« ■未確認で進行形 第12話「わかってる? わかってる」 | トップページ | 和歌山港→魚崎 »

2014.03.28

■桜Trick 第12話「プリンと美月の決意/桜Trick」

 優と美月会長って、やっぱり凄く似ています。
 好みとか、焦ったときの行動とか。
 眼鏡を外したときの顔、もっとちゃんと見たかったな。
 バケツプリン、抹茶に小豆は、2人に凄くツボだったみたい。
 さすが、フツーの人にはキツくって、ガーリックを要求されたり。
 明日は卒業式なのにい(^^;。
 さくっとパスタを作る春香、手際いいです(^^)。

 春香としては、特別な感情を抱いているのって、あくまで優だけで、いくら好かれても美月会長に魅かれたりはしませんでしたねー。
 ストレートに迫られても、それは変わらず。
 てゆーか、春香、自分の気持ちとかそういうの、あんまり良く分かって無いんじゃ…(^^;。

 そっかあ。
 2人のキスって、あくまで仲良しのかたちの延長、心の繋がりってことで、そこに気持ち良さが少し(かなり)加わった感じなのですねー。
 だから、そんなに密着したりはしないの。
 今では2人、堂々とキスしているよ。
 最初は人目を気にしていたのになー。
 もう、ピュアじゃ無くなった…?(笑)。
 他の誰かに、見付からないようにして下さいねえ。

 美月会長が卒業して、他県の大学に進学して、みんなのクラス替えは無いけれど、廃校が決まっているから新入生は入って来ない。
 寂しいものですね。
 ゆずが泣いちゃう位ですもの。
 コトネの許婚のこととか、泣かせる設定が多いのでした。

 舞い散る桜は、やっぱり凄く雰囲気が有って。
 作品のタイトルを意味とかを、考えてみたりもします。
 最初はどーなることかと思ったけれど、慣れたというか、春香と優の気持ちが少しだけ分かった気がして、ちょっとどきどきな気持ち。
 楽しかったです。
 春香は妄想癖が有るけれど、実は結構しっかり者で、優はワガママなところは有るけれど、やっぱり結構しっかり者なのでした。

« ■未確認で進行形 第12話「わかってる? わかってる」 | トップページ | 和歌山港→魚崎 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■桜Trick 第12話「プリンと美月の決意/桜Trick」:

» 桜Trick 第12話「プリンと美月の決意/桜Trick」 [のらりんすけっち]
美月会長ついにはるぽっぽに告白! どうなる百合の相関図でしたが。 はるぽっぽ×優カップル、最終回もちゅっちゅしまくってて、鉄壁のその先はなし! というか、恋愛の「好き」という要素ゼロだったのに驚いた。 恥じらいはあるし、あれだけ熱いちゅーなら体が自然に反応しそうなのですが。 美月会長は明らかに春香を恋愛対象で見てたわけで…最終回に思わぬ展開を見ましたわ。 悲恋に終わった美月会...... [続きを読む]

» 桜Trick 第12話「プリンと美月の決意/桜Trick」 [空 と 夏 の 間 ...]
美月さんのまさかの告白(笑) 相手の春香さんに自覚がないのが不憫な(^^; 最後までキスでを終わったのはこの作品らしいですね♪ 受験を終えた美月と理奈のために、春香たちは園田家で送別会を開くことに。 それぞれがプレゼントや手紙、料理などで美月たちをお祝いする。 そんな中ちょうど春香と優が二人で料理をしているところに美月が現れ、二人のキスについて言及。 すると優と美月は...... [続きを読む]

» 桜Trick TBS(3/27)#12終 [ぬる~くまったりと]
最終回 第12話 公式サイトから受験を終えた美月と理奈のために、春香たちは園田家で送別会を開くことに。それぞれがプレゼントや手紙、料理などで美月たちをお祝いする。そんな中ちょう ど春香と優が二人で料理をしているところに美月が現れ、二人のキスについて言及。すると優と美月はそのことについて言い合いを始めてしまう。しかし言い合いの中、美月の口から出てきたのは思わぬ一言だった。そしていよいよ三年生は卒業式を迎える…。 A プリンと美月の決意 美月会長と理奈副会長の送別会を園田家で開催する。美月会長は知ってい... [続きを読む]

» すきときめときす【アニメ 桜Trick #12(終)】 [腐った蜜柑は二次元に沈む]
桜Trick 1 (初回特典:イベント優先購入抽選券) [Blu-ray](2014/03/19)戸松遥、井口裕香 他商品詳細を見る アニメ 桜Trick 第12話 (最終回) プリンと美月の決意/桜Trick 桜舞う道を特別なあなたと―... [続きを読む]

« ■未確認で進行形 第12話「わかってる? わかってる」 | トップページ | 和歌山港→魚崎 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー