2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■ご注文はうさぎですか? 第2話「小麦を愛した少女と小豆に愛された少女」 | トップページ | ■デート・ア・ライブII 第2話「颶風(ぐふう)の御子」 »

2014.04.19

大分→熊本

 フェリーさんふらわあ「さんふらわあぱーる」神戸六甲-大分、乗船記から続いてます。

03/11
 バスで、大分駅にやって来ました。
 まだ07:30前ですが、今日はもう帰るだけ、特にアテも有りません。
 前回同様、ロッテリアで朝ご飯を食べつつ、行程を検討します。
 帰りのフライトは熊本なのですよね。
 鹿児島中央経由がご無沙汰だから、そっちがいいかな。
 でも結局、無難に博多経由にしてしまうのでした。

 「ソニック」はグリーン車にしてみたよ。
 みどりの窓口で、グリーン券と乗車券を購入します。
 空いてるみたい。
Img_2720
 朝の日差しの中を、「ソニック」は快調に走って行って。
 西大分では、「さんふらわあぱーる」の船体は見通せず。
 別府の「さんふらわああいぼり」は、ちゃんと確認出来ましたあ。

 車内では、おねーさんからおしぼりとキャンディーを貰って、景色を眺めたり、広報誌Pleaseを読んだり。
 のんびり過ごしていたのでした。
 小倉のエンド交換では、運転室仕切りのガラスが、曇ったりクリアになったりするのを、興味津々で眺めて。
 あれ、一体どーいう仕組みなんだろ。

 博多では、例によって、キャナルシティへ行きます。
 ご飯も食べなくっちゃ。
 博多在住のお友達とメールしていたら、キャナルシティでグリーンカレー食べてみ、なんて言われたので、そこを採用。
 ちなみに、貰った情報は「映画館とか有る建物の無印の隣りの喫茶店」なんて曖昧な情報だけ。
 しかも、本人はチキンカレーを食べたとか…。
 何ですかそれは(^^;。

 まあ、お店は簡単に見付かりました。
 色がグリーンじゃないグリーンカレーだったけれど、美味しかったです。
 口当たりは柔らかいけれど、とっても辛くって。
 私好み。

 この後は、熊本へ移動しますよー。
 高速バスを採用です。
 キャナルシティ近くに金券ショップが有って、回数券をばら売りしていたけれど、通常運賃でもお安いです。
 西鉄バスなら、Suicaも使えますし。

 高速バス「ひのくに」号は、とっても沢山の本数が走っています。
 すぐに来た便は見送って、「スーパーノンストップ」に乗るよ。
 昼下がりの高速バスは、さらっとお客さんが乗って発車です。
 気だるい空気が漂います。

 私は、ネカフェの所在を検索して、通町筋で下車。
 ぶらぶらと商店街を歩きます。
 何か気持ちが良かったので、そのままお店を覗きながらお散歩。
 ナビで地図を確認したら、藤崎宮前駅の近くです。
 駅へ行ってみたら、すぐの電車が有ったので、熊本電鉄に乗ることにしましょう。
Img_2721
 行動が、本当にアトランダムだあ。
 ちなみに、最初から乗り継ぐつもりなら、西合志のバス停が三ツ石駅の至近です。
 「ひのくに号高速バス・電鉄電車乗り継ぎ乗車券」なんてのも発売していますよん。

 まずは藤崎宮前から北熊本まで行って、ホーム反対側の上熊本行きに乗り換え。
 上熊本行きは、懐かしい東急の電車でした。
Img_2724
 長い吊り革は、カーブの度に網棚にぶつかって、かちゃかちゃ音を立てます。
 うわ、懐かしー。
 広告の「東急食堂」とか「東急東横店」とかの文字もそのまんま。
 ワンマンの料金案内も、LEDでは無く、幕がぐるぐる回転して。
Img_2722
 バスでもあんまり見かけないよー。
 時間が止まってしまったみたいな、車内なのです。
Img_2725
 1両編成なので、前と後ろで顔付きも違ってます(^^)。

 上熊本からは、JRに乗り換え。
 キオスクでは、野菜とか売ってました。
 早めに入場したけれど、列車は10分以上遅れているそうで…。
 あ、なら、もっと駅前をお散歩していれば良かったな。

 熊本駅では、お隣のホームに「SL人吉」号が到着していました。
Img_2731
 私は、新幹線側の改札を抜けて、エキナカでご飯を食べられるお店探し。
 散々悩んで、太平燕と熊本牛ステーキ丼のセットを採用。
 太平燕、実は今まで避けていたのですが、しっかりしたスープで美味しかったです。
 どちらもミニサイズなので、ちょっと量が物足りない位。

 さあて、それじゃあ空港へ行きましょう。
 こんな遠回りになるなら、福岡空港発にしておけば良かったよお。
 かなり後悔(^^;。
 楽しかったですけどねん。
 リムジンバスの最後列席で、ごそごそパソコンをいじっていたのでした。
 おしまい。

« ■ご注文はうさぎですか? 第2話「小麦を愛した少女と小豆に愛された少女」 | トップページ | ■デート・ア・ライブII 第2話「颶風(ぐふう)の御子」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

buschanさん☆

 神戸六甲へは。いつもJRからのフェリーバス利用でした…。
 オレンジフェリーは、さすがにタクシーでしたけど(^^;。
 新交通システムも新鮮ですね。
 利用者さんは、そんなに多くは無かったです。

 かなりご無沙汰の船も多くなって、次は2巡目でしょうか(笑)。
 東京からの沖縄航路も乗りたいです!。
 今はお仕事が人手不足で、長いお休みは取れそうに有りませんが…。
 いずれ、必ず!。

 本は、さすがに無理ですねー(^^;。
 そこまでのレベルに達していませんし。
 離島を自転車で回ったり、皆さん、本当に凄いです。

 鉄道関係も、そろそろ強化の方向で(^^)。
 ソニックの運転席仕切りガラスは、曇ったり戻ったり、その規則性が謎でした。
 やっぱり、連動なのですね。

 次の機会には、くまモン電車に挑戦してみますね。
 いつになるかなあ。
 太平燕も食べに(^^)。

Mayaさま☆
さんふらわあぱーるの乗船記ありがとうございました。
私はポートアイランドからの乗船は阪九フェリーしかないのですが、大抵ポートアイランド北口駅まで無軌条鉄道(ポートライナー)で行ってます。
ああいう第三の鉄道って、お金がかかってますもんね。
長距離フェリー完乗船おめでとうございます!
全部乗るって、右横のメニュー見ればわかりますが、凄いですね。
折角なので、離島航路の乗りつぶしもやってください。
そして、カベルナリア吉田さんみたいに本を出しましょう(笑)

いつも思うのですが、Mayaさんの乗船記は、乗船前後が面白いです。
大分に着いて、熊本空港に向かうなら、直行できる産交バスで向かうとか、JRの九州横断特急で肥後大津に出るとか考えずに、ソニックのロザで博多に向かい、博多→熊本がなぜか九州新幹線ではなく、高速バスの熊電経由なのが面白いです(^^)
白いソニックの運転台後ろの仕掛けですが、あれはブレーキングと連動していると思います。
885系はワンハンドルマスコンですから、回生ブレーキが入ったと同時に、昔の銀座線のように車内の蛍光灯をきるとひんしゅくなので(^^;;、液晶に通電して遮光(完全には遮光出来ない)して、運転操作に集中してもらうのでしょう。
私もJR九州のロザは安くて快適なので、よく使います。
クマでんの高速バスとの乗り継ぎ切符ですが、私も現地に行って初めて知りました。
今度はぜひハイテクなくまモン電車に乗りに行って下さい。
熊電の元東急5000系は、私が武蔵小杉にいた時の東横線の主力、どうしても還暦の祝いで乗りに行きたかったのです。
やっぱり、吊り革は長くて、東急百貨店の広告がなきゃダメです(笑)
昔武蔵小杉にいた時、5000系にはあるいたずらをしてましたが、さすがにおじいちゃんになった5000系には禁物です^_^y
ラーメンは九州以外では殆ど食べない私ですが、熊本に行くと熊本ラーメンではなく太平燕を選びます。
春雨なんでとてもヘルシーなんですよね。
通町筋に有名店があるので、よく通ってます。
私も、船舶事故が怖いので、韓国以外でフェリーに乗りにいきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/59492743

この記事へのトラックバック一覧です: 大分→熊本:

« ■ご注文はうさぎですか? 第2話「小麦を愛した少女と小豆に愛された少女」 | トップページ | ■デート・ア・ライブII 第2話「颶風(ぐふう)の御子」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ