« ■となりの関くん 第12話「ラジコン」 | トップページ | ■ノラガミ 第12話「一片の記憶」 »

2014.03.26

■ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル 第11話「シャイニング・セシル Shining Cecil」

 このサブタイ、何気にお気に入りなのですよ(^^)。

 柄工双は本当、何がしたかったのやら。
 単純に、セシルに情が移ったってことなのでしょうけど…。
 やり方が強引過ぎなのも気になるですし。
 結果的に、セシルを確保出来たから、それはそれでいいのですけど。

 死んでしまった江来利は、もよが蘇生させたよ。
 いや、だから何者なんだ、もよ。
 ルシフェルの能力を持っているなら納得ですが、どうもセシルとの関わり方が中途半端とゆーか。
 甘いのか厳しいのか、微妙なのです。
 味覚が崩壊しているのは、悪魔が関係しているからだったですかあ(^^;。

 セシル自身は、ちゃんと事情を把握しているのかな?。
 一度は死んでて、実は父親がその事情を知っていて。
 かなり衝撃の事実なんですけど!。
 母親の事件も、最初から再捜査ってことになる筈。
 セシルに弁護を依頼した麻楠、一体何を考えているのやら。

 それはそれとして、ディアボロイドを作るのに、東京タワーを壊しちゃったりするのは、さすがにどうかと思うのですよ。
 中に居た人とか、無事なのかしら。
 弁魔士なのですもん、そういうのはいけないことだと思います。
 その辺り、ちゃんと設定で折り合いを付けて欲しかったかなあ。

 ラストは、バタフライ法律事務所総動員で戦って欲しいけれど、法廷が舞台じゃ、そういうわけにも行かないかなあ。
 勝負服を着たセシルに期待です。

« ■となりの関くん 第12話「ラジコン」 | トップページ | ■ノラガミ 第12話「一片の記憶」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル 第11話「シャイニング・セシル」 [パンがなければイナゴを食べればいいじゃない]
評価 ★★★ 法律破るダメ。ゼッタイ!                          [続きを読む]

» ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル TokyoMX(3/23)#11 [ぬる~くまったりと]
第11話 シャイニング・セシル バタフライ法律事務所に武装警察が訪れる。須藤セシルの身柄拘束のために静夢が指揮。工白に会って帰るセシル、事務所に武装警察が突入した ことを知って蜂谷は事務所に戻る。穂樽はセシルと逃走する、途中で左反と合流。左反のプレコグニションで黒幕も判明した。角美が関係者を当たっている。 3人の前に立ち塞がる静夢。穂樽、左反を倒し、武装警官も倒してセシルを捕える。死亡したクインを助けるもよ、セシルのためらしい。バタフライの予言どおりか、片瀬を殺害する麻楠。 マカルの教団でセシルを生... [続きを読む]

« ■となりの関くん 第12話「ラジコン」 | トップページ | ■ノラガミ 第12話「一片の記憶」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー