2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■結城友奈は勇者である 第3話「風格ある振る舞い」 | トップページ | ■失われた未来を求めて 第4話「万物は流転する」 »

2014.10.25

浜頓別漂流

 ハートランドフェリー「サイプリア宗谷」鴛泊-稚内、乗船記から続いてます。

09/10
 南稚内でレンタカーを借りて、出発です。
 今夜の宿泊場所、滝上のホテルへと向かうよ。
 お昼ご飯は何処で食べようかな。
 あ、レンタカー屋さんのお隣り、マクドナルドです!。
 稚内まで来てファーストフードっていうのも、ある意味、貴重な体験なんじゃ!。
 …却下されました。
 つまんないヤツ。

 まあ、ご飯を食べる場所とか、立ち寄り湯の場所とか、候補地を前日にスマホで検索しているような、いい加減な旅なのです。
 出たとこ勝負。
 道北には温泉が少なくって、候補は限られちゃいますね。
 友人が、豊富温泉は嫌だって言うし。
 あの油っぽいお湯と匂い、好きなんだけどな。

 それより、このレンタカー、フィットのハイブリッドなのですが、シフトの操作が独特みたい。
 イグニッションがボタンなのはともかく、説明を聞かないとさっぱり分かりません。
 女満別で友人と別れた後、1人で運転していたら、「急発進は止めましょう」なんて、車のAIに怒られたりしました。

 結果的には、ずっと海沿いに真っ直ぐ走って行くことになりました。
 実は今回の旅って、2008年05月の「さんふらわあスタンプラリー特典の旅」を振り返るのが目的なので、コースは殆ど同じになっています。
 向きは逆なのですけどねー。

 冷たい雨が降る宗谷岬で、ホッケのつみれ汁?を飲みつつ、休憩です。
 銅像の写真を撮ったり。
Img_3450
 間宮林蔵、通称まみりんの像ですね。
 まみりんは、タタール海峡の日本名に、その名前を残しています。

 この旅では、ずっと雨に降られちゃいましたけど、傘をさすことは一度も無く、ある意味では恵まれていたかもしれません。
 道央は、大雨で大変なことになっていたみたいですけど…。
 いつもみたいに新千歳空港経由だったら、下手すると帰れませんでした。

 道の駅、さるふつ公園でご飯です。
 レストランは、団体さんの食事の用意が整えられていて、観光バスの接近情報が、刻々と業務連絡で流されて。
 面白いな。
 友人はホタテカレー、私はホタテフライカレーを食べます。
Img_3451
 それから、2人でホタテ春巻きをやっつけて。
 やっぱりホタテなのですよ。

 その後、お隣のさるふつ温泉でお風呂だね。
 露天風呂も無く、小さな共同浴場って感じのお風呂。
 その代わり、お安いのです。
 のんびりのんびり。

 途中、北見枝幸の道の駅、マリーンアイランド岡島に寄って、売店を覗き、アイスコーヒーを飲みます。
Img_3453
 ここは、建物が船の形をしていますねー。

 懐かしい雄武の道の駅、おうむでは展望台(スカイキャビン)に登ってみます。
 未成線のトンネル入り口は、木が茂って、見えなくなってしまいました。
 海が広がっているね。
Img_3454
 Aコープでは、海産物なんかを覗いてみたり
 ここで、友人から運転を引き継ぎます。
 えっ。
 私は運転しないつもりだったのにい(^^;。

 続けて、ノースプレインファームの喫茶室に行ってみたら、ぎりぎりで閉まっていました。
 買い物とかもしたかったのに、残念。
 興部の道の駅、おこっぺで買い物は出来ましたけどねー。
 ついでにアイスを食べよう。
 何かもう、道の駅ばっか寄ってます。
 他に行くところは無いのか!。

 道すがら、廃線跡の観察をするのは、お約束。
 もう随分と年数が経っているのに、痕跡は本当にあちこち残っています。
 乗ってみたかったなあ。

 それでは、そろそろ滝上へ向かいましょう。
 真っ直ぐ行ってもつまらないので、山越えの道道ルートを辿ってみます。
 ダートになったら大変だけれど、近年改修済みらしく、のんびり快適に走って行けました。
 対向車は全然来ません…。

 ホテルの前は一旦素通りして、セイコーマートを探します。
 街に一つは、必ずセイコーマートが有りますものね。
 ガラナサワーなんかを購入したよ。
Img_3455
 ここ滝上のホテルは、以前、立ち寄り湯として利用して、いずれ泊まってみたいと思っていたのでした。

 こちらに続きます。

« ■結城友奈は勇者である 第3話「風格ある振る舞い」 | トップページ | ■失われた未来を求めて 第4話「万物は流転する」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/60543611

この記事へのトラックバック一覧です: 浜頓別漂流:

« ■結城友奈は勇者である 第3話「風格ある振る舞い」 | トップページ | ■失われた未来を求めて 第4話「万物は流転する」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ