2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■甘城ブリリアントパーク 第6話「人手が足りない!」 | トップページ | ■俺、ツインテールになります。 第5話「三人目の戦士(ツインテール)!」 »

2014.11.08

女満別と、釧路からのお別れ

 こちらから、続いてます。

09/10
 今日はもう、最終日。
 友人のフライトは女満別13:45発のANA4778、私は釧路20:15発のJAL1148です。

 滝上の晩ご飯は、こんな感じだったよ。
Dscn6935
 これも一部しか写ってませんけど、お肉とお魚のバランスが良くって、嬉しいのです。
 ここのお風呂は、でっかい岩が置かれた岩風呂で。
 露天風呂が無いのは、ちょっと残念かな。
 ちなみに、利尻の民宿は8,500円、滝上のホテルは8,320円でした。

 翌朝もお風呂に入って、出発だあ。
 昨晩、レストランの窓の外に、でっかい蛾が沢山引っ付いていてびっくりしたのですが、きやつらは朝ご飯のときにも居残っていました。
 レストランの窓なのですし、これは駆除して欲しいかなあ。

 なあんて思ったけれど、チェックアウトして玄関に回ると、とんでも無い数の蛾が舞っていたです。
 駐車場の路上にも、死骸がびっしり。
 フロントのおばちゃんが、壁に引っ付いたのを掃除機で吸っていますが、とても追い付きません。
 これは…。
 無理ですよね。
 カラスが胴体を食べに来るそうですが、羽根は残るわけですし。
 どうしてこんなに大発生したんだろ…。

 今日もまた、小雨。
 道道で山越えをして行きます。
 北見からは、女満別方面へ行かなくちゃいけないのに、間違えて北見道路に乗ってしまったりしつつ。
 友人のフライトの関係で、お昼過ぎには空港に着かなくちゃいけません。

 ご飯は、道の駅、めるへんの丘めまんべつを採用。
 以前も食べた、豚丼を食べます。
Dsc_0003
 ボリューム有って、美味しいの。
 その後は、女満別アンテナショップほのかでお買い物。
Img_3457
 ほのかって名前、いいですよねー!。
 うん、ほのかはいいよ(^^)。
Img_3458
 次は、温泉なのです。
 西女満別駅の近くに、立ち寄り温泉を発見したよ。
 ここには露天風呂が有って、温いお湯につかって、のんびりのんびり。
 友人は、併設のレストランで、名物のおそばを食べたそうでしたけど…。
 いや、もう、お互い時間が無いでしょう。

 車に乗ったところで、友人の携帯にメールの着信。
 ANAからですって。
 新千歳空港の悪天候の影響で、搭乗予定の便が2時間以上の遅れになるとか。
 あらら…。
 それは大変ですねえ。
 でも、私は関係無いしい。

 それならと、西女満別の駅に寄って、ここで友人を降ろすことにします。
 いや、だって、時間は有るやん?。
 空港まで、徒歩でも30分はかからないと思う。
 実際に歩いてみて、車の通行量とか、道の感じとか、熊さんとエンカウントした場合の対処とか、レポートして欲しいなあ、って。
 なのに、友人の抵抗に遭って、仕方無く空港まで送ることになりました。
 ちぇっ。
 待合室にはノートが置かれていて、読んでみると、皆さん空港から歩いて来られたみたい。
 今日も既にお1人が。

 空港に着くと、その後のJALは定刻なので、ANAと出発順序が入れ替わってしまいますね。
 あ、しまった。
 ここからJALにしておけば、優越感に浸りつつ、先に帰れたのに!。
 ちょっと後悔しつつ、空港内を一回りして、友人とはお別れです。
 じゃあね。
Dsc_0004
 女満別空港のイメージキャラは、微妙に「ゆか」なのですよー。
 でも、何故にボーカロイド?。

 ここからは、ワンマンだね。
 美幌峠を越えて行くルートは飽きたので、裏摩周展望台を経由して行きましょう。
 時間は結構かかります。
 本降りになった雨の中、1人楽しく、ずんずん走って行くよ。
 本当にずんずん走り続けて、裏摩周展望台には寄らずにスルー。
 いくつかのパーキングで、休憩とメールの確認をしつつ、そのまま釧路市街まで駆け抜けてしまったのでした。
 疲れたあ。
 お腹空いたあ。
 うん、さすがに疲れたです。

 へろへろになって、イオンモール釧路昭和店へ。
 レストラン泉屋で、ご飯を食べますよー。
 ビーフシチューとハンバーグの洋食セット。
 スパカツなんぞ食べたら、体か動かなくなってしまいます。
 でも、他のお客さん、おねーさん2組は、スパカツを頼んでいたです。
 2人で1つなのかと思ったら、それぞれ注文していたから…。
 食べられるのかなあ。
 私は、運ばれて来たスパカツをちら見して、もうげんなり。
 私のセットも、結構なボリュームですけれど。
 美味しく頂きました。
 うん、いつかまた、スパカツに挑戦してみようっと。
 ピカタは苦手なので、ちょっと無理。

 後はもう、釧路空港へ向かうのみ。
 その前に給油なのですが、大楽毛のスタンドは対向車線側で入りにくかったので、指定された別のスタンドへ。
 これがまた、遠くって。
 空港入り口を通り越して、10キロも走ります。
 所在は阿寒なんですもの。
 真っ暗、大雨、後続車速い、そんな悪条件の中、私は必死になってハンドルにしがみ付いてました…。
 怖かったよお。
Img_3459
 最終的に、レンタカーの走行距離は、676キロになりました。
 頑張ったね。
 釧路からのJALは、ちゃんと定刻でした。
 良かったあ。

 まだ紅葉には早いけれど、秋を迎えた道東の景色は、やっぱり特別なのでした。
 冷気が心地良くって。
 移ろい行く季節を感じる旅は、これでおしまい。
 どっさり遅れた友人も、無事に帰宅したそうです。
 後で、反省会をしましょうね。

« ■甘城ブリリアントパーク 第6話「人手が足りない!」 | トップページ | ■俺、ツインテールになります。 第5話「三人目の戦士(ツインテール)!」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/60617134

この記事へのトラックバック一覧です: 女満別と、釧路からのお別れ:

« ■甘城ブリリアントパーク 第6話「人手が足りない!」 | トップページ | ■俺、ツインテールになります。 第5話「三人目の戦士(ツインテール)!」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ