« ■デート・ア・ライブII 第5話「ディーヴァ」 | トップページ | ■星刻の竜騎士 第6話「青の聖騎銃(ブリューナク)」 »

2014.05.14

■魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」

 テロリストと戦うのは、全て深雪の為。
 達也ってば、はっきりと言い切りました。
 それが、テロリストのアジトへ襲撃をかける主な理由。
 深雪もお供するって。
 とんでもない兄妹なのです。

 実は、明確な差別とかって、元々存在しなかったのかもしれないね。
 他ならぬブランシュが、生徒を煽っていただけなのかも…。
 桐原もいいヤツでしたし。
 十文字との会話は、いかにも男らしくって、格好良かったよ。

 レオンはアナログな魔法を使うけれど強くって、エリカは摩利より上位の剣の使い手。
 やっぱりみんな、それぞれ一芸を持っているのでした。
 油断なりませんね。
 そういうの、私は大好きです。
 さすがに、達也は桁外れですけど。

 今回は、みんなそれぞれに役割を分担して、総合力で勝負した感じなので、見ていて楽しかったです。
 全てを達也が担っていたら、つまらないですものね。

« ■デート・ア・ライブII 第5話「ディーヴァ」 | トップページ | ■星刻の竜騎士 第6話「青の聖騎銃(ブリューナク)」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」:

» 魔法科高校の劣等生 TokyoMX(5/10)#06 [ぬる~くまったりと]
第6話 入学編IV 公式サイトから生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献にハッキングを仕掛けていた。同盟のリーダーである司甲から、彼らの手引きを命じられた紗耶香。言いつけに従いながらも、明らかな犯罪行為を前に心中は複雑で……。 テロリストと戦うレオとエリカ。達也と深雪が駆け付けて援軍となる。小野先生が狙いは図書... [続きを読む]

» 魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」 [MAGI☆の日記]
魔法科高校の劣等生の第6話を見ました。 第6話 入学編VI レオンハルトやエリカの力も借りて反魔法活動団体の狙いである魔法大学の非公開資料を達也と深雪は守り抜くのだった。 剣道選手としての評価と二科生としての評価のギャップに悩んでいた紗耶香は甲にマインドコントロールされていたようで、達也は勘違いし続けた1年間は無駄ではなかったと説く。 そして、反魔法活動団体を根絶やし...... [続きを読む]

» 魔法科高校の劣等生 第6話「入学編 6」 [ボヘミアンな京都住まい]
エリカvs紗耶香の殺陣のシーン、OP画のカットから少しは期待してたんですけどね・・・決めッ!ってところを直接描写でなく背景画で誤魔化すしBGMはダサダサだったりで演出がイマイチ。ここは入学編でのアニメスタッフの腕の見せ所の1つだったと思うんだけどなぁ・・・。 紗耶香の懺悔を桐原が盗み聞きしていたのと、十文字と桐原の問答のシーンはアニメオリジナル。桐原が中学時代に紗耶香へどういう印象を持っていたのかというのは後々のエピソードで語られることではありますが、それの前倒しというか、ブランシュ日本支部へのカチ... [続きを読む]

« ■デート・ア・ライブII 第5話「ディーヴァ」 | トップページ | ■星刻の竜騎士 第6話「青の聖騎銃(ブリューナク)」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー