2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■異能バトルは日常系のなかで 第12話「日常 ユージュアルデイズ」 | トップページ | ■大図書館の羊飼い 第12話「大図書館の羊飼い」 »

2015.01.03

■グリザイアの果実 第13話「射界10センチ」

 蒔菜って、海兵だったですか。
 初めて知りましたよ(^^;。
 しっかりモールス信号を受信した、その時のリアクションが凄く好きで。
 何回も見直しちゃいました。
 何のことか分からないのに、ちゃんと行動に移してくれたよ。
 その後、該当の便器を頭突きで壊したみちるも大したものです。
 いや、何かギャグになってましたけど…(^^;。

 あのおっちゃん、よりによって、部長のお父さんだったですかあ。
 まあ、気持ちは分からなくもないのですが…。
 何か、小者っぽい。
 随分と隙だらけだった気がしますしねー。
 あれなら、突入しても何とかなりそうな感じだったよ。
 ちなみに、おっちゃんの股間と放尿の描写で、新境地を拓いたってゆーか…。
 別に拓かなくてもいいけれど(^^;。

 あのおっちゃん、身柄を確保されたら、後はどーなるのでしょうね。
 正式ルートに乗せることになるのかしら。
 まあ、そこは別にどーでもいいか。
 お話の進行の都合上、みちるだけは、雄二のお仕事については知らなかった模様。
 あ、成る程。

 今の天音は、雄二に生きる意味を見付けて貰っているし、そう簡単にへこたれたりはしません。
 強いのです。
 それは、一姫と雄二に貰った強さ。
 そして雄二も、今は一姫が知っている弱い弟では有りません。
 雄二のこと、一姫は天音に託していたのですねー。
 で、その一姫、一体どうなってしまったのでしょう。
 人体と人参は微妙に違うと思うのですが、わざわざ偽装した理由って…?。

 わ、次回予告が有る!。
 この作品、まだまだ続くみたいです。
 何が起きるか怖くて仕方無いし、正直、見るのが辛かったりもするのですけど…。
 みんながそれぞれに魅力的なので、もう目を離すことは出来ません。
 ラスト、何気に幸が、幼馴染みポジションらしく、雄二をちゃん付けで呼んでいたのが、ちょっと嬉しかったです。

« ■異能バトルは日常系のなかで 第12話「日常 ユージュアルデイズ」 | トップページ | ■大図書館の羊飼い 第12話「大図書館の羊飼い」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/60917158

この記事へのトラックバック一覧です: ■グリザイアの果実 第13話「射界10センチ」:

» グリザイアの果実 13話「射界10センチ」[終] [パンがなければイナゴを食べればいいじゃない]
評価 ★★ 便器を壊せ!                  [続きを読む]

» グリザイアの果実 TokyoMX(12/28)#13終 [ぬる~くまったりと]
第13話 射界10センチ 天音と一姫の残した非常用食料などを隠した現場に 到着した雄二。クーラーボックスを掘りだすと手紙が入っていた。まずバスケ部メンバーは病死だった。広岡が皮膚疾患を発症していた。それによる急性内臓疾患で亡くなった。これを読んでいるのなら助かって事件を振り返れる余裕が 出来たことも見越して記述していた。弟の雄二を見守って欲しい、苦しんでいたら助けてあげて。貴方の人生最大の親友、風見一姫より。 亡くなった全員の名を記した墓に参る。坂下千秋の名を発見する雄二。蒔菜の携帯電話から天音に電... [続きを読む]

« ■異能バトルは日常系のなかで 第12話「日常 ユージュアルデイズ」 | トップページ | ■大図書館の羊飼い 第12話「大図書館の羊飼い」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ