みんなでチームを組んだ方がいいのかなあ。
 失敗しても、そんなに深刻なことにはならない…?。
 感電も、一瞬骨が見える、あの程度で済むのでしたら…(^^;。

 個性的な仲間が集まって、みんなで何をするのか。
 ファントム退治の過程だけでも楽しめるかしらん。
 個人的には、晴彦とルルの活躍には期待なのです。

ネカフェと松山空港

 こちらから、続いてます。

12/12
 朝も温泉に入って、朝ご飯を食べて。
 凄く広いお部屋だったですよー。
 満喫。
 ちょっとしたアンケートに記入して、フロントに提出すると、伊予市から1,000円のキャッシュバックが有るとのことで。
 その場で現金が貰えちゃいます。
 元々お安いプランなのに、更にお安く泊まれてしまいました。

 昨日と同じ伊予横田へ行っても面白くないので、伊予鉄の新川駅まで歩きましょう。
 距離的には、ちょっとだけ遠い感じ。
 ただ、列車の本数が全然違って、伊予鉄は時刻表を見なくっても平気ですが、JRだと大変なことになります…。
Img_5359
 松山市駅行きの電車を見送ると、懐かしい井の頭線の車両でした。
 車内には、自転車搭載用のスペースも有って。
Img_5363
 今日は土曜日。
 実際に、自転車を載せている方が居ましたです。
 面白いね。

 取り敢えず郡中港まで出て、すぐ目の前の伊予市駅で、青春18きっぷの常備券を買いました。
 何冊ですか?って聞かれたけれど、1冊でいいですー。
 ちなみに、常備券の支払いに、クレジットカードは使えません。

 駅のベンチに座って、今日の行程を考えますが、あまり動き回る気にもならず、伊予鉄で戻ることにしました。
 横河原までの切符を購入。
 少しは電車にも乗らないと!。
 1日券を買うのは止めちゃいましたけど。
 伊予鉄は利用者さんも多くって、なかなか頑張っています。
 各駅には、殆ど駅員さんが居ますし。
Img_5361
 松山市で、郡中線から横河原線に乗り換えです。
 石手川公園の駅は、本当に鉄橋上に有って。
 この鉄橋、実は日本最古だそうですね。

 終点の横河原はホームの改修工事中で、先頭車からしか乗り降りが出来ません。
 てゆーか、ドア1つだけをDコックで開けての対応です。
Img_5368
 凄い工事のやり方だなあ(^^;。
 1列車落として、周囲をうろうろしてみますが、やっぱり景色に見覚えは有りません。
 んー、いつ乗ったんだか…。
 住宅地の中の駅でした。

 帰りは大手町まで出て、取り敢えず松山駅まで戻ることに。
Img_5375
 市内線との平面交差って、もうここしか残っていないですよね。
 昔は、あちこちで見られたそうなのですが。

 松山駅を覗くと、構内には駅弁の屋台が見えます。
 改札には、見覚えの無い列車の案内が出てますよー。
 13:28発の臨時「伊予灘ものがたり」、行先は八幡浜編になっていて。
Img_5376
 面白いね。
 こんなの走ってたんだあ。
 私は、昨日と同じカレー屋さんでご飯を食べて。
 何かもお、やる気がしなくなって来た…。
 駅前のネカフェに退避しちゃうのでした。
 酷い(^^;。

 以前、関西汽船が松山を行き来していた頃、ここのネカフェの会員証を作って有ったので、それを提示したら、無料で新しいものに発行替えが出来るとのことで。
 3時間以上、ここに居ましたです。

 リムジンバスで、松山空港に戻りますよお。
 松山のサクララウンジはちっこいけれど、セントレアよりは広いかな…?。
 ドリンクとか、缶メインですし。
 おつまみの種類が豊富で、ポンジュースも有って、山田屋まんじゅうが積んで有るので、嬉しいです。
 名物の山田屋まんじゅう、実は私の地元、船橋にもお店が有るのですね。
 知らなかった!。
Img_5378
 青春18きっぷは、結局自分では使わずに、全て友人に譲渡したのでした。
 てことで、おしまい。

2016.01.06

年末年始の過ごし方

 年末とゆーか、年始に連休が2回も有ったので、のんびり出来ました。
 滞りまくっていた記事を作って、コメントにお返事をして。
 これで、1週間は更新に困りません。
 いや、溜め過ぎでしょー(^^;。
 スクフェスにまでメールが来るのは、予想外でした。

 結局、年末年始、遠出は全然していません。
 だって、帰省ラッシュで混んでるんですもの。
 本当は、お出かけしたかったのですけど。

 都内を移動してスクフェス広告の写真を撮って、千葉駅で万葉軒の駅弁を買って。
 結構、楽しかったよ。
Img_5437
 この穂乃果ちゃん、可愛いなあ。
 お弁当は、幕の内仕様の万葉弁当。
 あさり串や味噌ピーが入っているのが、千葉の駅弁らしいのです。
 勿論、菜の花弁当も一緒に買いました。
 お値段もお得だよ。

 今月の予定は、「びざん」に乗船して、仙台地区の新線に乗って、函館に行って、京成のシティライナーに乗り納めをして、みたいな感じでしょうか。
 楽しみだね。

 あ、年賀状書くの、すっかり忘れてたあ!(^^;。
 毎年、届いたものに返信するだけでは有るのですけど。
 結構大変なんです。
 春に因んで、山手線の「Printemps」編成の写真を使う予定だよ。
Img_5400
 ちなみに、これは「lily white」編成のヘッドマークです♪。

 そうそう、お土産に一六タルトとイギリストーストを貰ったよ。
Img_5476
 タルトは四国銘菓。
 あ、これ、期間限定の黒胡麻だ。
 イギリストーストは、青森県民のソウルフードだとか。
 こちらは、無理を言って買って来て貰いました。
 ちょっと潰れちゃってるね。
 ちなみに、予想よりもでっかくって、予想よりもお高かったです(^^;。

 次は、私の番なのですよ。

2016.01.05

強風と松山空港

12/11
 この旅は、珍しく昼下がりのフライトで、羽田から松山までの利用です。
 途中で買い物をしたかったので、ちょっとだけ早めに西船橋駅へ出ます。
 そうしたら、強風の影響で、総武線、東西線、京葉線、全てが運転見合わせとのことで、西船橋から身動きが取れなくなっちゃいました。
 取り敢えず、ホームに停まっていた電車に乗ってはみたものの、これはかなり時間がかかりそう。
 京成線は動いているみたいですが、この風雨の中、京成西船まで歩くのも…。

 なので、駅前から、リムジンバスを採用です。
 丁度、10:30発の便が有ったの。
 運転士さんによると、道路は大渋滞で、2時間以上はかかりそうとのことで、電車の利用を勧められます。
 あ、電車も駄目なので…。
 ちなみに、2時間以上かかると、私のフライトには間に合いません。
 羽田空港の発着も乱れているでしょうし、そこはちょっとした賭けだったり。
 まあ、間に合わなかったら、家に戻ってふて寝します(^^;。
 発車時間ぎりぎりになると、諦めた何人かが下車されました。

 一般道もやはり渋滞していて、千鳥町から首都高に乗るまでに約45分程かかっています。
 程無く、総武線と東西線が運転を再開したとの情報が有りました。
 こちらは首都高の渋滞を避け、葛西辺りで一般道に降り、東京港トンネルの手前で再び首都高へ。
 この時点で、フライトの40分前。
 ん、これなら間に合いそう。

 そこから先は順調で、2時間はかからずに羽田空港へ到着したのでした。
 取り敢えず、私は急いで東京モノレールの窓口へ。
 西船橋の入場記録を消して貰わないと、Suicaにロックがかかって使えません。
 振替乗車証を見せて、おねーさんに事情を説明します。
 出来ますよ~、と話は早かったです。
 お気を付けて行ってらっしゃいませ、とおねーさんはにこやかでした。

 羽田空港の発着は、やっぱりかなり乱れているよ。
 ただ、私の便だけが、ネットで見ても現地で見ても、定刻のままになっています。
 そんな馬鹿な…。
 わ、もう出発の10分前!。
 急いで搭乗口へ行ったら、待っている方は大勢居るのに、機体が見えません…。
 程無く、45分遅れの案内が有ったのでした。
 遅いってば!(^^;。
 まあ、色々とやりくりが有るのでしょうし、私はふらふらとサクララウンジへ戻ったのでした。
 遅れた方が、のんびり出来て、私としては有り難いです。
 何気に、松山空港も強風だとか…。

 搭乗すると、例によって私はすやすや寝てしまい…。
 最近、機内ではドリンクのサービスを全く受けてないです。
 ぐっすり。
 飛行機は松山空港の上空を低空で通過して、ぐるっと向きを変え、着陸したのでした。

 松山駅行きのバスは、すぐの発車になりました。
 今日の宿は、伊予鉄の方が便利な場所に有るのですが、取り敢えず、JRの松山駅まで行きましょう。
 ちょっとお腹も空いたね。
 駅前のカレー屋さんでご飯を食べて、ホームを覗いてみると、丁度電車が有ったので、券売機で切符を購入します。
 間違えて逆方向の電車に乗りそうになったりしつつ、1両だけの電車に揺られて、伊予横田まで行ったのでした。
Img_5347
 スマホのナビで地図を確認して、ホテルを目指しましょう。
 1キロちょっとですねー。
 頭上を、松山空港に降りる飛行機がひょいひょい飛んで行きます。
 その度に、空を見上げてみたりして。
Img_5348
 はい、到着。
 展望台みたいなのは、予約制のスカイラウンジだそう。
Img_5349
 ここは、スポーツ関係の施設が充実しています。
 晩ご飯もセットしていたので、すぐの時間でお願いして、和室にチェックイン。
 取り敢えず、お風呂だよー。
 露天風呂は無く、露天風呂に見える区画は、単なる露天休憩コーナーだったり。
 でも、のんびり出来ました。

 ご飯も美味しかったよ。
 鯛頭荒煮と格闘したり。
Img_5354
 鯛の頭とか、これ、どこまで食べられるのかが謎なのですが、箸が通るところは全部食べる!って勢いで。
 目玉の部分とか。
 魚の食べ方で、育ちとかが判断されそうだから、必死です。
 そんな大袈裟な…。
 ジャコカツとかも美味しかったよ。
Img_5356
 おすすめデザートは、かなりしょぼかったですけど(^^;。

 お部屋に戻ると、程無くお布団を敷きに来てくれました。
 私は、ごろごろして、また温泉に入って、自堕落していたのでした。

 こちらに続いてます。

2016.01.04

新門司へ折り返し待ちの小さな旅

 名門大洋フェリー「フェリーおおさか2」新門司-大阪南港、乗船記から続いてます。

10/30
 大阪南港からは、ニュートラムと地下鉄を乗り継いで、阪堺の塚西へ出ました。
 阪堺なんて、お久しぶり過ぎて、何処で乗り換えるのかも分かりません。
 友人の誘導で、言われるままに向かっただけ…。
Img_5190
 時間の余裕はたっくさん有るので、住吉公園までとてとて歩きます。
 途中で見付けた喫茶店で朝ご飯。
Img_5188
 アイスコーヒーが飲めるよ。
 美味しかったです。

 住吉公園と住吉の間の一区間、01/31限りで廃止になってしまうのですね。
 たった0.2キロでは有るのですが。
Img_5192
 私も、勿論ここは乗った筈なのですが、全く記憶が有りません。
 阪堺自体、乗った記憶自体が無くって。
 乗ったよね…?。
 今更、不安になって来たです(^^;。
Img_5196
 取り敢えず、線路沿いに廃止予定の区間を往復して。

 エキナカ?には、なかなかワイルドなメニューのお店が有りました。
Img_5197
 クマさんて、そんなには獲れないのでしょうか。
 実際、食用に回すのは、なかなか大変そうなのです。

 関空からLCCで成田に帰る友人とは、ここでお別れ。
 私は今夜の阪九フェリー「いずみ」に乗船するので、まだ時間は有ります。
 天王寺へ出ましょうかあ。
 かなり混雑した電車に乗って。
 天王寺駅前付近は、道路工事の関係か、線路の付け替えをしていたよ。
 運賃の支払いにはSuicaが使えます。

 さあ、近鉄特急に乗りましょう。
 吉野特急なんて、凄く久しぶり。
 11:40発の、吉野口までの特急券を購入。
 今思えば、終点の吉野まで行っても良かったかも。
 懐かしいチャイムを聞いて、懐かしい景色を眺めて。
 実は、殆ど寝ていたのは内緒です(^^;。

 吉野口から橋本まではJRで移動だね。
Img_5203
 駅自体の管理がJRなので、近鉄の駅名板もJR西仕様になっています。
 JRマークだけが無し。
 あ、ラビットカー塗装が来た!。
Img_5206
 こちらの105系は、かつて常磐緩行線を走っていた車両ですよね。
 国鉄だった頃の名残なのです。
 スイッチバックが解消してから、北宇智を通るのは初めてだあ。
Img_5210
 隅田の駅には、可愛いイラストが掲げられていました。

 橋本では、13:38発「こうや」の特急券を購入。
 ホームに下りると、「天空」を待っている団体さんが賑やかでした。
Img_5220
 50パーミルは、なかなかの強敵だあ。
 「こうや」の車内では、ずっと寝ていた気がするよ。
 天王寺に着いても、時間はたっぷり。
 することがなーい!。
 何となくみさき公園まで行って、駅前から発着して行くバスと、通学の高校生を眺めていたのでした。
 明日なんて分からないと、醒めたりしないで。

 難波の駅、改札口前には、「いずみ」「ひびき」のでっかい看板が掲げられていたです。
 プレミアムなのにリーズナブル、って書かれていたよ。
Img_5225
 それでは、阪九フェリー「いずみ」泉大津-新門司、乗船記に続きます。

2016.01.03

出雲経由新門司行き

10/28
 この旅は、名門大洋フェリーと阪九フェリーの新造船に乗るのが目的です。
 何故か、出雲経由になってますけど…。
 お仕事の後、夕方の羽田空港から出雲空港へ。
 がらがらだったです。
 私はすやすや寝込んでいて、離陸の前に寝てしまい、着陸の衝撃で目が覚めました(^^;。

 出雲空港からは、バスで出雲市駅へ出て、今日はそのままホテルへ直行です。
 出雲市の駅前は、結構色々なお店が有るのですね。
 賑やかで、歩いていると楽しいよ。
 フライトの関係で、2食付きのホテルは夕食時間ぎりぎりだったのですが、余裕で間に合ったです。

 お部屋に荷物を置いて、すぐにご飯。
 先に大浴場へ行ったんだっけ…?。
 もう覚えて無いや(^^;。
 お部屋のトランシーバの取り付けが凄く強引、とゆーか雑だったのは、良く覚えていて。
Img_5106
 記念に写真を撮りました。

 ご飯を美味しく頂いて、利き酒セットとかを試してみて、ぐっすり眠ったよ。
 プリン食べた(^^)。
Img_5103
 旅はいいですね。
 ここのホテル、お値段の割に、結構充実した内容だったです。
 駅から歩くのが、ちょっとだけ難点。
 翌朝、地図を見ていたら、すぐ裏手に流れている川は、高瀬川って名前でした。
 素晴らしいです。

10/29
 翌朝も、お風呂に入って、ご飯を食べて。
 のんびり。
 「スーパーおき3」号の発車は11:36なので、ぎりぎりまでホテルに居てもいいのですが、この列車、早くから指定席が満席なのですよね。
 2両編成ですし、あまりにも混んでいるなら、「やくも」と新幹線経由でもいいかな。
 空席状況をこまめにチェックしていたら、朝になって△になっていたので、すぐに駅へ行って特急券を購入です。
 通路側でしたけど、仕方無いね。
 乗ってから思ったけれど、混んだ「スーパーおき」に乗る位なら、「やくも」の方が良かったんじゃ…。
Img_5112
 乗車券だけは買って有りましたが、区間変更は出来ますし、予定自体、有って無いようなものですから。
 それは地図には無い道。

 発車まで、まだたっぷり時間が有るので、駅構内をお散歩。
 「サンライズ出雲」も定刻で到着したみたい。
Img_5107
 一畑電鉄が丁度発車するところでしたが、下手に乗ってしまうと、戻って来れなくなりそう…。
 時刻表を確認したら、まさに(^^;。
Img_5108
 ここ出雲が発祥の地っていうぜんざいに心惹かれましたが、フツーにご飯を食べました。

 ようやく時間だあ。
 自由席も、全員座れた感じかな。
 私の席は最後部でしたが、壁との隙間に外人さんがでっかいスーツケースを置いているので、リクライニングが全く出来ません…。
 時折、車掌さんの観光案内が流れる中、ぼーっと景色を眺めつつ過ごして。
 途中で窓側の席はお客さんが入れ替わりました。

 乗り続けたら、結構、疲れちゃいました(^^;。
 キハ187系の車体に描かれた、謎のお花の写真を撮って、と。
Img_5117
 後で調べてみたら、島根の県花である牡丹なのですって。
 知らなかったよー。

 新山口駅は立派になりましたが、周囲には特に何にも無い感じ。
 駅構内のおそば屋さんで、車掌さんと一緒にカレーを食べます。
 お土産屋さんでは鳩子の海を購入して。
Img_5118
 鳩子ちゃんって誰…?。
 なあんて、以前、悩みまくったっけ。
 実は、大昔のNHK連続テレビ小説のタイトルです。
 職場で聞いてみたけれど、年長者でも、もう覚えている方は居ませんでした。

 時間調整の為に、新幹線には乗らず、普通列車でゆっくり下関へ向かいましょう。
 車内は空いていて、クロスシートから景色を眺めつつ進むよ。
 宇部と厚狭の間の3線区間、少しずつ少しずつ、痕跡が消えて行ってるみたい。
 貨物は縮小する一方ですね…。

 下関では、駅前のデパートでお土産を探して。
 そろそろラッシュの始まった電車で、九州に到着です。
 この区間の為だけに交直車を運用するのも、そろそろ限界です。
 この先どーするんだろ…。

 非常食として、駅ナカで名物のかしわめしを買っておこうっと。
 改札の外では、モノレールの「ものすごか」っていうネーミングに感心したり。
Img_5123
 正式には、「mono SUGOCA」って表記。
 楽しいね。
 さあて、まだ手持ち時間は有る感じ。
 お茶にしましょう(^^)。

 それでは、名門大洋フェリー「フェリーおおさか2」新門司-大阪南港、乗船記に続きます。

2016.01.02

札幌へ2泊3日の旅×2

 この旅は、何もしないでのんびり過ごすのが目的で。
 現地2泊のJALのダイナミックパッケージ、お安かったのも有って。
 搭乗回数の調整とか、そーいう理由も有ったりします。
 同じパターンの旅を続けて2回しているので、同時進行でお届けしちゃいます。
 ちなみに、本当に何にもしていません(^^;。

11/28
 旅立ちの前日、JALからこんなメールが届きました。
------
【重要】北海道地方悪天候の影響に伴うお取り扱いにつきまして
ご搭乗予定の便が、欠航・条件付きでの運航となる可能性がございます。
------
 道央に雪がどっさり降って、札幌では突如44センチの積雪となり、11月としては62年ぶりの大雪になったとか…。
 それまで、積雪はずっとゼロのままでしたから、現地でレンタカーを借りても大丈夫そう、なあんて思っていたのですが。
 北海道は、試される大地。
 きっと誰もが試されています。

 欠航ならキャンセルしよ♪。
 お気楽な気持ち。
 別に、どーしても行かなきゃ駄目って旅でも有りませんし。
 条件は付いたままでしたが、結局、何事も無く現地着。
 つまんない。

 良くないことは続くもので、総武緩行線は人身事故で運転を見合わせているとか…。
 駅へ行ってみたら、丁度運転再開した直後の電車に乗れました。

 18:30の便、ファーストクラスに変更をかけて、ご飯とお酒でお気楽なフライトです。
Img_5333
 でも、さすがに眠い…(^^;。
 今日は初めてのホテルなのですが、地図を良く見ていなかったので、大通公園をぐるっと回ったりして、真っ直ぐ行けば5分とかからないホテルにチェックインしたのでした。
 テレビ塔近くでは、ミュンヘン・クリスマス市を開催中で、屋台が色々出ていたよ。

 大雪の名残は、除雪され、路肩に積み上げられた雪山だけで。
 路面には全く雪が有りませんでした。
 千葉並みに、溶けるの早いです。
 やっぱり暖冬なのですね。

12/22
 この日も、同じ18:30の便です。
 モノレール経由で羽田へ向かい、マイルキャンペーンの端末にSuicaをタッチして。
 ファーストクラスに変更したのも一緒だね。
Img_5402
 お腹が空いて、ラウンジでおにぎりとかパンとか食べていました。
 機内でもご飯食べるのにい。

 出発の10分前には搭乗口に着いて、メールの確認でもしようとしたら、「後1名様をお待ちです」なんて放送が聞こえて、慌てて搭乗。
 私が最後だあ。
 改札を通過すると、また、後ろでコンプのファンファーレが聞こえたです(^^;。

 ファーストクラスでは、普段、自分からは進んで食べないものが食べられるので、楽しいのです。
 巨大椎茸だけは、食べるの断念しましたけど(^^;。
Img_5404
 お品書きを見ないと、それが何かも分からなくって(笑)。
 わくわくするね。
 新日本海フェリーのラウンジも同様。
 そういった意味でも、JR東日本のグランクラスは失格なのです。

 夜も更けた千歳線を、快速「エアポート」で走り抜けます。
 次のダイヤ改正で、ようやく「スーパーカムイ」とは運行が分離されるそうですね。
 早く全車ロングシートにならないかなあ。
 その方が、使い勝手いいって思うもん。

 札幌のホテルは、3回目の利用です。
 最初はマッサージチェア付きのお部屋、2回目はバスとトイレが2つ有るお部屋、今回はようやくフツーのシングルルームになりました(^^;。
 さくっと寝てしまいましょう。

 積雪はやっぱり有りません。
 日陰にちょっとだけ名残が有る位。
 体感で、千葉の方が絶対に寒いと思うな…。

11/29
 お昼まで寝ていようかと思ったのですが、朝ご飯をセットしているので、そういうわけにもいかなくって。
 シャワーを浴びて、レストランへ降ります。
 このホテルは、パンケーキに力を入れているらしく、メープルも色々な種類が有って、楽しかったです。

 お部屋のドアノブに「起こさないで下さい」のプレートを架けて、外出しましょう。
 友人と待ち合わせ。
 あんた、前髪、ぱっつんにしたの?。
 はあ、自分で切ってて、失敗したですかあ。
 いいんじゃない、似合ってるし。
 それ、結構好き。
 自分では絶対にやりませんけど(^^;。
 どーして札幌でミュンヘンのイベをやってるのか聞いたら、姉妹都市だからなのですって。
 ホットワインとか飲めるみたい。

 その後、大通の献血ルームへ行きます。
 ここ4回、献血は全て札幌なのです。
 地元千葉の献血ルーム、転勤したら、定期券で行けなくなっちゃったんですもの。
 受付で、住所は千葉で間違い無いか聞かれて、拠点を札幌へ移したなら、メルマガの登録を北海道に変えるよう勧められます。
 いえ、拠点はあくまで千葉なんです(^^;。

 献血で結構時間を取られてしまい、もう薄暗くなって来ました。
 お腹もあまり空かず、ホテルのお隣のセイコーマートでお菓子とか買って、ホテルへ戻ったのでした。
 ちっとも旅らしく有りませんね。
 一応、夜は札幌駅の地下でお寿司を食べたりとかはしました。

12/23
 こちらは、朝ご飯をセットしていません。
 なので、存分に寝坊しちゃいましょう。
 とか思っていたけれど、フツーに起きちゃいました。
 「起こさないで下さい」のプレートは、ステッカーになっていました。
 ドアに貼ります。

 今日は祝日。
 券売機で520円のドニチカを購入したよ。
 すすきのまで行って、12/20からループ運転を開始した路面電車に乗りましょう。
Img_5408
 当たり前ですけど、引き上げ腺もすっかり完成しています。
 行き先表示は、内回りと外回りの「循環」になってます。
Img_5409
 内周りに乗ったものの、信号待ちが長くって、新線区間、もんのすごーく時間がかかります。
 この区間だけなら、歩いた方が遥かに早いかと(^^;。

 私は中央区役所まで行って、地下鉄に乗り換え。
 折角の東西線なので、宮の沢まで行って、白い恋人パークに寄りましょう。
 なあんて思ったものの、宮の沢の改札を出たら、突然やる気が無くなってしまい…。
 エキナカであんかけそばと餃子を食べて、そのまま戻ってしまったのでした。
 酷い。

 大通の銀行でお金を下ろして、札幌駅で北海道新幹線開業応援弁当を買って。
Img_5412
 もう、ホテルへ戻っちゃいます。
 ドニチカ、ちっとも活用していないのです。
 地下鉄全線に乗っちゃう位の気概が欲しかったところですよね。

11/30
 もう、最終日。
 昨日と同じ、バイキングの朝ご飯を食べて、チェックアウトぎりぎりまでホテルでうだうだしていたら、もうお昼近く。
 帰りは15:00のフライトなので、手持ち時間はあんまり無くって。

 ともあれ、試運転を開始した市内電車を見に行きます。
Img_5336
 「教習車」の幕を掲げた電車が、すすきの交差点を行き来しているのは、なかなか感動なのです。
Img_5337
 乗るのが楽しみだね。
 札幌駅前への乗り入れは、まだまだ難しそうですけど…。

 時間が有るので、千歳行きの普通列車で、のんびり移動を開始します。
 終点の千歳で、快速「エアポート」に乗り換え。

 千歳空港のラウンジは工事で閉鎖されているので、代わりに1,000円分のクーポンが発券されて。
Img_5339
 レストランでご飯にしましょう。
 ミックスサンドイッチ。
 アイスコーヒーとセットで、2,020円。
Img_5340
 私としては、超高級なサンドイッチです。
 クーポン利用で無ければ、わざわざ食べません。
 味は特に印象に残りませんでしたけど(^^;。

 羽田空港からは、京急に乗ってみます。
 まだ時間も早いですし、たまには、ね。
 でも、このコース、物凄ーく時間がかかってしまって。
 北総線直通ばかりなので、青砥で乗り換えですし。
 次はバスにしようと心に誓ったのでした。

12/24
 こちらも、最終日。
 昨日購入したお弁当を食べます。
Img_5413
 美味しいよ。
 容器はタッパーになっているので、洗面所で洗って、持ち帰ろうっと。

 もう、何処にも出かける気力は無く、11:10の快速「エアポート110」号のuシートを購入して、さくっと空港へ行っちゃいます。
 この時期は、310円とお得だね。

 空港では、またラウンジ代行のクーポン券を貰って。
 個人的には、早くラウンジが復活して欲しいのですよね。
 時間潰せますから…。
 搭乗の前日、JALからは、わざわざラウンジ閉鎖についての案内メールが届いたりしています。

 新千歳空港温泉に直行して、のんびりうだうだ。
 のんびりし過ぎて、もお、時間ぎりぎり。
 ご飯は慌しくスナックコーナーのハンバーガーで済ませ、お土産を買う余裕も有りませんでした。
 ぱたぱただよー。

 離陸の際、トーイングカーが離れると、お隣りにサンタクロースが居て、手を振ってくれました。
201512241506000
 袋を背負って、誘導路から戻って行くサンタがシュール…(^^;。
 今日はクリスマスイブですものね。
 私には、特に予定やイベントは何にも無いのですけど。

 前回の京急に懲りたので、今日は約1時間待って、西船橋駅行きのバスを採用です。
 発車時間まで、JALとANAのグッズショップを覗いて。
 JALの方が品は充実していますねん。

 バスは道路混雑により、空港西まで一般道、その先は9号線から京葉道路に迂回しましたが、ほぼ定刻での運転でした。

 てことで、本当に何にもしない、札幌×2の旅なのでした。
 心残りは、雪ミク電車2016に全く巡り会えなかったこと。
 どーして…?。
 でも、まだまだ機会は有る筈!。
 明日はまた、新しい旅があれば、逆あれ。

2016.01.01

新年のごあいさつ

 あけましておめでとうございます。
 旧年中は、お世話になりましたっ。
Ill_002
 高瀬祐花ちゃん、大学生バージョンと小学生バージョン。
 別に親子とかでは無くって、どちらも本人です(^^;。

 昨年の旅行ペースは、いつもと同じ位でした。
 JALの搭乗回数が30回。
 全て国内線です。
 フェリーの乗船回数が11回。
 商船三井フェリーと太平洋フェリーに全く乗れなかったのが、ちょっとした心残りで。
 今年は、最優先で乗船したいなあ、って。
 乗船記が滞りまくっているの、実はかなり気にしてます(^^;。
 電車関係では、仙台地区の新線3区間を全て乗り残しちゃってます。
 これも早めに何とかしなくっちゃ。
 本当は、元日に乗りに行く予定だったのですが、混雑と高さに嫌気がさしてしまい…。
 無理だあ。

 アニメ関係は、すっかり滞ってます。
 ここって、アニメ感想ブログなんですけど、その記事が全く無いとゆー、危機的状況だったり。
 ラブライブ!ばっか観ていたからなー。
 まさか、映画が半年以上も上映され続けるなんて、夢にも思わなかったですし。
 凄い記録を沢山作って、応援している私も感動でした。
 終わらないパレード、凄く楽しかったよ。

 東京駅、中央線ホーム下。
Img_5432
 中野駅、上り快速ホーム中央。
Img_5427
 代々木駅、上り緩行ホーム前方。
Img_5418
 阿佐ヶ谷駅、快速ホーム上り方。
Img_5478
 スクフェスイラストとメッセージ、みんな可愛いね。

 今年は、私も完璧無敵で行かなくっちゃ!、ね。
 皆様、良いお正月をお過ごし下さい。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ