« 宮島経由の福山行き | トップページ | 「クルーズフェリー飛龍21」へと向かう旅 »

2015.02.24

JFEスチール西日本製鉄所(福山地区)株主見学会

 こちらから続いてまあす。

02/11
 福山に到着しましたっ。
 何故か、在来線の自動改札で、はじかれてしまった…。
 有人改札に回ると、乗車券には律儀に途中下車印が押されて。
 JFEスチールの工場見学、集合は13:15なので、まだちょっとだけ時間が有るね。
 改札前には、既にもう、JFEの社員の方が案内に待機されていました。

 私は、改札を出て、周囲をお散歩。
 カフェとかがいっぱい有って、なかなかに居心地の良さそうな駅周辺でした。
 エキナカのお土産屋さんも充実しています。
 駅前の石垣を眺めたり、バスの写真を撮ったり。
 まわローズって、凄いネーミングだなあ。
Img_3815
 確かに、福山はバラの街として売り出し中なのですけど。
 「回ろうずwww」とか言いたくなるです(^^;。

 集合場所へ回って、名前を申告すると、緑色のリボンを貰ったよ。
 貸し切りバス2台に分乗して、正門から工場内へと。
 やっとここまで来れました。
 その昔、新入社員時代の私は、NKK(日本鋼管)の薄板(コイル)関係のお仕事を担当していて、福山製鉄所とはとっても縁が有ったのですよー。
 「NKK Fukuyama Works」っていう文字と赤いマークが、すっごく印象に残っていて。
 懐かしいな。
 私は断然、京浜材よりも福山材推しなのだあ。

 ホールでの待機中に流されていた、福山製鉄所建設の映像が、興味深かったです。
 いかにも昭和!って感じで。
 ここは、NKKが自力で埋め立てて造った製鉄所なのですよね。
 なので、住所も「鋼管町」になってます。

 リボンの色で3チームに分かれて、バスに乗ります。
 製鉄所自体は、小学校の社会科見学で川崎製鉄(当時)を見学したことが有るので、雰囲気は全く一緒でした。
 敷地内に張り巡らされている線路が、製鉄所らしくって、私は大好き。
 レール自体も、ここで造っていますよお。
 実は、レールを造れる製鉄所って、とっても数少ないのです。
 そもそもは、富士製鉄と八幡製鉄が合併したときに、その条件としてNKKに技術を渡したのが由来だった筈。
 レールは柔らかいので、運ぶのもとっても大変だったにゃあ。

 製鉄所内の移動の道すがら、Uフレーム車(パレット式キャリアカー)とすれ違ったりして、私は1人で盛り上がっていました。
 本当、懐かしいな。
 建物も車輌も、全てが赤い鉄錆色に染まっていて、十分な鉄分補給が出来ちゃいました。

 業績に関しての説明と質疑応答も有って、パンフと絵葉書を貰ったです。
 株価が、5年前の水準に戻ると嬉しいです。
 なあんてアンケートに書いて提出したら、ここ数日で一気に値上がりして…。
 回復どころか、含み益が出たです。
 私もびっくりなのですよー。

 こうして、2時間40分の製鉄所見学は終了したのでした。
 車で来た人は駐車場へ、電車で来た人は福山駅前へ、それぞれバスに乗り込みます。
 社員の皆さんが、ずっとお見送りして下さいました。
 メインホールの玄関前に、しれっと踏切の有るロケーションが、凄く気に入った私なのです。
Img_3819
 いいないいな。

 17:00には、福山駅に到着して、解散です。
 家には、新幹線で帰りましょう。
 17:30発の広島空港行きバスに乗れば、JALの最終便にも間に合うのですが、無理は禁物ってことで。
 エキナカで和食のご飯を食べよう。
 小イカの天ぷらとか、美味しかったよ。
 何故か、イカの塩辛が食べ放題だったりして。

 職場へのお土産に、もみじ饅頭を買いました。
 自分のおやつ用には、生きび団子を購入。
 最終近い、「のぞみ」の指定券を確保して。
 来月のダイヤ改正以降は、福山停車の「のぞみ」も増えるみたいですね。
 便利になります。
 ここ福山を訪れる機会は、もうなかなか無いとは思いますけど…。

 次の旅は、高瀬駅へ青春18きっぷの常備券を買いに行くです。
 高瀬駅へ行くのも、これでおしまいにしようかな…。
 折角なので、久しぶりにオレンジフェリーにも乗ってみようと思います。
 予定通りに出発出来るといいな。

 そうそう、先月、私が行き損なった台湾では、さくらえびを擬人化したキャラが人気だそうで…。
 …桜海老?(^^;。
 あ、でも、このコ、可愛い!。
 絢櫻(シェン・イン)ちゃんで、検索してみて下さいね。
 おしまい。
 ご安全に!。

« 宮島経由の福山行き | トップページ | 「クルーズフェリー飛龍21」へと向かう旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

buschanさん☆

 台枠のお話は、全然知りませんでした。
 本当に、技術の世界は奥が深くって。
 ちゃんと図面を残して有ったことも驚きですし。
 しっかり伝承して行くことの大切さを、教えてくれている気がします。

buschanさん☆

 室蘭~宮古の航路開設にはびっくりです。
 どんな船になるのでしょうね。
 折り返しがかなりきつそうで、船社はかなり大変そう。
 海から宮古に行けるとなると、私の東北地方の旅が充実します。
 詳細が楽しみです(^^)。

Newtypeさん☆

 ありがとうございます。
 忙しさにかまけて、怠け癖が付いてしまい、そっちがヤバい状態です(^^;。
 そろそろ、元のペースに戻さなくちゃです。

いそがしそうですね。体調くずさないように気をつけて!

Mayaさま☆
 川崎近海汽船が、宮古~室蘭航路を開設するみたいですね?
 320km(約200海里?)で所要10時間、双方2時間停泊で1日1往復するそうです。
 宮古にはよく行くので、今から2018年の新航路が楽しみです!

Mayaさま☆
「レールの鉄は柔らかい」って、さすがプロの鉄子さんは言うことが違いますw
そもそも、鉄は全て硬いものだと思ってますし、「京浜より福山推し」ってさっぱり意味がわかりません^ ^
レールは、以前は釜石と八幡で製材していたのは知っていますが、その技術は今はNKkに引き継がれているんですね。
そう言えば、以前JR九州の58654の棒台枠異常が起き、運行休止になった時、日立の図面と、八幡製鉄の技術で台枠を新造して、肥薩線での復活につながったと言いますね。
鉄の世界は本当に奥が深いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/61186538

この記事へのトラックバック一覧です: JFEスチール西日本製鉄所(福山地区)株主見学会:

« 宮島経由の福山行き | トップページ | 「クルーズフェリー飛龍21」へと向かう旅 »

フォト
無料ブログはココログ