« 万座・鹿沢口へ、メランコリーの雨みたい | トップページ | 北広島編 »

2015.04.09

急行「はまなす」と最後の711系の旅

03/02
 この旅では、会社が終わった後の夜に出発して、翌日の夜に帰って来ました。
 やっぱり24時間の旅なのです。
 連休が欲しいなあ…。

 行きは、特便割引1で、青森までのJALを確保しました。
 帰りは、特便割引3だと札幌よりもお安かった、旭川にしてみたです。
 旭川なら、711系に乗れますね。
 そんな感じで決まった旅。
 今回は、シルバーフェリーよりも、急行「はまなす」を選択なのです。

 青森までのフライトは、最終でも間に合いそうな感じでしたが、無理はせず、1本前を採用したよ。
 当日は、悪天候により条件が付いていましたが、特に問題は無く、小雪の青森に到着なのです。
 機内では、やっぱり熟睡。
 最近、機内で全くドリンクを貰っていません…。

 空港からは、JRバス東北で駅まで。
 窓から見える景色、青森は本当に雪深くって。
 しんしんと降り積もっているイメージですもの。
 駅前を歩くと、水っぽい雪で、びしょびしょになっちゃいました。

 まずは窓口へ行って、札幌までの急行「はまなす」B寝台券を購入します。
 久しぶりの一般寝台、わくわくするね。
 入線時間まで、エキナカの喫茶店でご飯を食べて、カフェラテを飲んで時間潰し。
 ちなみに私は、冬でもアイス派なのですよ。

 程無く、DE10に牽引されて、「はまなす」が入線して来ました。
Img_3852
 機関車から最後尾まで、ホームを歩いて編成を確認しましょう。
 スハフ14が1両、電源車代用になっているね。
Img_3856
 お隣のホームには、「トワイライエクスプレス」が停車中。
 「トワイライエクスプレス」を見るのも、もうこれが最後かもしれません。
 なんて思いつつ、結構、道内で巡り会ったりするのですよね。

 私はベッドメイクを済ませて、さくっと寝てしまうことにします。
 向かいのベッドには、お父さんにお見送りされたおねーさんが来て、でっかいスーツケースの置き場に困ってます。
 いいですよー、そのへんに置いちゃって下さい。
 車内改札も、停車中に完了っ。
Img_3858
 やー。
 熟睡したです。
 青函トンネルも、函館での折り返しも、全く分かりませんでしたもの。
 南千歳到着前、おはよう放送の直前に目を覚ましたです。
 定刻ですって。
 さくっとシーツを畳みます。

 それはいいのですが、向かいのベッドのおねーさん、全然起きて来なくって。
 新札幌を出ても、生体反応が全く無く。
 …生きてますかあ?。
 そうこうするうち、白石を通過して、さすがに叩き起こそうとしたら、ようやく起きた気配が。
 呑気な人だあ(^^;。

03/02
 急行「はまなす」を降り、こんな時間に札幌に居ても仕方無いので、快速「エアポート」に乗り換えて、新千歳空港へ行きましょう。
 温泉に入るー。
 ネカフェとどちらにするか迷ったのですが、やっぱり、シャワーよりも温泉がいいですものね。
 その前に、札幌の改札で、青春18きっぷの1枚目に日付を入れて貰って、と。

 新千歳空港温泉で、早朝からゆったりお風呂に浸かって、幸せな気持ち。
 空港内でご飯も食べて、北海道の旅を進めます。
 そうそう、雪ミクスカイタウンの充実ぶりには、びっくりしたよ。
 凄く、雪ミクだらけ。
Img_3862
 とは言うものの、旭川まで行く普通列車は限られてしまうので、札幌市内でお買い物をしたり、ご飯を食べたりして、のんぴり過ごします。
 桑園のホームで、約40分遅れの「北斗星」の回送が、駆け抜けて行くのを眺めます。
 それでも時間を持て余して、結局ネカフェに退避したのでした。

 快速「いしかりライナー」で岩見沢まで出て、旭川行きに乗り換え。
 ここから、117系なのです。
 先頭車には、引退記念のヘッドマークが飾られていました。
 カメラを持った人達が、何人か居たよ。
 皆さん、途中駅でも乗り降りをしていて、上下の117系を追い掛けているみたい。
Img_3869
 車内は空いているので、のんびりとボックスシートに座っていました。
 いつも通りに、茶志内で何分か停まったので、ホームをお散歩。
 「サロベツ」に抜かれます。
 …確か「サロベツ」だった筈(^^;。

 何だか、あっという間に旭川に着いちゃいました。
 これで、117系とはお別れだね。
 私は、オリジナルの旧塗装が好きでした。
 歴史を感じてしまいます。
 旭川のホームでも、117系は大人気だったよ。

 待ち合わせは、約2時間。
 旭川の広々とした駅を歩いて、お土産を選んで。
 それでも時間が余るので、ご飯を食べられるお店を探して、周辺をうろうろします。
 駅前のイオンも、もうすぐオープンなのですねー。
 デパート内とかも歩きますが、入りたくなるようなお店は無くって、結局、ファーストフードのお店になったのでした。
 北海道の味覚、全然満喫してないような。

 空港行きのバスは、それ程の混雑では無く、一安心。
 旭川空港まで、結構時間がかかりますもの。
 途中、自動車の事故現場で徐行したりしつつ…。

 旭川空港では、展望台に出てANA機を眺めたりして、ちょっとだけ遅れのJALで帰ったのでした。
 空港からは、いつも通りに、船橋駅行きのバスを採用です。
 3月は、この後も何回か、北海道行きが続きまあす。

« 万座・鹿沢口へ、メランコリーの雨みたい | トップページ | 北広島編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

えーっとさん☆

 わわわ、何か、凄い大ボケをかましちゃったみたいで…。
 711と117は似てますものね。
 って、後で直しておきますです(^^;。

117系は主に関西地区で活躍した新快速の形式ですよね?
クルマならいすゞのクーペでありましたよね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/61411555

この記事へのトラックバック一覧です: 急行「はまなす」と最後の711系の旅:

« 万座・鹿沢口へ、メランコリーの雨みたい | トップページ | 北広島編 »

フォト
無料ブログはココログ