2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■異能バトルは日常系のなかで 第10話「迷路 フールズラビリンス」 | トップページ | ■棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 第10話「機杖(ガンド)担う少女」 »

2014.12.13

■結城友奈は勇者である 第10話「愛情の絆」

 「家の食事の質が上がった」とか、そういうの、泣けて来ます…。
 せめてもの罪滅ぼしってことなんですもの。
 にしても、娘に過酷な試練を課すのはともかく、それを全く気取らせ無い親って、ある意味怖いのです。
 自分のことより、むしろ辛い筈なのに。
 美森がまさにそう。
 まあ、この作品では、大赦側の描写が一切無いので、その辺りの事情は分かりませんけど。

 美森が園子に会って、真実を聞くことに、特別な制限はかからず。
 意外です。
 大赦としても、園子の意志には干渉出来ない、か。
 結果、美森がああいう行動に走ること、少なくとも園子は分かっていた筈。
 それで、園子が出て来たら、一体どうなっちゃうんだろ。
 園子が望んでいること、全く読み取れなかったもん。
 まさか、もう死にたい、ってことなのでしょうか。

 美森にしても、自殺を試みたとき、外の世界の真実を知ったとき、そのときの描写が丁寧でリアルで、見ていて全く同じ気持ちになりましたもん。
 脂汗もかくし、嘔吐だってします。
 普通に生活していたら、そんなこと、まず経験しないと思うのに。
 前回の風の気持ちも、そんなだったのでしょうね。
 今更ながら、風の立場が分かっちゃいました…。

 美森の行動、あれはあれで有りだと思うのです。
 本人が言っていた通りですもん。
 友奈との出会いまで大赦の思惑通りなんて、だって、そんなのないよ!。

 後はもう、友奈に全て委ねるしか有りません。
 全て終わらせること。
 さすがに、これ以上、あのシステムを使って世界を延命させるのは、無しにして欲しいかな。
 これで最後に。
 良くも悪くも。
 勇者としての友奈に、結論は全て任せます。

 やっぱり、勇者部の五箇条は大切にして欲しいと思うのでした。
 それが、最後の最後に残る希望だもん。
 そして、みんな無事だったら、いつまでもずっと友達、っていうのを追加して下さいね。

« ■異能バトルは日常系のなかで 第10話「迷路 フールズラビリンス」 | トップページ | ■棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 第10話「機杖(ガンド)担う少女」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

 あ、確かに、出会えたこと自体は、決して悪いことでは無いのですよね。
 記憶や体のハンデも、2人が一緒に居たからこそ、乗り越えられたのだと思いますし。
 それらを全て壊してしまうのは、友奈は絶対に認めないのでしょうし。
 園子も、真実を教えてくれなかったことには不満が有るけれど、それ以外のことは、仕方の無いことって受け入れている感じでしょうか…。
 何か裏が有ったりするのかなって、結構、疑り深くなってました。

友奈との出会いは大赦のお膳立てですが、逆に言うと二人はそれがなければ出会えなかったのですよね
あれ程仲良くなったのも二人の意志ですし、ほとんどの事は大赦もやれることを必死にやってるに過ぎないのです
今の東郷さんの精神状態では言っても理解されないでしょうけど……
より悲惨な立場ながらに全てを憶えて知っている園子がああいう態度なのが答えというか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/60802427

この記事へのトラックバック一覧です: ■結城友奈は勇者である 第10話「愛情の絆」:

» 結城友奈は勇者である TBS(12/12)#10 [ぬる~くまったりと]
第10話 愛情の絆 公式サイトから勇者部にびっくりする事がおこる。 風の怒りを抑えた友奈と樹。突然、樹海化警報が鳴り響く。これで皆を助けることが出来る。 東郷は歴史施設を良く訪れていた。東郷家にも大赦関係者がいるらしい。目覚めると2年間の記憶と足を失っていた。新しい家に引っ越して直ぐに隣の友奈と仲良くなった。デザート作りが好きな東郷、毎日でも作って欲しいよと友奈。 チアリーダー部を断って押し花部があれば良いと友奈。風が勇者部に誘う。 3人でボランティアや部活応援と人助けに勤しむ。陸上部の応援の友奈、... [続きを読む]

» 結城友奈は勇者である 第10話『愛情の絆』 キャプ付感想 [空 と 夏 の 間 ...]
結城友奈は勇者である 第10話『愛情の絆』 感想(画像付) 予想を超えて酷い世界観でしたね…。 日本を外敵から守るための勇者システムかと考察してたけど。 世界そのものがすでにもう滅亡寸前だったとか…もう絶望しかない。 勇者にされた友奈たちに救いはあるのでしょうかね? 世界は神樹に守られた宇宙規模の結界だった。 再生して再現なく現れるバーテックス。 友...... [続きを読む]

» 結城友奈は勇者である #10 「愛情の絆」 [ゆる本 blog]
東郷さんから見た地獄への道、おさらい編。 「結城友奈は勇者である」の第10話。 号泣する風を慰める樹、それを静かに見ているしかない友奈と夏凜。 突然けたたましく鳴り出す端末。 「樹海化警報」ではなく「特別警報発令」と表示がいつもと異なるが・・・。 一方、その場に居なかった美森、「これでみんなを助けることが出来る」と。 神樹様にお仕えできるかも知れないと東郷家期待の幼い美森...... [続きを読む]

» 結城友奈は勇者である 第十話「愛情の絆」 [パンがなければイナゴを食べればいいじゃない]
評価 ★★ なるべく諦めない!         [続きを読む]

» 2014年秋アニメ簡易感想 その8 [新しい世界へ・・・]
2014年秋アニメ簡易感想も8回目。 今回は「結城友奈は勇者である」10話と「デンキ街の本屋さん」11話の感想です。 鷲尾須美は勇者である(2014/12/19)タカヒロ(みなとそふと)商品詳細を見る [続きを読む]

« ■異能バトルは日常系のなかで 第10話「迷路 フールズラビリンス」 | トップページ | ■棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 第10話「機杖(ガンド)担う少女」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ