« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の14件の記事

2015.04.28

ドニチカとセレクトA

 こちらから続いてます。

04/12
 中島公園のホテルの朝は、窓から降り注ぐ、強烈な日差しで目が覚めます。
 わわわっ、寝過ごした!?。
 慌てて時計を見たら、まだ05:00じゃないですかあ。
 この時期の北海道では、たまに有ることなのです。

 一度寝なおしてから、1階に降りて、朝ご飯を食べましょう。
 サンドイッチの種類を選んで、作って貰います。
 ここのホテルのトータルデザイン、水周りやベッド周りの造りが、凄く使いやすかったな。

 今回も、特に予定は考えていなくって。
 市営地下鉄のドニチカを買えることに気付いて、取り敢えず購入だね。
 今日は地下鉄メインでの移動が決定なのです。
 今の自分から進化する未来がリアル、だよ。

 中島公園の駅では、エレベーターにしか行けないのに、2台も自動改札機が有る贅沢な仕様にびっくりしたり。
Img_4038
 今日は、近くでモモクロのイベントが有るらしく、それっぽい人達を大勢見掛けたです。

 まずは二十四軒へ行きましょう。
 その前に、東西線終点の宮の沢まで乗り通してみます。
 地上に出てみても、景色には覚えが全く有りません。
 フツーの街角、ですし。
 ローソンに寄って、折り返しましょう。

 二十四軒からは、徒歩で桑園へ。
 途中、観光バスが何台も停まった、札幌市中央卸売市場の前を横切って。
 歩くとあっつい…。
 スーパー銭湯に入った後は、汗をかくのも嫌なので、札幌まではJRで移動です。

 そろそろお腹が空いたねえ。
 南北線の終点、真駒内まで行ってみましたが、駅前には特に何も無くって。
 遠くに、ショッピングセンターが見えるけれど。
 あそこまで歩くのも面倒なので、折り返し。

 大通で乗り換え通路を延々と歩いていたら、駅そば屋さんが有ったので、採用です。
 コーヒーショップ兼用の、変わったお店だよ。
Img_4040
 変わっているのは、ロケーションもですね。
 コーヒーの定期券とか売っていました。

 ここで、丸山動物園でシロクマの赤ちゃんが生まれたから見てくれば?、なあんて指令が入ったので、そちらに向かいます。
 閉園時間には、何とか間に合いそう。
 でも、良く調べると、赤ちゃんの公開は15:00で終了してしまうそう。
 間に合わないね。

 なら、羊ヶ丘展望台へ行こう!。
 先日、北広島に泊まりましたし。
 ことりちゃんのイメージですし。
Chun
 ドニチカも有効活用出来るよ。

 東豊線終点の福住からは、すぐに接続のバスが有りました。
 途中の住宅街を含めて、ずっと坂道を登って行くバスで。
 終点まで乗って行ったのは、4名程。
 車内放送で、終点まで行くと、バスの運賃の他に入場料がかかります、と。
 入場料も車内で払うのかと思ったら、バス停の前に小屋が有ったです。
Img_4053
 私は、さっぽろセレクトAを購入してみました。
 これは、藻岩山のロープウェーやテレビ塔の入場券がセットになった、お得な切符なのです。
 ちょっとやる気を出してみた(^^)。
 有効期間は、9月まで。
 …大丈夫だよね?。
 ちゃんと使い切れるよね(^^;。

 有名なクラーク像の前では、ボランティアの皆さんが、シャッターを押してくれるサービスをしていたです。
 目の前には放牧地が広がって、遠くには札幌ドーム。
 札幌中心部のこんな近くに、よくこれだけのスペースが残っているものです。
 スケール大きいよ。
Img_4044
 売店でソフトクリームを買ったら、ちゃんとレシートをくれました。
 札幌物産協会羊ヶ丘展望台売店、っていう名称。
 その後は、ふらふらと歩き回って、「少女と羊」っていう彫刻を眺めて。
 彫刻のモチーフとして、女の子はハダカなので、羊と並んで立っているのは、何だか不思議な感じ。
 アニメ好きな私としては、とにかくキャラのシチュエーションから入るので、ハダカなのはちょっと困るのです…。

 羊はもう放牧されていませんが、小屋を覗いてみたら、ヤギと一緒に黙々と草を食べていたよ。
 凄い勢いで食べてる。
 …薄汚れた、ウール100パーセントのカタマリにしか見えません(^^;。

 さあて、帰りますかあ。
 その前に、東西線で新さっぽろまで行って、ご飯を食べて。
 1日、ドニチカを有効活用したね。
 大谷地からは、バスで空港へ向かうつもりだったのですが、何と30分前に最終が出てしまった後で。
 まあ、そんな予感はしていました。
 また新さっぽろへ戻って、快速「エアポート」に乗りましょう。
 休日なので、通勤ラッシュは無く。

 この4月から、JALのステイタスがJGCクリスタルになりました。
 クラスJクーポン5回分が失効。
 マイルは、ファーストクラスでヨーロッパへ往復出来ちゃうだけのマイルが貯まっていますが…。
 とにかく、時間が無くって。
 長期間休むのは絶望的だあ。
 JALの「QuiC×マクドナルド」のキャンペーンも終了したのですね。
 私はマクドナルドへ全然行かなくなってしまったので、特に使い道は有りませんでした…。

 これで、冬の旅は一通り終了なのです。
Img_4205
 ぱたぱたとあちこちへ出歩いたので、クレジットカードの請求が凄いことになってしまいました(^^;。
 強い思いから進化する未来がリアル、だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.23

竹芝桟橋

04/23
 竹芝を22:30出航なら、多少仕事が押しても、全然大丈夫!。
 楽勝コースなのですよ。
 そんなときに限って、お仕事、定時できっちり終わってしまったりします。
 まあ、良かったかな。
 会社に居残っていると、何が起きるか分からないので、さくっと撤収。
 幸せはいつでも危険と背中合わせ、なのよさ。

 ん、さすがに早過ぎる感じなので、一旦、家に帰りましょう。
 東西線への直通列車に乗ると、高円寺進入のときに、一瞬だけ非常ブレーキを作動させていたよ。
 急停車します、お掴まり下さい。
 みたいな自動音声が流れて。
 すぐに常用に戻してましたけど。

 自宅でシャワーを浴びて、細々とした雑用を片付けて、20:30過ぎにまた出発です。
 念の為、山手線の運用を調べてみましたが、スクフェスのラッピングを纏ったトウ501編成は、既に入庫しちゃってました。
 残念。
 ゆりかもめに乗るまでも無く、浜松町から歩きます。
 いつもの南口では無く、北口なのは新鮮だあ。
 夏色キセキみたい!。
Img_4082
 改札口には、東海汽船の案内板が出ていたよ。
 駅前では、こんな時間なのに、東北各地の中学校の団体さんが、続々と貸切バスに乗り込んでいて。
 修学旅行なの…?。

 はいっ、竹芝客船ターミナルに到着です。
 それでは、東海汽船「橘丸」東京-八丈島-東京、乗船記に続きます。
 何も考えずに予約しちゃったけれど、船酔い怖い…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.22

大通編

 こちらから続いてまあす。

03/20
 小樽の朝は、いいお天気なのです。
 昨日は、ちらちらと雪が舞っていたけれど…。
 いやいや、千葉では気温20度とかだったんですけど!。
 今期は、地元の千葉でも旅先の北海道でも、雪には振り回されちゃいました。
 私にとっては、まさに幻想殺し(イマジンブレーカー)だったみたい。
 それでも、季節は巡り巡って、未来へいつも向かいます。

 そうそう、この前の旅のとき、Amazon利用権付きの宿泊プランだったんだっけ。
 後で、ラブライブ!のグッズでも注文しておこうっと。
 そんなことを思いつつ、昨日入り損ねてしまった温泉に入って、さくっとチェックアウトしたのでした。

 小樽の駅で、青春18きっぷに日付を入れて貰って。
 札幌行きの普通列車は、朝のラッシュで混んでいるかと思ったのですが、がらがら。
 普通車扱いのuシートを連結しているので、そちらに座って、と。
 わざわざここを選んで乗って来られる方は居ないみたい。

 札幌市電の乗り場へ行くと、ようやく今シーズンの雪ミク電車を見ることが出来ました。
 ぎりぎりだあ。
 ほっ。
 2015年の、北海道の冬の旅の締め括りになったみたい。
 写真は失敗しちゃったけれど。

 そうそう、こんな写真。
Img_3995
 札幌駅のコンコースで、「北海道新幹線開業1年前ウィークオープニングセレモニー」が開催されていたよ。
 実際に何をやっていたのかは、人が多くって、良く分かりませんでした。
 謎のグランクラス推しだったりもして。
 にしても、JR北海道に新幹線を任せてしまって、大丈夫なのかしら…。

 私は、何故か札幌駅でしか売っているのを見掛けない、ぽてコタン。を購入して。
 他にも、ばら売りしているお菓子を、色々と買い込みます。
 帰宅してからの、お茶の時間が充実するね。

 この後は、大通りの献血ルームで、200回目の献血をしたです。
 受付の方法とか、都道府県によって、少しずつ違うのですよね。
 なかなか興味深いのです。
 掲示されたポスターによると、若年層の献血者が減っていて、将来的に、日本の血液供給はかなり危機的だとか…。
 私はいっぱい献血しましたけど、自分が大怪我をしたときに、輸血して貰えないかもしれないのですねー。
 まあ、そんなに長生きしたいとも思いませんけど…。
 今現在でも、十分長生きかなって思う。

 てことで、新千歳空港からさくっと帰ります。
 ファーストクラスへの変更にも成功したよ。
Img_3996
 搭乗時間までは、またまた新千歳空港温泉で過ごしていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.21

奄美大島の名瀬にて

 マルエーフェリー「クルーズフェリー飛龍21」東京-志布志-名瀬、乗船記から続いてまあす。
 ずっとほったらかしてしまったこの乗船記、ようやく完成しましたっ。
 誤字脱字のチェックが済み次第、公開出来るかと思います…。

11/15
 ウエストコート前のバス停の場所と発車時刻を確認して、お昼ご飯を食べるべく、私達は名瀬の街を歩きます。
 でも、食べ物屋さん、全然無いんです。
 ぐるっと大きく一回りしても、入りたいようなお店は無くって。
 ようやく見付けた、カレー屋さんでご飯。
 このお店って、金沢のチェーン店ですよね。
 私の地元、船橋のイオンにも出店してます。
 まあ、私達は、特に奄美名物には拘りません。
 美味しくカレーを頂きました。
 お隣りのお弁当屋さんも、お昼の買出しのお客さんで大賑わいだったです。
 空港にはジョイフルが有りますけどねー。
 あ、むしろ、バス停前のホテルのレストランでも良かったかなあ。

 そのホテルのロビーに戻って、バスが来るまで休憩です。
 カウンターで、バスのチケットも買ってしまいましょう。
Img_3749
 バス停の標柱は木で出来ているね。
 街角に今、溢れている南の島の空気、だよ。

 バスは、市内をぐるぐる回って、お客さんを拾って行きます。
 同じ場所を2回通ったりするもん。
 空港までは、結構な距離が有りました。

 途中、海辺に立派なホテルが見えて、友人が興味を示していたけれど。
 あれって、マルエーが経営している、山羊島ホテルですよお。
 最初の予定では、あそこでお風呂に入って、ご飯を食べる筈だったんです。
 でも、フェリーの遅れとVNLのフライト時間の関係で、そのプランは実行不可能になってしまい。
 私1人だったら、全然大丈夫だったんだけどな。

 友人の成田行きVNLは14:00。
 私の羽田行きJALは15:25。
 ここからは別々のフライトです。
 私はJALにしか乗らない人なんだもん。
 先に帰られてしまうのは悔しいけれど、スクフェスのイベントの締め切りが15:00なので、都合が良いと言えば良いかもしれません。
 さくっと友人を見送ります。
 LCCであるVNLがどっさり遅れていたり、いっそ欠航したら楽しいのですが(こら)、そんなことは全然無くって。
 ココロの位置をずらして聞いた、夢が壊れる苦い響き(^^;。

 展望デッキに出て、自衛隊のヘリコプターが次々と飛来する中、VNLと続行のRACを眺めます。
Img_3758
 ちっこいRACの機材が、VNLと全く同じ動きで滑走路へと向かうのが楽しかったです。
 対岸には、懐かしい喜界島が見えています。
Img_3762
 程無く、両機は雲の中へと消えて行って。

 私のJALも、定刻でした。
 羽田への着陸前には、富士山がくっきりと見えて、富士山を眺めながらスタートした船旅を、富士山を眺めながら締め括ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.13

小樽編

03/19
 この旅も、特に何もしていないのです。
 本当、何をしに北海道まで行っているのやら。
 珍しく連休だったので、今思えば、フェリーに乗れば良かったけれど。
 JALのダイナミックパッケージの予約期限の頃、もう超絶忙しくって、日付が変わるぎりぎりに、テキトーに予約したのが定番の北海道だったとゆー。

 しかも、前日のお仕事でトラブルが発生!。
 いえ、トラブルが発生したのは別のチームなのですが、私がそちらのフォローに回っていたら、いつまで経っても解放して貰えず。
 とうとう日付が変わって、終電を逃してしまって。
 ぎゃあ(^^;。

 翌日は、羽田07:30のフライトなのにい。
 まさかこんなことになるとは、思ってもいませんでした。
 思ってはいませんでしたけど、念の為、必要なチケットだけは持って来ていたので…。
 お泊りセットは、常に会社に常備して有ります。
 取り敢えず、出発は出来そう…。
 勝っているのか負けているのか、あんまり良く分かりません。

 殆ど眠れないまま、早朝の街をてくてく歩いて、会社の最寄り駅へと。
 同僚の誰かと顔を合わせるのも面倒なので、05:00前には出発です。
 青春18きっぷの2回目に、日付を入れて貰うよ。
 改札のおにーさん、「お気を付けて行ってらっしゃいませ」とにこやかでした。
 優しいのです。

 品川で、開いたばかりのお店で軽食を食べて、京急の連絡改札へ。
 青春18きっぷを見せたら、精算済み票みたいな券をくれて、これとSuicaを組み合わせて改札を通ります。
 すやすや眠りながら、羽田へと。
 何だか、熟睡していた気がします。
 機内でも、やっぱり寝てました。
 それはそうなのです。

 桑園のスーパー銭湯で目を覚まそうとしますが、やっぱり、ぽやぽや。
 買い忘れていた花粉症の薬を補充したかったのですが、北海道では品揃えがあんまり無くって。
 諦めます。
 それから、現金の手持ちが心細かったので、コンビニでお金を下ろそうとするのですが、出来ません。
 地銀の支店を見付けて、ATMを確認しますが、やっぱり無理みたい。
 だって、何処も生体認証のキャッシュカードに対応していないのですもの。
 困った困った。

 イオンで細々としたものを買って、もう、今晩の宿である小樽へ行くことにしちゃいます。
 空いている普通列車で、のんびりと。
 ホテルに到着すると、とにかく眠いので、そのまま寝てしまったのでした。
 温泉にも入らず。
 凄く勿体無いけれど、こればかりはさすがに…。
 明日になったら、本気出すです!。

 そうそう、改札のとき、JR北海道の駅員さんは、皆さん、私の青春18きっぷの日付けをしっかりじっくり確認していました。
 これは、信頼感有って、気持ち良かったです。

 こちらへ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.12

大阪南港からの通勤風景

 四国開発フェリー「おれんじ8」東予-大阪南港、乗船記から続いてます。

02/26
 ニュートラムで、大阪南港を後にします。
 さすがにまだ座れちゃいました。
 住之江公園からは、地下鉄に乗り換えるよ。
 ここも、始発なので座れますねん。
 通勤の人達に混じって、伊丹空港を目指しましょう。
 私も、今日の午後からはお仕事なので、通勤と言えなくも有りません。
 らくらく通勤っ。

 サクララウンジで、アルコールとか飲まないようにしなくっちゃ。
 特に飲みたいとも思いませんけど…(^^;。
 飛行機に乗った後からお仕事なんて、何だかふわふわした、変な気持ち。

 結局、そのまま東梅田まで乗り通してしまいました。
 阪急に乗換えだね。
 地下道を延々と移動すると、凄い人の波なのです。
 皆さん、黙々と歩いて行くよ。
 大手町なんかと、あんまり変わりません。
 東京は、もう少しだけ人が多い感じかしら。
 私はその波に逆らって、ひょこひょこ歩いて行くです。

 阪急の広大なホームに上がって、直近の通勤急行に乗りましょう。
 通勤急行は、モノレール乗り換えの蛍池を通過するみたい。
 豊中で、後続に乗り換えだあ。
 阪急のこととか、あんまり良く分かりません…。
 この列車も、先頭車の方まで歩いて行ったら、座れたよ。

 モノレールで辿り着いた伊丹空港、一応、ファーストクラスのキャンセル待ちを登録しますが、絶対に無理ですよねー。
 クラスJだって無理の筈だもん。
 それはそうなのです。
 そもそも、真ん中席しか指定出来なかったですし。
 お隣りが空席だったのが幸いとゆーか。

 エレベーターで上がる、面白い構造のサクララウンジで、パソコンをいじって過ごします。
 お仕事をしてるように見えるかな…?。

 羽田では、JALカードSuicaの10周年塗装機や、キティちゃん塗装のエバー航空機を見たような気がします。
 もう、いつのことだったか、忘却の彼方で。
 お土産買うのも面倒になって、職場最寄りの駅前のコージーコーナーで、マドレーヌとか調達して。
 これは酷い(^^;。

 そんな感じに、雨の中、会社へと出勤したのでした。
 やっぱり、ふわふわした変な気持ち。
 こういう旅って、出来れば避けたいけれど、連休がなかなか取れないので、どうにも仕方が無いのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.11

小さな旅、中島公園

04/11
 それでは、新千歳空港への往復をします。
 適当に搭乗回数を稼いで、空いていたらファーストクラスに乗って、ホテルでぐっすり眠って。
 ただそれだけが目的なのですよ。
 なので、観光とかグルメとか、そういうことはしなさそう。
 そもそも、実際に出発出来るのかどうかが、最大のポイントなのです。
 今回は、何とか成功しましたあ。
 お仕事、ぎりぎりでしたけど…。

 モノレールで羽田空港まで行ってみたら、ファーストクラスはがらがらで。
 すかさず変更だね。
 専用レーンを通過すると、随分と丁寧に応対されちゃいました。
 今回、ファーストクラスにしたのは、お腹が空いたからで…。
 新日本海フェリーのグリルもそうなのですが、普段は自分から進んで食べないものが食べられるのは、かなり新鮮な体験だったりします。

 今日のCAさん、アナウンスがすっごくお上手な方が居たっけ。
 お歳はそこそこみたいなのですが、凄く心地良い声なの。
 アニメとか、出てみませんかあ?。
 ファンになっちゃいます!。

 何故か、食事の準備がちょっと遅くなって、うつらうつらしていたところで、声を掛けられました。
 ご飯ー。
Img_4036_2
 シーフードが美味しいのです。
 食後のコーヒーをおかわりしたら、もう着陸の準備に入って。
 コーヒーカップの回収を忘れられてしまったので、着陸のときは、空のカップとソーサーを手で持っていました(笑)。
 着陸の衝撃で吹っ飛んだりしたら、困りますもの(私が)。
 でも、そんな心配は要らない位、ふんわりと着陸したよ。

 今日のホテルは中島公園なので、空港からはバスで直接行くことにしましょう。
 補助席を使う位に満席なバスで、中島公園まで。
 雨は何とか上がったみたい。
 すぐにホテルへチェックインして、そのまま寝てしまいます。
 とにかく、眠くて仕方無かったのですもん。
 明日も、ネカフェでずっと寝てようかと…。
 こら。

 こちらに続いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.10

北広島編

03/22
 JALのすご得を利用した、1泊2日の小さな旅。
 今回は北広島に泊まります。
 03/10に予定していた旅に、再チャレンジだよ。
 前回は、往路便の欠航で、中止になってしまった旅。
 あ、そう言えば、その旅のクーポン類、まだJALに返送していなくって、メッセージボードで催促されていたのでした。

 午前中は会社でお仕事をして、昼下がりの新千歳行きに搭乗します。
 もう良く覚えていないのですが、きっと寝ていたんじゃないかと…。
 他にすること無いですもん。

 北広島駅からの送迎バス、15時台は間に合いそうに無いので、次の17時台に乗ることにして、空港内で時間調整だね。
 お土産を選んだり。
 ご飯を食べたり。
 快速「エアポート」で、北広島へと移動したのでした。

 それでも、まだ、時間を持て余しちゃいます。
 北広島の駅構内、駅前をうろうろお散歩。
Img_3998
 羊ヶ丘展望台には、実はまだ行ったことが有りません…。
Img_3999
 どうして、ここにクラーク像のサインが有るんだろ…?。
 駅前に見覚えが有るのは、以前、わざわざ下車したことが有るからなのでした。
 私は、中央バスの路線図と時刻表をチェックしたりして。
 程無くやって来たマイクロバスには、従業員さんらしい年配の方が何人か乗って。
 ホテルまで連れて行って貰ったのでした。

 お部屋は広々としていて、見晴らしもいいよ。
 フィットネスの利用券を貰ったものの、使い道が…。
 でっかいベッドを見ていたら、そのまま居眠りしちゃいます。

 あ、まずい。
 お風呂には入っておきたいよね。
 大浴場へ行って、露天風呂に入ったのでした。
 結構、大勢の人達が来ていたよ。
 フィットネスのコーナーも、人気でしたし。

03/23
 その後私は、またベッドで居眠りしてしまい、気付いたら04:00だったりとかします。
 慌てて、本格的に寝なおして。
 07:00過ぎには、バイキングのご飯。
 お風呂の時間を勘違いしていて、10:00までかと思ったら、09:00だったりとかします。
 慌てて、15分だけ入ったのでした。
 余裕無いねえ。
 ホテル内のあちこちで、何やらテレビの撮影をしていたっけ。

 送迎バスで北広島の駅前に戻り、混んだ快速は避けて、がらがらの普通列車に。
 青春18きっぷを使い始めます。
 特に行きたい場所も無いのですよねー。
 ローソンでシュシュを購入したら、手持ち無沙汰。

 岩見沢まで行って、室蘭本線で苫小牧へ出てみます。
 キハ40はがらがらだあ。
 苫小牧から、また札幌へ戻ろうと思いつつ、列車は1時間近く有りません。
 ドンキで時間を潰して、何となく新千歳空港へ逆戻り。
 もう、札幌へ戻るのも面倒になって、そのまま温泉に入って、21:20の最終の東京便に乗ったのでした。
 実は、この03/19にも新千歳に来ていたので、前後がごっちゃになって、記憶がかなり曖昧になっていたりします…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.04.09

急行「はまなす」と最後の711系の旅

03/02
 この旅では、会社が終わった後の夜に出発して、翌日の夜に帰って来ました。
 やっぱり24時間の旅なのです。
 連休が欲しいなあ…。

 行きは、特便割引1で、青森までのJALを確保しました。
 帰りは、特便割引3だと札幌よりもお安かった、旭川にしてみたです。
 旭川なら、711系に乗れますね。
 そんな感じで決まった旅。
 今回は、シルバーフェリーよりも、急行「はまなす」を選択なのです。

 青森までのフライトは、最終でも間に合いそうな感じでしたが、無理はせず、1本前を採用したよ。
 当日は、悪天候により条件が付いていましたが、特に問題は無く、小雪の青森に到着なのです。
 機内では、やっぱり熟睡。
 最近、機内で全くドリンクを貰っていません…。

 空港からは、JRバス東北で駅まで。
 窓から見える景色、青森は本当に雪深くって。
 しんしんと降り積もっているイメージですもの。
 駅前を歩くと、水っぽい雪で、びしょびしょになっちゃいました。

 まずは窓口へ行って、札幌までの急行「はまなす」B寝台券を購入します。
 久しぶりの一般寝台、わくわくするね。
 入線時間まで、エキナカの喫茶店でご飯を食べて、カフェラテを飲んで時間潰し。
 ちなみに私は、冬でもアイス派なのですよ。

 程無く、DE10に牽引されて、「はまなす」が入線して来ました。
Img_3852
 機関車から最後尾まで、ホームを歩いて編成を確認しましょう。
 スハフ14が1両、電源車代用になっているね。
Img_3856
 お隣のホームには、「トワイライエクスプレス」が停車中。
 「トワイライエクスプレス」を見るのも、もうこれが最後かもしれません。
 なんて思いつつ、結構、道内で巡り会ったりするのですよね。

 私はベッドメイクを済ませて、さくっと寝てしまうことにします。
 向かいのベッドには、お父さんにお見送りされたおねーさんが来て、でっかいスーツケースの置き場に困ってます。
 いいですよー、そのへんに置いちゃって下さい。
 車内改札も、停車中に完了っ。
Img_3858
 やー。
 熟睡したです。
 青函トンネルも、函館での折り返しも、全く分かりませんでしたもの。
 南千歳到着前、おはよう放送の直前に目を覚ましたです。
 定刻ですって。
 さくっとシーツを畳みます。

 それはいいのですが、向かいのベッドのおねーさん、全然起きて来なくって。
 新札幌を出ても、生体反応が全く無く。
 …生きてますかあ?。
 そうこうするうち、白石を通過して、さすがに叩き起こそうとしたら、ようやく起きた気配が。
 呑気な人だあ(^^;。

03/02
 急行「はまなす」を降り、こんな時間に札幌に居ても仕方無いので、快速「エアポート」に乗り換えて、新千歳空港へ行きましょう。
 温泉に入るー。
 ネカフェとどちらにするか迷ったのですが、やっぱり、シャワーよりも温泉がいいですものね。
 その前に、札幌の改札で、青春18きっぷの1枚目に日付を入れて貰って、と。

 新千歳空港温泉で、早朝からゆったりお風呂に浸かって、幸せな気持ち。
 空港内でご飯も食べて、北海道の旅を進めます。
 そうそう、雪ミクスカイタウンの充実ぶりには、びっくりしたよ。
 凄く、雪ミクだらけ。
Img_3862
 とは言うものの、旭川まで行く普通列車は限られてしまうので、札幌市内でお買い物をしたり、ご飯を食べたりして、のんぴり過ごします。
 桑園のホームで、約40分遅れの「北斗星」の回送が、駆け抜けて行くのを眺めます。
 それでも時間を持て余して、結局ネカフェに退避したのでした。

 快速「いしかりライナー」で岩見沢まで出て、旭川行きに乗り換え。
 ここから、117系なのです。
 先頭車には、引退記念のヘッドマークが飾られていました。
 カメラを持った人達が、何人か居たよ。
 皆さん、途中駅でも乗り降りをしていて、上下の117系を追い掛けているみたい。
Img_3869
 車内は空いているので、のんびりとボックスシートに座っていました。
 いつも通りに、茶志内で何分か停まったので、ホームをお散歩。
 「サロベツ」に抜かれます。
 …確か「サロベツ」だった筈(^^;。

 何だか、あっという間に旭川に着いちゃいました。
 これで、117系とはお別れだね。
 私は、オリジナルの旧塗装が好きでした。
 歴史を感じてしまいます。
 旭川のホームでも、117系は大人気だったよ。

 待ち合わせは、約2時間。
 旭川の広々とした駅を歩いて、お土産を選んで。
 それでも時間が余るので、ご飯を食べられるお店を探して、周辺をうろうろします。
 駅前のイオンも、もうすぐオープンなのですねー。
 デパート内とかも歩きますが、入りたくなるようなお店は無くって、結局、ファーストフードのお店になったのでした。
 北海道の味覚、全然満喫してないような。

 空港行きのバスは、それ程の混雑では無く、一安心。
 旭川空港まで、結構時間がかかりますもの。
 途中、自動車の事故現場で徐行したりしつつ…。

 旭川空港では、展望台に出てANA機を眺めたりして、ちょっとだけ遅れのJALで帰ったのでした。
 空港からは、いつも通りに、船橋駅行きのバスを採用です。
 3月は、この後も何回か、北海道行きが続きまあす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.04.08

万座・鹿沢口へ、メランコリーの雨みたい

04/07
 本当は、今日から3連休。
 「いずみ」と「フェリーこうべ」を乗りに行くつもりだったのですが…。
 同僚に不幸が有って、お休みはキャンセルになってしまったのでした。
 しょーがないね。
 信じるものが見えてるから。
 平気だから。
 今回、事前の予約は一切していなかったので、キャンセル料は発生しません。
 何だか、嫌な予感がしていたので…。

 1日だけのお休み、有効活用しなくっちゃ、ね。
 手元には、青春18きっぷの、最後の1枚が残っています。
 片道だけ空路を利用して、長距離の移動をしようかなー。
 実際に予約もしたものの、翌朝起きられそうに無いので、結局キャンセルして。

 起きたのは、09:10頃だったです。
 今から支度をして、行けそうなところは…。
 そだ、吾妻線!。
 ダム建設で線路が付け替えになった、岩島から長野原草津口まで、未だに未乗でしたもの。
 10:30に家を出発すれば、丁度いい感じの接続が有るです。
 わい。

 秋葉原までは定期券を使って、C&Cでカレーを食べてから、18きっぷの旅を始めましょう。
 5回目、最後に、秋葉原駅のスタンプが入鋏されたよ。
 オーソドックスに、上野まで出て、高崎行きの普通列車を捕まえて。
 モバイルSuicaからグリーン券を購入して、1階席に座ります。
 車内では、ごそごそパソコンをいじりつつ。
 ここは個室みたいな感じなので、空いているなら、内職には丁度いいよ。
 でも、尾久から大宮までの利用者さんが居て、びっくりしたり。
 意外と、通り抜けて行く方が多かったりもして。

 雨が降り出した高崎では、16分の待ち合わせで、吾妻線の接続が有ります。
 早めにホームには降りたものの、がらがらみたい。
 しかも、業務放送で「所定115系を107系に変更」するって。
 横川で車両故障が有った関係での、運用変更みたい。
 編成も、1両長くなりますね。
 結局、発車時間ぎりぎりに、小山の方向幕のままで入線した来たです。
Img_4023
 手動で開ける107系の扉は、とっても重く感じたり。
 椅子からの暖房も、結構強力。
 路線図は、首都圏地区のものをそのまま貼って有りますね。
 吾妻線が載ってない…。
 それはいいのですが、車内、なんだかおしっこの匂いが…。
 皆さん、座ってから気が付いて、思わず自分のシートを確認して。
 私もです。
 結局、別の車両に逃げ出しました(^^;。
Img_4024
 途中の駅では、ホームに下りて、交換する115系や651系を眺めて。
 のんびりなのです。
 ローカル線はいいですね。

 雨の中、桜が満開だあ。
 遠くに、凄く立派な高架線が見えて来て、あれが新線なのかなあ。
 いや、あれ、上越新幹線でしょお。
 さすがに立派過ぎだもん。

 新線区間は、しっかり景色を眺めます。
 まあ、両端に立派なコンクリートの橋が有って、後は殆どトンネルばかり。
 それより、廃止された旧線の佇まいが、雰囲気出まくりなのでした。
 分岐していく辺りしか、見えませんけどねー。

 15;21には長野原草津口に到着です。
 草津温泉への、JRバスの接続が案内されますが、温泉に入っている時間は無いので…。
 川の向こうに、トヨタレンタリースの営業所が見えます。
 ここで降りても何も無いので、終点の万座・鹿沢口まで行ってしまいましょう。
 まあ、万座・鹿沢口まで行っても、やっぱり何も有りませんけど…。
 結局、改札口も出ず、車内で過ごしちゃいました。

 さあ、帰りますかあ。
 このまま戻ると、上野東京ライン、高崎17:59発の沼津行きに乗れます。
 折角だから、沼津まで行っちゃおうかなあ。
 でも、調べて見ると、沼津到着は22:20とかになって、何と、小田原にすら戻れないのでした…。
 今更ながら、上野東京ラインの、その長距離さを実感です。
 下手な特急よりも長距離なんだもん。

 それじゃあ、大船まで行って、総武線直通で帰ろうかなあ。
 もう、楽して寝て帰ることしか考えていません。

 高崎では、たかべんのはろうきてぃだるま弁当と、ワンカップを購入。
 なんですか、この組み合わせ。
 売店のおじさんも、不思議そうにしてました。
Img_4033
 お弁当は、ぴんくの巾着に入っていますよん。
 私は味覚がお子ちゃまなので、高崎では、必ずこのはろうきてぃだるま弁当を買います。
 美味しいよ。
Img_4035
 はい、可愛い。
 いえ、絶対変ですよ…、この組み合わせ…。

 信越本線の車両故障の影響はまだ続いていて、18:10の大前行きは、高崎から新前橋まで運休なのですって。
 何気にこれって、帰る人には厳しいのではないかと…。

 帰りもグリーン車にしましょうかあ。
 駅弁を食べなきゃ、ですし。
 今回、初めて、グリーン車の車内販売を使ってみました。
 何故かSuicaを使えず、現金払い。
 おねーさん、電卓で計算してましたし、端末の故障なのかしら…。

 籠原で増結した後ろ5両は、途中の熱海で切り離しになります、なんて律儀な車内放送が流れていました。
 グリーン車内、大宮を過ぎても赤羽を過ぎても、乗って来る人は全然増えません。
 さすがにこの辺りだと、東海道本線方面への通勤利用は無いのかしら。
 きっと、上野で沢山乗って来るのでしょうね。
 増えませんでした。
 …あれれ?。
 まあ、もう20:00を過ぎてますから。

 さすがに、東京からはグリーン車も満席になって。
 お酒を飲んでいる方が大多数。
 大人の時間なのです(笑)。
 川崎で、早くも何人かが降りられて、びっくりしたり。
 皆さん、凄い使い方をされるんだなあ。
 横浜では、半分の方が降りられました。

 さあ、私も適当なところまで行って、総武快速で帰りましょう。
 あんまり深入りし過ぎないように、気を付けなくっちゃ。
 今日はずっと雨でしたが、ぎりぎり傘をささずに済みました。
 ちなみに、一度も改札の外に出ていません…。
 明日からのお仕事、面倒だなあ。
 元々がお休みの予定だっただけに。
 何となく可笑しくて、それだけ辛い…。

 でも、この週末には、また北海道弾丸ツアーの予定が有るのでっ。
 頑張らなくっちゃ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.07

オレンジフェリーに乗りましょう

02/25
 おれんじ会も3年目なのですが、会員になってから、実は1度もオレンジフェリーには乗船出来ていなくって。
 これは…。
 何とかしなきゃ!(^^;。

 てことで決まった今回の旅、当日は昼までお仕事、翌日は昼からお仕事。
 手持ち時間は、丁度24時間です。
 フェリー乗船の他に、どんなことが出来るかな…?。
 わくわく。
 ワンナイトのフェリーの中でも、ここの航路は特に出航が遅くて入港が早いので、利便性は高いのです。
 関西に住んでいたなら、愛用しちゃうのにな。

 トラブル無くお仕事を終えて、会社から羽田空港に直行します。
 本当、何事も起きないか、神様にお祈りしてましたよお。
 それより、高円寺の窓口で乗車券を買おうとしたら、前に居たおばーちゃんの話が長くって、なかなか列が進みません。
 これは困った。
 時間、ぎりぎりになっちゃいました。
 JR東日本旅行券の消化をしようとすると、凄く大変なんです…。

 空港では、ちょっとだけラウンジに寄って、15分前に搭乗口へ行くと…。
 「あと1名様をお待ちしていまーす」。
 えっ。
 それって私…?、私だよね。
 一度、搭乗口の前を素通りしてみたり(^^;。
 時間を確認すると、やっぱり15分前です。
 皆さん、早過ぎ。
 てゆーか、がらがらだからなのでしょうけど。
 私がICをタッチして通過すると、ぴろりろりーん、とファンファーレ(?)が鳴り響いて。
 イースⅡの、宝箱のBGMみたい…。
 あ、やっぱり、私が最後なんだ。

 機内では、ひたすら居眠りをして、岡山空港に到着です。
 満員の岡電バスで、岡山駅まで移動するよ。
 予定よりも、若干早く着いた感じかなあ。
 券売機で、多度津までの自由席特急券を買うです。
Img_3828
 買ってから気付いたのですが、特急に乗るよりも、マリンライナーのグリーン車の方が楽しかったよね。
 あらら。

 自由席には余裕が有って、景色をのんびり眺めつつ。
 久しぶりの瀬戸大橋を渡ったのでした。
Img_3824_2
 連結の様子を観察したりしたよ。
 ホームの真ん中にICのアンテナが有るのって、面白いね。
Img_3822
 宇多津から観音寺まで、お弁当や飲み物の車内販売が有るって放送が流れて、びっくりしたり。
 応援の為にも買ってあげたいのですが、私の乗車区間とははずれてしまうので…。
 残念だったな。
 こんな短区間なのが不思議な感じ。

 多度津から普通列車に乗り換えて、津島ノ宮を眺めて、高瀬に到着だあ。
 ん、前回から、全然変わってないね。
 集札や改札をしていないのも一緒。
 窓口で、青春18きっぷの常備券を2冊購入して。
 もう一度、確認の為に聞いてみましたが、やっぱり、常備券の購入にクレジットカードは使えないそうです。

 さあて、さくさく進みますよお。
 20分後の電車で、観音寺へ行きます。
Img_3834
 観音寺は、ふたつのアニメの舞台になった街なのです。
 「瀬戸の花嫁」と「結城友奈は勇者である」。
 今回は、後者の舞台になった、うどん屋さんで、ご飯を食べることにしたです。
 歩いて、20分位かな…。
Img_3830
 いい感じのお店なのです。
 注文の仕方とかは、事前に予習済み。
 ちくわ天が品切れしてるって言われて、オーダーをやり直したり。
 そして何故か、壁に書かれたお品書きを見て、ぴくっと反応しちゃった。
 「しょうゆかけ」。
 単純に、「ゆか」っていう部分を認知したせいだあ(^^;。
 器用なのです。

 この後は、作中に出て来た橋に行きたかったけれど、あっついし、雨も降りそうで。
 もう、丹生川まで行ってしまいましょう。
 伊予西条の接続も良く、順調に丹生川に到着。
 とうとう、雨が本降りになっちゃいました。

 ちなみに、高円寺で乗車券を買ったとき、窓口のおにーさんは丹生川を時刻表で見付けられず、私に読み方を聞いて来たです。
 「にゅうがわ」ですよー。
 えっへん。
 って、すいません、私も実は、最近まで読めていませんでした(^^;。

 それでは、四国開発フェリー「おれんじ8」東予-大阪南港、乗船記に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.06

冬がくれた予感と近況報告

 全くここの更新をしていませんでしたが、私は元気です。
 すっかり、怠け癖が付いてしまって…。
 なかなか元には戻りません。
 花粉症も酷いのですが、これは毎年のことなので、あまり影響は無い感じ…?。

 2月は無事、オレンジフェリーに乗れて、青春18きっぷの消化も順調で。
 急行「はまなす」に乗ったり、JALのすご得で北海道へ行ったり。
 少しずつ、記事にして行きたいと思います。
 まずは、「飛龍21」を何とかしないと…(^^;。

 ひな祭りのちゅんちゅんケーキ。
 正式には、ことりのむーすけーきなのですよ。
 ちゅんちゅん♪。
Img_3889
 一緒に写っているのは、頂き物の京成3300形引退記念の切符です。
 京成は、私の地元の路線ですものね。
 地味な通勤車両の引退でしたが、メディアでも結構取り上げられていたみたい。
 残念ながら、ラストランはお仕事で見に行けませんでした。
Img_3893
 京成と言えば、人身事故で東中山発着の普通列車が走っていたので、写真を撮ったよ。
 その昔は、船橋対策で、東中山折り返しの急行が、何本か設定されてましたよねー。

 03/10には、またまた大雪での欠航に見舞われて、北海道旅行が中止になってしまいました。
 今年になって、早くも2回目。
 当日、運航状況を見ていたら、羽田11:00の新千歳行きが、着陸出来ずに引き返しになっていて。
 ANAも同様でした。
 本当に、天候が急変したのですね。
Img_3890
 早くから欠航を決めてくれれば、私も家に帰ったのですが、何故か私の搭乗予定の便とその次の便だけが、天候調査中のまんまで。
 前後は全て欠航なのにい。
 仕方無いので、念の為に羽田空港までは行きました。
 北ウイングは人だらけなのに、セキュリティチェックはがらがらっていう、不思議な光景。
 暫く待機していましたが、やはり欠航が決定して。

 あらら。
 モノレールの25マイルを貰いに来ただけみたいな感じになっちゃいました。
 カウンターで払い戻しの手続きをするのも大変なので、サイトのメッセージボードに書き込みをしたら、すぐに受付完了の返事が届いて。
 はやっ。
 バスで船橋に帰ったのでした。

 そして、3/23には、北海道の大通り献血ルームで、献血回数が200回に達したです。
 ぱちぱち。
 旅先ですが、記念品を貰ったよ。
 これで、3つめ。
Img_4000
 中身は何か、分かりますかあ?。
 箱でっか。

 一緒に写っているのは、ローソンで買った、ラブライブ!2年生組のグッズ。
 シュシュなのですよー。
 ブレスレットとして、腕に巻きます。
 勿論、髪がロングの方は、髪留めに使って下さいね。
 それが本来の使い方なのでっ。

 次の旅は、そろそろ、阪九フェリー「いずみ」に乗らなくっちゃ、なのです。
 もうすぐ、「ひびき」も、デビューしちゃいますよお。
 一応、今日からお出かけ予定なのですが、同僚に不幸が有ったらしくって。
 わわわ、18きっぷ、消化出来るかなあ。
 躊躇って、戸惑って、まだ決められない…。
 早く決めなきゃ、だけれど。
 凄く、臆病になった私なのです。

 あ、取り敢えず、1日500通ペースな迷惑コメントは、何とか削除に成功したです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.05

北陸新幹線開業一番列車からの旅

03/14
 早起きして、東京へと向かいます。
 その前に、船橋駅の指定席券売機で、えきねっとの受け取りをしようとしたのですが、開始時間まであと数分っていうタイミングで、取扱不可だったりして。
 帰りの指定券の受け取りが出来ませんでした。
 まあ、現地で何とかなるでしょう。
 駄目だったら、ネットから、先の日付に変更しちゃえばいいんですものね。
 どーにでもなります。

 秋葉原で一旦改札を出て、ホームへ戻ると、上野東京ラインの電車が駆け抜けていきました。
 先頭車は、人だらけ。
 こちらも、本日開業なのですよね。
 あ、しまった。
 もっと早起きして、上野東京ラインにも乗れば良かったにゃあ。

 東京の行き先案内には、東北常磐高崎方面の行き先がずらっと並んでいて、ちょっとした感動なのです。
 これは凄い!。
 熱海から黒磯まで、乗り通してみたくなっちゃいます。

 そして、新幹線乗り場には、勿論「長野経由金沢行」の表示が有るです。
 車内放送でも、「長野経由金沢行」って律儀に案内されます。
 これは、分かりやすくていいですね。
 ただ、長野県って、長野新幹線の名前を残せとごねたり、リニアの経路を捻じ曲げようとしたり、いい印象が全く有りません。
 中央本線の、いわゆる大八回りも、長野県ですし…。
 鉄道に関しては、長野県が嫌いになっちゃいそう。
 県内がJR3社に細切れ分割されてしまった、気の毒な県では有るのですけど。

 それはさておき、新幹線ホームは人だらけ。
 こんな時間なのに、凄いのです。
 逆に、東海道新幹線のホームはがらがらで、手持ち無沙汰なJR東海の駅員さんが、こっちの様子を眺めていたりして。
 東海道新幹線も、今日から285キロ運転が始まって、セレモニーが有ったりしたそうですね。

 今回私は、北陸新幹線開業初日の、東京発1番列車に乗ることが出来ました。
 06:18発の「かがやき501」号。
 1ヵ月前発売の時点では、長野始発の指定券しか取れず、前日に長野に入って、1泊する予定だったのですが…。
 前々日のお昼過ぎ、えきねっとをチェックしたら、全列車に空席が出ていたので、急いで確保したのでした。
 特に座席の指定はしませんでしたが、ちゃんと窓側だったという強運ぶりで。
 わい。

 指定された2号車の前へ行くと、ここで出発式が行われるらしく、人だらけなのです。
 先頭車では無く、最後尾で出発式なのですかあ。
Img_3896
 1号車へは、2号車の車内からしか行けず、後続の「はやぶさ」の待機列が形成されています。
 車内から、出発式の様子が見れるかと思ったら、車内も人だらけで、何が何だか分からないまま、いつの間にか発車していたという…。
 約1分遅れ。

 上野を出ると、車掌さんの肉声放送で、開業一番列車との挨拶が有って、最速2時間28分で東京と金沢を結びます、というアピールもしっかり有って、一安心なのです。
 東北新幹線新青森開業のときも、東京発一番列車に乗りましたが、そのときの塩対応とはえらい違い。
 新青森まで、全く何も触れませんでしたもの(^^;。
 ちなみに、長野で交代したJR西日本の車掌さんは、更に気合が入ってましたです。

 今回は、注目度も違いますしねー。
 上野を出ると、沿線からは大人気で、写真を撮る人、マンションの窓から手を振る人、お祝いの紙を掲げる人、歓迎ぶりが凄いのです。
 並走する埼京線のホームも、写真を撮る人達でいっぱいだったです。
 車両には、特別な装飾は一切無いのですが…。

 私はですね、それよりも、窓から見えたさいたまスーパーアリーナを見て、感慨に耽ったりしてました。
 02/01のラブライブ!では、あちらが人だらけだったですもん。
 会場から外に出るのに15分、駅に着いてから改札を通るまでにも15分かかったですし。
 今日は、ランニングをしている人が1人居るだけ…。

 大宮でほぼ満席になり、次の停車駅は長野です。
 高崎を通過する特急列車に乗るのは、181系時代の「とき」以来なのですよー。
 …旧過ぎですってば。
 ちびっこだった私は、高崎で駅弁を買って貰うのを楽しみにしていたのに、何と通過してしまって、大泣きした記憶が…(^^;。

 車内放送では、グリーン車とグランクラスの見学はお断りしています、との放送が繰り返し流れて。
 開業列車ならでは、でしょうか。
 車内販売のワゴンは、ちゃんと回って来ました。
 売れ行きいいです。
 お巡りさんも2人1組で巡回していますが、腕章を見たら、石川県警の方でした。
 乗務員さんとは違って、途中での交代とかはしないみたい。

 長野では、在来線の接続を待って、約5分遅れになるとのこと。
 実際には、3分遅れでの発車となりました。
 ここからは、結構トンネルが多くなります。
 携帯の電波も途切れがち。
 でも、各座席に個別のコンセントが有るのは、凄く便利で。
 飛行機よりも、ずっと良いのです。
 座席だってゆったりですし。

 いよいよ新線区間に入りますが、スピード速過ぎなので、各駅の様子は良く分かりませんでした。
 長野県と新潟県の各駅では、特に人出が多いっていう印象は無かったです。
 東北新幹線や山形新幹線では、ホームで歓迎行事が行われていましたが、混乱を避ける為か、北陸新幹線ではホームを使用してのイベントは行わないみたいです。
 トンネルをいくつも抜けて、目の前に日本海が広がったときには、なかなか感慨深いものが有りました。
 立山連峰の車窓案内も流れ、車内の皆さん、右に左に大忙しです。

 富山が近付くと、これは凄い!。
 線路近くのマンションの窓から、沢山の人達が手を振ってくれていて。
 こちらも、手を振り返します。
 ホームも人だらけ。
 金沢でも全く同様で、マンションの窓から、本当に沢山の人達が顔を出していました。
 上空には2機のヘリコプターが飛び、車掌さんの放送は「開業一番列車に皆様とご一緒出来たことを嬉しく思います」と締め括られ、ぱちぱちと拍手がわき起こる中、08:46過ぎ、長野の遅れをそのまま持ち越して、金沢到着となりました。
Img_3901
 ホームは人だらけで、歩くのもままなりません。
 取り敢えず1両ぶん歩いたところで、いきなり声を掛けられます。
 わ、にむさん?。
 びっくりなのです。
 いえ、長野発の一番列車に乗られているとのことで、お会い出来るような予感はしていましたが、この混雑の中、到着した1分後にエンカウントするなんて…。
 びっくりしたです。
 お土産まで頂いてしまって、ありがとうございます。

 取り敢えず、改札の外に出て、指定席券売機で帰りの指定券の引取りを…。
 北陸新幹線の各駅でも、えきねっと発券の引取りが出来るようになりました。
 それはいいのですが、金沢駅は凄い人出で、どうも外に出れる気がしません(^^;。
 改札の中も外も、こんななのですもの。
Img_3903
 まあ、一応、少しずつ動いてはいるので…。

 出口では、記念に指定券を持ち帰りたい人専用の改札口が有って、スタンプを押して貰います。
 改札の外でお土産を頂いて。
Img_3991
 紅白のおまんじゅうとか入っていました。
 嬉しいのです。
Img_3993
 帰宅してから食べたら、美味しかったよ。

 さあて、指定券も確保出来ましたし、私は東京へ帰りますかあ。
 ちょっ…(^^;。
 にむさんとは、出会って10分でお別れ。
 前回もこんなでしたよね。
 …そのうち、ゆっくりお食事でも(^^;。
 にむさんは、佐渡汽船のホーバーのお見送りに行くそうです。
 今日は、金沢のホテルは全て満室だとか。

 私は、折り返しの「はくたか」に乗りますよー。
 取り敢えず、自由席で富山まで行きます。
 富山の様子も見たいですし。
 指定席は満席なのに、自由席はがらがらで、ちょっと拍子抜け。
 ゆっくり駅弁を広げたのでした。
 朝から、何も食べてないのですよー。
Img_3905
 利家弁当、ですって。

 そうそう、北陸地区では、サービスでタイフォンを鳴らしての発車をしていて、これはなかなかの演出だと思ったです。
 アニメとかでは良く有りますが、実際には、新幹線のタイフォンを聞く機会って、そんなに有りませんものね。

 富山では、コンコースで風の盆の踊りを見学したりして過ごします。
Img_3907
 ホームから外を覗いてみたら、地鉄の市内線が駅の直下へ乗り入れているのが見えて。
 あ、延長開業したの、すっかり忘れてたあ!。
 最近、チェックがゆるゆるなのですよねー。
 在来線の高架工事も進んでいますが、「ひだ」も貨物の通過も、全て1面2線で賄うのでしょうか…?。
Img_3908
 何気にショック。

 富山からは、指定席だけ満席の「かがやき508」号で。
 各駅の接近チャイムは、鉄道唱歌チャイムのアレンジです。
 車内チャイムは、F編成が上越、W編成がいい日旅立ちで固定されていました。
 そんな感じに、東京には12:44着。
 東京駅にも、指定券を記念に持ち帰りたい人用改札口が有りました。
 こちらでは、無効スタンプを押すのは諦めたらしく、見せるだけでそのまま通して貰えたです。

 てことで、これが、今回使った切符です。
Img_3992
 ナイアガラのスタンプと硬券は、機関士さんの制帽を被ったおじいちゃんが、車内で配っていて。
 えっ、あのナイアガラ?。
 聞いてみたら、ご本人だったです。
 そして何故か、3/14と3/15、2日分の指定券が…。
 何と!、2日続けて1往復したのでした。
 えっへん。
 取り敢えず、今日は午後からお仕事なのだあ。
 北陸新幹線の速さを、実感出来ちゃいますね。

 まあ、別に休暇を取っても良かったのですけどねー。
 午前中に北陸新幹線を往復してからのお仕事って、ネタ的に美味しいじゃないですかあ(笑)。
 社内的にも、転勤先で鉄道マニアぶりと真面目ぶりをアピール出来るっていう、せこい計算も有ったりします。
 北海道新幹線函館開業のときは、お休みを取りますからねえ。

03/15
 昨日は、お仕事から帰ると日付が変わっていて、さすがにぐったり。
 早起きは出来ませんでした。
 家でごろごろしてようかと思いつつ、やっぱり開業直後の雰囲気を味わいたくて、お出かけすることにします。
 西船橋の窓口で、東京09:44発の「はくたか557」号のグランクラスを購入。
 びゅう旅行券も消化しなくっちゃ。
 キャンペーンのボールペンを貰ったです。
 ただ、グランクラス料金12,340円は、正直お高いと思いますし、一度体験したら、わざわざ乗る価値はあまり無いかと…。
 JALの国内線ファーストクラス8,000円と比べても、サービスレベルにはかなりの差が有りますもん。

 それはともかく。
 行きはもう、指定席は空席多数ですね。
 グランクラスだけは、ほぼ満席。
 帰りはさすがに、全て満席です。
 スマホからえきねっとをチェックしつつ、少しずつ少しずつ、乗車列車を早めてみたり。

 東京駅は、今日も北陸新幹線が完全に主役です。
 抜群の注目度だよ。
 この勢いを、関連する行政や企業は集客に結び付けないと、ですね。
Img_3915
 Dコック、ちゅんちゅん。
 折り返しはやっぱり厳しく、扉が開いたのは、発車の3分前でした。

 グランクラスでは、和軽食と日本酒をオーダーして、食後にアイスコーヒーをお願いしました。
Img_3918
 一年を通してアイスコーヒーがオーダー出来るのは、いいですね。
Img_3920
 グランクラスは窓が小さいので、通路側の席になってしまうと、景色を眺めるのはほぼ絶望的なのです。
 今日の私が、まさにそれで。
 トランヴェールの記事が面白かったので、お持ち帰り。

 上越妙高では、後続の「かがやき」の通過待ちとのことで、ホームに下りて、扉の外側を通過して行く「かがやき」を眺めます。
 やっぱり速いなあ。
 ホームでは、沢山の人達が写真を撮っていました。

 私は、12:04の糸魚川で降りますよー。
 コンコースには、歓迎のキャラバン隊の皆さん。
 ゆるキャラとゆーには、ちょっとキモいコが混じってますけど…。
Img_3924
 台湾のさくらえびとはえらい違いなのです。

 早速、駅前の様子を観察するです。
 イベントコーナーを見て歩きますが、残念ながら物販類はほとんど完売していて、開店休業状態。
 糸魚川ジオステーション“ジオパル”で、鉄道模型を見学したり。
Img_3927
 新しい糸魚川駅は、キハ52の車庫を取り込んだ構造になっていて、キハ52は車内が休憩スペースになっています。
Img_3926
 えちごトキめき鉄道の方へ回ると、おねーさんが応援メッセージの寄せ書きを呼びかけていたり。
Img_3925
 こちらも、昨日開業ですものね。
 お土産コーナーをじっくり見ても、まだ時間が余るので、ちょっと海を見に行きましょう。
 今日は、海未ちゃんのお誕生日だったりするのだっ。

 日本海と北アルプスを望む展望台は、赤とオレンジのラインで縁取られていて。
Img_3930
 九越フェリーのファンネルを思い出しちゃいます。
 Love wing bell、なのですよ。
 北陸新幹線は、未来へと続く希望になるでしょうか。
 目指すのは綺麗な、遥か遠くの虹なのです。
Img_3931
 さあ、出発だよ!。

 券売機で、黒部宇奈月温泉への自由席特急券を購入して、と。
 この頃には、記念入場券購入の行列は解消していました。
 むしろ、通常の入場券購入の行列が残っていて。
 皆さん、ホームへ上がって新幹線を見に行かれるのですよね。
 駅側でも、入場券を立ち売りして、長距離利用者との分離を図っています。
 だから、ホームは人だらけ。
Img_3938
 警備員さんも大勢居ます。
 東北新幹線の八戸や新青森開業のときとは、全く違ったパターンなのです。
 九州新幹線も、ホームまで行かれる方は、そんなに居ませんでした。
 北陸の人達の気質なのかしら。

 がらがらの自由席に座って、お隣りの黒部宇奈月温泉へと。
 改札を出ると、またお土産を頂いてしまいました。
Img_3989
 駅前では、お歌のステージが凄く盛り上がっていたよ。
 皆さん、タオルを振って応援しています。
Img_3987
 売店で職場用のお土産を買って、地鉄の駅の方へと歩いてみます。
 さすがに、雪はもう殆ど残っていません。
 道路に埋め込まれたメッセージプレートを眺めて、トロッコを眺めて。
Img_3941
Img_3944
 のんびり。
 ちょっとお腹が空いたので、ばら売りしていたますの寿司を買って食べました。
 後で、ホームから覗いてみたら、ステージでは餅撒きが行われていて、あれには参加してみたかったです。

 またまた自由席はがらがら。
 富山へ移動しますよー。
 またお土産を貰ってしまった…。
Img_3990
 お米とか、富山らしく、薬売りの風船とか。

 地鉄市内線の乗り場が、新幹線の改札すぐ先に有って、びっくりなのです。
 昨日と違って、マスコミの取材陣が殆ど居ないので、歩きやすくていいですね。
 昨日は、地元の新聞記者さんに捕まって、随分と細々としたインタビューを受けたですし。
 なあんて思ったら、今度は地元のテレビ局に捕まってしまい。
 また、細々としたインタビューを…(^^;。
 どうせなら、私なんぞより、家族連れとか、そういう人を捕まえればいいのにい。
 どちらも、実際に記事になったり放送されたりしたのかは分かりません。
Img_3965
 富山地鉄の市内線に乗って、ループを一回り。
 これは便利です。
 いずれ、ライトレールと繋がって、直通運転をするのですねー。

 それはいいのですが、富山駅は入場券の発売と特急券の発売、列を分離していないので、大行列なのです。
 これじゃあ、次の「つるぎ」には間に合いそうに有りません。
 ならばと、在来線で新高岡まで行くことにして、切符を買います。
 高岡で、あいの風とやま鉄道とJRの乗り継ぎになりますが、割引運賃が適用されるので、そんなにお高くはなりません。

 でも、時刻表で確認したら、高岡での接続に1時間待ちとかになっちゃうのですよね。
 待っている位なら、歩いてしまった方が早いので…。
 歩きます。
 暑いよう。
 高岡駅と新高岡駅の間は、微妙に遠くて疲れる距離なので、バスに乗った方がいいかと…。

 高岡市観光大使である、あみたん娘のポスターとか、ラッピングバスとか見かけたよ。
Img_3966
Img_3968
 あみたん娘、凄く幅広い活動をしています。
 公式サイトをチェックしてみて下さいね(^^)。
 私は、パンフレットを貰ったりしましたあ。

 途中のコンビニで、地方紙の朝刊を買って。
 紙面の殆どが、新幹線関連なの。
 記事では、近隣3空港の動きもしっかり追っていました。
 今のところ、大きな影響は出ていないみたい。
 まあ、小松と能登は、金沢以外への需要が有るのでしょうし。
 富山は影響出そうな感じが凄く。

 富山と言えば、チューリップ。
 県内の各駅に、チューリップが飾られていたです。
Img_3973
 品種名は、「炎の恋」。
 個人的な趣味では、「恋の炎」の方が良かったかも。
 恋という名の、金色の輝き。
 燃え上がります!。

 陽も傾いて来て、新高岡駅のイベントも、そろそろフィナーレ。
 私も家に帰りましょう。
 時間まで、充実した観光パンフレットのコーナーを見て回って。
 あ、千里浜に、「ゆ華」って名前のホテルが有る!。
 「ゆか」なの?。
 「ゆか」なの?。
 なあんて、良く見たら、「ゆはな」らしく。
 でも、これも何かの縁、いつか泊まりに行ってみようと思うのでした。
 旅先で、新たな旅のヒントを見付けるのは、楽しいよ。

 この時間になっても、ホームは見学の皆さんがたっくさん居たよ。
 新高岡16:58の「はくたか572」号は、またまたグランクラスです。
 北陸新幹線には梅酒が有るそうなので、それをオーダーして。
Img_3978
 かなり甘い、ジュースみたいな梅酒だったにゃあ。

 途中の長野で停車中、後続の「かがやき」に抜かれます。
 後から来て、先に発車して行くのを見るのは、何か悔しいのですけど!(^^;。
 グランクラスに乗っていても、その気持ちは変わりません。
 長野から、自由席はかなりの混雑になったみたい。
 車内放送で、お詫びの放送が流れていたもん。
 高崎では、更に混雑したらしく、空いている扉へお回り下さい、なんて通勤列車みたいな放送が流れていたよ。

 私は、上野で降りて、京成で家へと帰ったのでした。
 「イブニングライナー」に乗りたかったけれど、次の列車は1時間近く後なので、諦めて快速特急です。
 そんな感じの北陸新幹線、連続2日の日帰り旅なのでした。
 おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.04

「クルーズフェリー飛龍21」へと向かう旅

 こちらから続いてまあす。

11/13
 箱根から戻ったその日の夕方、今度は「クルーズフェリー飛龍21」に乗船なのです。
 旅三昧で嬉しいな。
 でも、この旅から帰ったら、すぐに転勤が待っていたりするので…。
 ちょっと微妙な感じ、なのだ。
 偶然なのですが、乗船予定が転勤前で、本当に良かったよお。

 箱根からの直行はせず、一旦自宅に戻って、荷物を入れ替えたりとかします。
 その前日は会社にお泊りだったので、だらだらと家の中の雑用を片付けるです。
 そんなことをしていたら、家を出るの、結構ぎりぎりになっちゃいました。
 でもまあ、フェリーターミナル最寄りの国際展示場は、船橋から近いですし。
 乗船手続きは、同行のお友達がしてくれている筈ですし。
 全然急ぎません。

 武蔵野線からりんかい線に乗り継いで、久しぶりな国際展示場の駅前に到着。
 オーシャン東九フェリーのバス乗り場で、時刻表を確認して、と。
 ここの航路もご無沙汰なのです。
 更に、他の路線バスの時刻表もチェック。
 あ、幕張新都心行きの高速バスが来たよ。
 そんなのも出てるんだあ。

 特に持ち込み用の買い物はせず、のんびりと歩き出します。
 おやつ類の調達をしなかったのは、ちょっとした失敗でした。
 がらんとした、有明客船ターミナルに寄ったりもして。
 更に、途中の公園で見付けた、猫の観察。
 写真を撮ろうとしたら、顔を背けられちゃいました。
Img_3545
 水飲み場に乗っかってますね。
 ここの対岸には、オーシャン東九フェリーが見えますねー。
Img_3544
 どうして、こっちに泊まってるんだろ?。

 果てしなくのんびりしていたら、お友達から、まだかまだかと催促のメールが届きます。
 はあい、もう着きますよお。
 橋を渡ると、「クルーズフェリー飛龍21」のファンネルが見えて来ました。
 お友達の姿も有るね。
 もう間もなく、乗船手続きが終了しちゃうそう。
 って、手続き、まだなんですかあ?。
 私が着くまで、本当に間に合うのか、全く信用されていなかったらしく。
 ひど…。
 まあ、お互い様では有りますけど(^^;。
Img_3549
 コンテナが積まれ、トラックが行き来して、雑然とした雰囲気です。
 いかにも、離島航路っぽいよ。
 そして、バックには観覧車が見えて。
 東京からの沖縄航路、これが最初で最後の乗船です。
 かつて、有村時代の「クルーズフェリー飛龍」には、名古屋から大阪まで乗りました。

 それでは、マルエーフェリー「クルーズフェリー飛龍21」東京-志布志-名瀬、乗船記に続きます。
 残念ながら、沖縄までは行けませんでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »