2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 巡空にっぽんその1、函館編 | トップページ | 巡空にっぽんその2、大阪編 »

2014.07.02

■ブラック・ブレット 第13話「神を目指した者たち」

 蛭子といい木更といい、正義よりも悪の方が、ずっとずっと強いちからを持っていて。
 その現実に、蓮太郎も染まってしまうのでしょうか…。
 実際、青空学校の幼女達、護ってあげられませんでしたものね。
 辛いのです。

 木更の闇は、かなり深くて濃いみたい。
 言動がまた、えげつないのです。
 顔も怖い。
 それより何より、あの現場に延珠とティナを連れて来ていることが…。
 木更はもう、復讐以外のことは何も考えられない状態みたい。
 さすがの蓮太郎も、そんな木更のこと、受け入れられませんでした。

 蓮太郎、ボロボロなのですよ。
 後はもう、延珠に癒して貰うしか有りません。
 蓮太郎には延珠しか居ないのですもん。
 「延珠に相応しい男になりたかった」と言っていたけれど…。
 それはもう、実現していると思うのです。

 延珠に縋り付いて泣いていた蓮太郎なのですが、延珠はすっごく優しい瞳をしていたなあ。
 いいですね。
 何もかも曝け出して、通じ合ってる感じがするもん。
 「ずっと側に居てくれ」って。
 延珠からの「せーやく書」も、実はかなり切実な内容だったですものね。
 願望とかでは無くって、2人で生きて行く上で、絶対に守って欲しいこと、なんですもの。

 お祝いの席に、お葬式からの格好そのままで行くのも、今の2人の状況を良く表してます。
 あの世界でも、人身事故で電車が止まったりするんだなあ、なんて思いつつ、レギュラーの誰かが消されたんじゃ無いかって、そんなことも気になりました。
 バッテリーを沈めたあの眼鏡なら、別にいいけれど…(^^;。

 そんなラストで、ガストレアのこととか、みんな吹っ飛んでしまいそうになります。
 現実に、ガストレアを利用しているヤツも居るみたいですし、人間の敵は、やっぱり人間なのですよねえ。
 爆弾が不発だったのも、まさか意図的に仕組まれてたんじゃ…。
 疑い深くなってしまいますよお。

 彰磨のことは、助けてあげて欲しかったです。
 臨時ペアの朝霞が、駆け付けてくれるかとも思ったのですが…。
 彰磨、格好良すぎなのです。
 蛭子と小比奈も、最後には出番が有りませんでしたしねー。
 小比奈も、ティナの能力、羨ましがったりするんだなあ。

 この作品の世界、お話はまだまだ始まったばかりみたいです。
 とにかく幼女が可愛くって、ちょこまか動く姿にめろめろになりつつ、みんな次々と死んでしまうので、なかなかきっつい作品では有りました。
 普段はあんなに呑気なのにな。
 ほぼ全員が死亡フラグを持っている気がするので、見ていて気を抜けないってゆー、凄い緊張感なのでした。

 あ、そう言えば、天誅ガールズのCDが出てました。
 ティナもDVDを全巻見てハマったみたいですけど、天誅ガールズ、後半はそんなに前面には出て来なかったですよね…。

« 巡空にっぽんその1、函館編 | トップページ | 巡空にっぽんその2、大阪編 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/59918098

この記事へのトラックバック一覧です: ■ブラック・ブレット 第13話「神を目指した者たち」:

» ブラック・ブレット TokyoMX(7/01)#13終 [ぬる~くまったりと]
最終回 第13話 神を目指した者たち バッテリが届かないので、ガストレアの侵攻が 良く見えない。一人モデル梟のティナだけが見えていた。分からないので突撃を命じようとする蓮太郎。聖天子が人々と平和の願いを込めて放った精霊灯が届く。その灯りでガストレアの侵攻を全員が見えるようになる。 オペレーション開始、銃撃でガストレアを牽制して突撃する。蓮太郎はアルデバランにEP爆弾をセットするために 延珠と突撃する。蓮太郎をアジュバントのメンバーが助けてアルデバランに 向かわせる。延珠との攻撃でアルデバランにEP爆... [続きを読む]

» ブラック・ブレット 第13話「神を目指した者たち」 [WONDER TIME]
「大丈夫だ 蓮太郎  わらわと蓮太郎だけは、ずっとずっと一緒だから」 アルデバランとの最終決戦――! そして、第三次関東大戦の引き金を引いた人物と対峙する木更    【最終話 あらすじ】 影胤たちを迎え、ついに完成を見たアジュバント。そして、アルデバランを迎え撃つオペレーション『レイピア・スラスト』を決行すべく、かつて人類が勝利を手にした『回帰の炎』が最終決戦の地に選ばれる。...... [続きを読む]

« 巡空にっぽんその1、函館編 | トップページ | 巡空にっぽんその2、大阪編 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ