« ■ウィッチクラフトワークス 第10話「多華宮君とウィークエンド・前編」 | トップページ | ■となりの関くん 第10話「ゴルフ」 »

2014.03.10

■ノブナガン 第10話「DOGOO」

 司令と土偶、そしてサンジェルマンは、長い付き合いなのですね。
 ずっと若い女の子の姿で居ればいいのに、なんて思ったけれど、一度は普通の生活に戻って、その間に歳をとってしまったみたい。
 あ、成る程。
 でも、土偶と一緒に居た司令、冬眠したり起こされたり、その役割が良く分かりません…。
 サンジェルマンも、一体何者なんだか…。
 侵略はしないタイプの、進化侵略体と似た何か…?(^^;。

 E遺伝子は、意図的に埋め込まれていたですかあ。
 選択は土偶が行って、司令の意思は全く反映されていない模様。
 そして、いつ適格者が出現するかは分からないんだ。
 しおも、特に監視下には有りませんでしたし。
 進化侵略体が到達する時期まで分かっているなら、地球外で破壊とか出来なかったのかなあ。
 まあ、土偶だって、万能では有りませんものね。

 ジャックは、どうしてしおが1人で戦艦型と戦ったのか、それが気になっていたらしく。
 一応、本人に確認に来たよ。
 可愛いヤツ(笑)。
 何か、しおはいっぱいいっぱいでした。
 甘納豆全部食べちゃった。
 ジャックは甘納豆にありつけず…。

 織田信長らしく、意表を突く作戦を考えるのは、お手の物みたい。
 ウィドックのお株を奪う発想なのです。
 師匠のキャパまで引っ張り出して。
 そういうしおの頑張りと能力は、凄いって思うな。
 あんなイカに、負けてられませんものね。
 しお、凄く格好いいよ。

 ホルダーの皆さんも、文句を言いつつ、ちゃんと命令には従っています。
 自分の能力を極限まで発揮出来る作戦だって、分かっているのでしょうね。
 適材適所(^^)。
 1人、テンションの低い方も居ましたけど…。
 今回、なかなか気持ちの良い展開で、見ていてわくわくしちゃいました(^^)。

« ■ウィッチクラフトワークス 第10話「多華宮君とウィークエンド・前編」 | トップページ | ■となりの関くん 第10話「ゴルフ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ノブナガン 第10話「DOGOO」:

» ノブナガン TokyoMX(3/09)#10 [ぬる~くまったりと]
第10話 DOGOO 公式サイトから故郷を滅ぼされて途方に暮れる少女を、土偶は進化侵略体と戦う戦士集めにさそう。それは、およそ1800年前のことだった。 かたや現在。ジャックに対して意識しまくりのしおに、ジャックは先の戦闘で見せた行動を問いつめて…。 故郷が燃えてしまった、私は卑弥呼様には成れなかった。土偶と出会う壱与。300年後に目覚めた壱与、フランク王国の傑物を探しに行くよ。遺伝子を操作してE遺伝子を作り上げる。面白い人間を見つけて来たよと、サンジェルマンを紹介する。ヨーロッパの人間で足には枷が... [続きを読む]

» ノブナガン 十ノ銃「DOGOO」 感想 [趣味人の宿部屋]
時代に置き去りにされた悲哀。 あらすじ 故郷を滅ぼされて途方に暮れる少女を、土偶は進化侵略体と戦う戦士集めにさそう。それは、およそ1800年前のことだった。 かたや現在。ジャックに対して意識しまくりのしおに、ジャックは先の戦闘で見せた行動を問いつめて…。 《武藤志織コメント》 こんにちは!新人の武藤志織です。 いよいよ大詰めになってきました。この回は難しい台詞が多くて...... [続きを読む]

» ノブナガン 第10話 「十ノ銃 DOGOO」 感想 [アニメだけが救い]
大事な話があるとしおと二人きりになったジャック。 お話はドグー結成から始まる。 [続きを読む]

» ノブナガン 十ノ銃 [ぷち丸くんの日常日記]
今回は、司令(CV:さとうあい)、土偶(CV:渡辺明乃)、サンジェルマン(CV:遊佐浩二)の出会いが出て来ました。 司令って、1800年前の人だったんですねw 国を滅ぼされた少女だった司令・・・ 胸に付けているネックレスの勾玉は・・・卑弥呼さまに使えている子だったのかな。 そんな彼女に土偶は、進化侵略体と戦う戦士集めに誘います。 サンジェルマンは正体は不明ですが...... [続きを読む]

» ノブナガン 十ノ銃「DOGOO」 [パンがなければイナゴを食べればいいじゃない]
評価 ★★ ここにきて司令の過去話って……                    [続きを読む]

« ■ウィッチクラフトワークス 第10話「多華宮君とウィークエンド・前編」 | トップページ | ■となりの関くん 第10話「ゴルフ」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー