2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■俺、ツインテールになります。 第11話「レッド絶体絶命」 | トップページ | ■大図書館の羊飼い 第11話「決意」 »

2015.01.02

■結城友奈は勇者である 第11話「情熱」

 美森のしていること、色々と考えた末に、覚悟を決めての行動なので…。
 それは尊重してあげたいって思うのでした。
 自暴自棄になっての結果じゃ無いのですもの。
 世界は、閉塞どころか、既に終わっていたという現実。
 それは変えようが有りません。

 友奈と風も、そういう認識。
 でも、樹と夏凛は違っていたよ。
 大切な人が居るっていう同じ条件の中で、真逆の結論を出して、実際そのように行動しました。
 やっぱり、部員が5人居ると、それぞれに違う考え方が有って。

 夏凛なんて、あの状況からの全力戦闘ですもの。
 美森の言葉を、全身で否定したです。
 かなりの身体機能を失ってまで。
 勇者部は、勇者部らしく行動することって、はっきり示していたよ。

 それは結構、悲しいことだったりもします。
 友奈が全てを打開してくれるなら、まだ希望は有るのですけど…。
 世界の現実は変わらない気がするから…。
 そうしたら、またその場しのぎになって、美森の不信感は消えず、夏凛は日常生活もままならず。
 誰か1人、園子を含めた誰かを犠牲にする、なんていうのも違うと思いますし。

 これからの生き方とかを考えるに、私だったら、美森と同じ行動を取っちゃいそうなのです。
 大赦にいいように使われていた、っていう思いは消えませんし。

 さあ、友奈はどうするのでしょうか。
 更に進化した勇者システムが出来上がるとか、そういうのが有ったりすれば良いのですけど。

« ■俺、ツインテールになります。 第11話「レッド絶体絶命」 | トップページ | ■大図書館の羊飼い 第11話「決意」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/60910463

この記事へのトラックバック一覧です: ■結城友奈は勇者である 第11話「情熱」:

« ■俺、ツインテールになります。 第11話「レッド絶体絶命」 | トップページ | ■大図書館の羊飼い 第11話「決意」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ