2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■結城友奈は勇者である 第12話「貴方に微笑む」 | トップページ | ■グリザイアの果実 第13話「射界10センチ」 »

2015.01.03

■異能バトルは日常系のなかで 第12話「日常 ユージュアルデイズ」

 消せない炎って、本当に消せないんだ…。
 本体を焼き尽くすまで消えないなら、確かに、腕を切断するしかないけれど…。
 怖いし、痛い。
 欠損した腕の再生って、治癒の範疇を逸脱している気もしますしねー。
 本当にうまく行くかは、五分五分。
 危険な賭けでした。

 あれじゃあ、確かに使用は厳禁されちゃいます。
 美玲だって、かなり危険な状態だったと思う。
 直江は…。
 別にどーでもいいか(^^;。
 直江の本体、相模にイタズラされることもなく、放っておかれていたよ。
 実は相模ってロリコン!?、千冬ピンチ!、なあんて思ったけれど、実は直江がいい歳だったりしそうだなあ。

 結果、みんなは無事で、文芸部もそのまんま。
 美玲も、ちゃんと生徒会長していて。
 黒き十二枚の翼からは放っておかれる模様。

 異能は何の役にも立たないけれど、単純に格好いい。
 誰かを傷付けることに使ってはいけない。
 実は、寿来が一番真実に近いところに居るのかも…。
 異能と正面から向き合った上で、みんな一緒に居るっていうこと。
 その意味は大きいのです。

 まあ、そんなの関係無く、文芸部は楽しいですし。
 千冬にとっても、今はそれがベストって思いますもん。
 寿来って、全力で好かれてますよねえ。
 愛されていると言ってもいい位。
 みんな、いい感じになりました。

 ともあれ、鳩子には頑張って貰って、最低限、現状維持はして貰いたいって思うのでした。
 灯代とは、正々堂々と勝負するみたいですけど、ライバルは1人じゃ無いのですもの。
 油断は禁物、なのですよ。

« ■結城友奈は勇者である 第12話「貴方に微笑む」 | トップページ | ■グリザイアの果実 第13話「射界10センチ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/60917073

この記事へのトラックバック一覧です: ■異能バトルは日常系のなかで 第12話「日常 ユージュアルデイズ」:

» 異能バトルは日常系のなかで 12話「日常 ユージュアルデイズ」[終] [パンがなければイナゴを食べればいいじゃない]
評価 ★★★★ 仲間って書いて……              [続きを読む]

» 異能バトルは日常系のなかで テレ東(12/22)#12終 [ぬる~くまったりと]
最終回 第12話 「日常」ユージュアルデイズ 公式サイトから工藤の攻撃からなんとか逃れる文芸部員。しかし既に千冬と鳩子は工藤に異能を奪われてしまっていた!安藤は工藤の攻撃により傷だらけになりながらも、 異能の第二ステージを覚醒させる! 工藤会長に攻撃された鳩子を守る千冬。千冬の能力も奪う。寿来が盾になって灯代が能力を発動する。時を止めて全員が移動して逃れた。 先ずは作戦会議とカラオケに入った。外見と能力は工藤会長だが、中身は違う。操られているか精神を乗っ取られている感じだ、直接確かめよう。電話する寿... [続きを読む]

« ■結城友奈は勇者である 第12話「貴方に微笑む」 | トップページ | ■グリザイアの果実 第13話「射界10センチ」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ