« ■ガールフレンド(仮) 第1話「はじめての約束」 | トップページ | ■失われた未来を求めて 第1話「失われた未来」 »

2014.10.14

利尻へ飛行機で行くお話

09/08
 旅の始まりは、羽田20:30発のJL531。
 新千歳到着は22:05です。
 こんな時間に出発する位なら、翌朝の便でも良いのですが、それだとダイナミックパッケージの料金が、万単位でお高くなってしまうので…。
 それに、どうせゆっくりするなら、旅先の方が嬉しいですものね。
 会社からの直行で、羽田にはかなり早く到着出来ました。
 ファーストクラスに変更をかけて、ダイヤモンド・プレミアラウンジでのんびりなのです。
 ラウンジでは、新潟の地酒の試飲をしたり。

 折角なので優先搭乗をして、さくっと自分の席へ。
 機内での電子機器の取り扱いが変わってから初めての搭乗なので、ちょっとした違和感を感じつつも、ご飯を美味しく頂いたよ。
Img_3385
 新千歳では、予定よりも1便早いバスに乗ることが出来ました。
 すすきののホテルへは、乗り換え無しで行けちゃいます。
 そのホテルまで、バス停からは結構距離が有ったりしましたけどねん。

 夜も更けたホテルにチェックインすると、お部屋はジャングルジム付きのファミリールームになってしまうそうで…。
 あ、別にいいですよー。
 室内が狭いとは言うものの、ツインベッドだそうですし。
 随分と恐縮されて、翌朝の朝食券まで付けてくれて。
 別にいいですのに。
Img_3387
 お部屋はこんな感じ。
 あ、確かに、ベッドに上がるのがちょっと大変。
 件のジャングルジムは、ハンガー代わりに使ってました。
 ちゃっかり愛用しています。

 今回は、友人と一緒に道東を訪ねる旅で、基本的なプランニングは、全て友人にお任せっ。
 でも、素案を見せて貰ったら、最終日に利尻から稚内に着いて、そこで解散になっていて。
 利尻まで行くの!?。
 てゆーか、夕方に稚内じゃ、私は家に帰れません。
 赤組と青組が一緒に旅をしようとすると、えてしてそーいうことになります。
 稚内には、JALが飛んでないのですよう。
 当然のように、現地集合現地解散だったりしてます。

 そこで、行程を引っくり返し、私はHACでダイレクトに利尻まで飛んで、稚内からフェリーで来た友人と合流することにしました。
 翌朝の稚内からはレンタカーで移動して、友人は女満別から、私は釧路から帰宅。
 乗り捨て料金は変わりませんし…。
 私も女満別アウトで良かったのですが、例によって運賃がお高いので、釧路を採用なのです。
 逆に、ANAは釧路が駄目みたい。
 女満別経由で釧路へ出れば、お互いにフライトの時間も丁度いいね。
 芸術的なコースなのですよ。

 てことで、それぞれにフライトと前泊のホテルを手配して、初日の宿と2日目の宿、レンタカーを手分けして予約したのでした。

09/09
 丘珠からのフライトは14:10発なので、のんびり出来ますねー。
 ホテルもレイトチェックアウトのプランですしっ。
 なんて、のんびりし過ぎて、なかなかにぎりぎり。
 現金の手持ちが心細いことに気付いたけれど、銀行に寄る余裕も有りませんでした。

 地下鉄とバスを乗り継いで、2回目の丘珠空港へと。
 JR北海道がすっかり嫌いになって、ここの利用も増えそうなのです。
 今回も、JR北海道には全く乗りません…。
 時計と搭乗時間を見比べると、ぎりぎりご飯を食べる時間は有りそう。
 空港内のレストランで、五目中華そばなんぞを食べます。
 お昼時なので、店内は結構混んでいたよ。
 飛行機の整備の人、消防士さん。
 お巡りさんも食器を返しに来て、制服姿の関係者さんで賑わっています。

 前回はJALのコードシェアとしての利用でしたが、今回はダイレクトにHACから予約してみたです。
 その方がお安いのですもん。
 印刷して持って来たバーコードをかざして、と。
 機内は1/3位の利用者さん。
 観光なのか地元の方なのか、ちょっと見分けは付きません。
Img_3388
 窓に引っ付いて焼尻島を眺めつつ、15:05には利尻に着いてしまうのですよね。
 はやっ。
 電車で稚内なんて、行ってられませんよお。
 雲の中をぐるぐる旋回してから、初めての利尻に着陸です。
 特に案内の放送も無いので、視界不良で空港を見失ったのかと思ったけれど…。
 そんなわけあるかい。
 強風の関係だったみたい。
Img_3390
 友人も、予定通りに到着しているそうです。
 私よりかなり早く、昨日のNH573で稚内に入って、1泊。
 12:30のフェリーで利尻に着いて、レンタバイクで島内を回っているとのこと。

 私は、宿の迎えの車に乗せて貰い、そのまま先にチェックインしちゃいました。
 窓の外はすぐに海で、何だかフェリーに乗っているみたい。
Img_3392
 そうこうするうち、汽笛を鳴らして、本物のフェリー「フィルイーズ宗谷」が入港して来ました。
Img_3393
 窓から写真を撮ったりしていたら、何かもう、動く気がしなくなってしまい。
 とうとう、宿から一歩も出なかったのでした。
 翌朝も、ご飯を食べたら、そのままフェリーターミナルへ直行なので。
 利尻で何もしていない…。
 宿の人に呆れられました(^^;。

 でもまあ、またいつか、来る機会は有るでしょうし。
 淡白なのです。
 命ある限り、旅の可能性は無限だよ。

 こちらに続きます。

|

« ■ガールフレンド(仮) 第1話「はじめての約束」 | トップページ | ■失われた未来を求めて 第1話「失われた未来」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

buschanさん☆

 基本、離島には行かないって決めているので、もしかしたら、これが最初で最後の利尻になるかもしれません…。
 稚内は、私にとって、道内で一番遠い場所です。
 次は、沿岸バスの萌えっ子フリーきっぷで行こうかな。
 「サロベツ」には、いつ乗れるでしょうか…。
 レンタカーでの移動は、友人に運転の殆どをお任せなので、楽々です(^^;。

投稿: C.Maya | 2014.10.25 11:51

Mayaさま☆
 久々の旅行記、どこへ行ったかとおもったら、利尻ですか!
 しかも、青組のお友達と現地集合とは!
 HACの利尻便はいつか利用してみたいと思ってます。
 そして、稚内から、エンジンを換装して運行を再開した「サロベツ」に乗るかとおもいきや、レンタカーで女満別経由釧路!
 まるでトラックドライバー並に長距離、凄すぎます。

投稿: buschan | 2014.10.23 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/60477117

この記事へのトラックバック一覧です: 利尻へ飛行機で行くお話:

« ■ガールフレンド(仮) 第1話「はじめての約束」 | トップページ | ■失われた未来を求めて 第1話「失われた未来」 »