2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 小樽築港 | トップページ | 湯河原直行の温泉旅 »

2014.07.28

白老

07/26
 こちらから、続いてます。

 ぐっすり眠って、爽やかに目覚めます。
 常識的な時間に起きるのって、素晴らしい…(^^;。
 山の空気は澄んでますしっ。
 昨日の夜、窓の外にホタルが飛んでいるのを見たの。
Img_3223
 「ほたるん」ってネーミング、可愛いよ。
 明るいところでは、見えないものが有るね。

 朝ご飯は07:00にお願いして有ったので、レストランへと降りて行って。
 和風と洋風が混ざったような朝ご飯を食べました。
 にしても、皆さん早起きなのですねー。
 もうチェックアウトして行かれる方が居ましたもん。
 09:00過ぎまで居残っていた私が、最後のお客。
 カウンターには、領収書とお釣りが既に用意して有りました。
 ちなみに、1人で泊まっているのは、私だけです(^^;。

 ホテルを出ると、雨粒がぽとぽと落ちて来て、バス停に着いたときには、すっかり本降り。
 しかも、今日は土曜日なのに、私は平日の時刻表を見ていたので、約20分の待ち合わせとなります。
 曜日の感覚が吹っ飛んでますよ(^^;。
 幸い、近くに屋根付きベンチ装備の公園が有ったので、助かりました。

 バスの車窓からは、随分と立派な仮設道路が見えて、何の工事なのかと思ったら、北海道横断自動車道なのですって。
 そんなのを造っていたのですね。

 小樽築港の駅では、青春18きっぷに日付を入れて貰います。
 1日散歩きっぷが最強過ぎて、そちらでも良かったのですが…。
 枚数をこなさなくっちゃ、ね。
 走って快速「エアポート」に飛び乗り、琴似で普通に乗り換え。
 一旦、桑園で降りました。

 札幌競馬場へのJRバス乗り場は長蛇の列で、わ、こんなの初めて見ました。
 実は今日、札幌競馬場の改装オープン初日だったのですって。
 何かイベントをやっているのかな…?。
 フツーに競馬の開催かしら。
 昨日の豊平川の花火大会といい、今回、札幌では色々なイベントにぶつかるね。

 それと!。
 札幌の人と話していたら、こんな日に札幌へ来るなんて大変でしたね、なんて同情されてしまって。
 はえ?、何のことですかあ?。
 実は、PM2.5の濃度が上がって、札幌と千歳に注意情報が出ているそうなんです。
 原因は、東シベリアでの大規模な森林火災らしいのですが…。
 雨なので、全然意識していませんでした。

 札幌までの間には、回送の「トワイライトエクスプレス」がやって来て、同じく回送の「北斗星」がやって来て。
 夕方には、営業運転の「トワイライトエクスプレス」と「北斗星」も見かけたよ。
 DD51に牽引された、マヤ34まで来ました。
 いわゆるマヤ検、高速軌道検査ですね。

 14:00近くになった頃、快速「エアポート」に乗って、北広島へと。
 苫小牧行きの普通列車に乗り換え。
 「エアポート」は座れませんでしたが、こちらはがらがら。
 のんびりなのです。

 この列車、植苗は通過しますが、美々には停車なのです。
 通過列車の待ち合わせで、暫く停まるとの放送が流れて。
Img_3229
 私は、喜んでホームに降ります。
 傘をさして、美々の駅名板とかを撮りまくるのでした。
Img_3228
 嬉しい(^^)。
 そして、通過して行く「トワイライトエクスプレス」を見送ったのでした。

 苫小牧はやっぱり雨。
 傘をさしてもびしょびしょになってしまい、国道沿いまで歩いたものの、そのまま駅へと戻ってしまいました。
 …何してるんです?。
 聞かないで下さい。
 情け無いので(^^;。

 ダイエー跡地のビルを使って営業していたegaoも、8月末で閉店してしまうそうですね。
 挨拶文の掲示、内容が涙を誘います…。
 苫小牧の駅前、チェーンストアが次々と撤退して、すっかりスカスカになってしまいました。
 駅ビルの1階さえ、店舗が入らず、空きスペースになっているのですもの。
 地方都市で進む、空洞化の凄まじさを実感。
 コンパクトシティへの道は遠い、ね。

 さあて、残りの時間はどうしよう。
 カウンターの時刻表を借りて調べると、白老まで往復出来ちゃいます。
 あれれ、意外!。
 16:26の東室蘭行きに乗りましょう。
 その前の糸井行きはたったの1両で、「夕張-糸井」のサボが入っていました。
Img_3233
 ヘンな系統…。

 白老駅前のレストランでビーフシチューセットを食べて、これで一仕事片付けたような気持ちになりました。
 駅前には、航空学園の校舎が有ったり、ポロトコタンが近かったり。
 …何ですか、それ?。
 カムイコタンの親戚かしら(^^;。
Img_3238
 17:45の苫小牧行きは、学生さんで混んでます。
 青春18きっぷでの乗り継ぎらしい方々も見掛けました。
 私はぼーっと景色を眺めつつ。
 雨はもう、上がったね。

 それでは、新千歳空港20:00のJALで、羽田へと帰ります。
 職場へのお土産は、何も買わなくっていいや。
 どうせ、また来週来るのですし。
 今日の機内は、ちっこいのがいっぱい乗っていたよ。

 青春18きっぷが有るので、有効活用するべく、蒲田までバスで出て、JR重視で帰りましょう。
 今日はかなり元気なので、まだ何処かに寄ってもいい感じ。
 ん、かなりリフレッシュしたよ。
 新しい風に心もジャンプして!。
 これで、「心もJUMPして!夏のイントロ」編はおしまい。
 夏のイントロは鳴り始めます。

 次は、もうすぐに、湯河原泊まりの根府川だよー。
 その2、「夏色えがおで1,2,Jump!」編の予定。
 …ジャンプばっかしてますな(^^;。

« 小樽築港 | トップページ | 湯河原直行の温泉旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

buschanさん☆

 苫小牧市自体は、人口が増加傾向に有るそうですね。
 皆さん、何処で暮らしているのかなあ…。
 関東在住の私としては、駅前が寂れているのって、凄く不思議な感じなのです。

Mayaさま☆
 
 苫小牧はコンパクトシティを通り越して、スモール&サバイバルシティになってしまったのでしょうか・・・・
 千歳と札幌だけで勝負する、試される大地はちょっとかんべんしてほしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/60055619

この記事へのトラックバック一覧です: 白老:

« 小樽築港 | トップページ | 湯河原直行の温泉旅 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ