« 小倉→熊本 | トップページ | ■ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル 第6話「ヒーロー・ショー Hero Show」 »

2014.02.19

■ノブナガン 第7話「ムサシ・ワンダー」

 アメリカって、面倒臭い国なのですね。
 プライドが有るので、DOGOOの出動を断ったり。
 まあ、あれだけでっかい空母を運用している超大国なのは事実なので…。
 しおも大満足。
 300メートル超は、走り甲斐有りそう。

 ちなみにしおも、面倒臭い女の子だったりとかします。
 こっちは、単なるミリオタ。
 オタクって細かいですものねえ。
 大和と武蔵の違いなんて、私は全然分かりません。
 てゆーか、姉妹艦だったですかあ。
 しおの薀蓄、なかなか楽しかったです。

 空母とムサシワンダーをぎりぎりですれ違うようリクエストしたのは、しおだったみたい。
 艦長も、プライドを刺激されたご様子で。
 何かいいなあ。
 クルーは大変です。
 あそこは、耐ショック姿勢の指示を出しておくべきだったかと!(笑)。

 旧帝国海軍の怨霊と進化侵略体の融合。
 進化侵略体の本質って、実はその辺りに有ったりするのかとも思ったけれど、それは今回限りのレアケースだったみたい。
 武蔵でパナマ運河を目指していたなんて、健気じゃないですかあ。
 さすがに、アメリカは気に入らなかったみたいですけど。

 深海深く沈んだ進化侵略体は、そう簡単には戻って来れないんですって。
 って、戻って来る可能性は十分有るんかい!。
 なんてしぶとい生物なのでしょう。
 なあんて、元々そこに住んでいる生物は居るわけですから、地球の生物だって、十分にしぶといわけなのですが。

 最後は、第2小隊も休暇でバカンス。
 色気の全く無い、しおのスク水姿、一部には好評だったみたいです。
 あらら。
 しおは水の抵抗が少なそうなスタイルなので、きっと泳ぎは得意なのではないかと…(^^;。

« 小倉→熊本 | トップページ | ■ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル 第6話「ヒーロー・ショー Hero Show」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ノブナガン 第7話「ムサシ・ワンダー」:

» ノブナガン TokyoMX(2/16)#07 [ぬる~くまったりと]
七ノ銃 ムサシ・ワンダー 公式サイトからパナマ運河へ向けて、かつての戦艦武蔵が進む。「ムサシ・ワンダー」と名づけられたこの物体は、分厚い武蔵の装甲と群生型侵略体におおわれ、アメリカ軍の攻撃を物ともしない。熱核攻撃が検討される中、第二小隊が出撃するとなり…。 米国第3空母群の先鋒ハルゼーを襲う進化侵略体。ムサシ・ワンダーとなってパナマ運河を目指す。 その映像にハイテンションなしお。これが日本のオタク?米軍はDOGOOの協力不用、熱核攻撃も辞さない覚悟。戦艦武蔵の部品を多数の進化侵略体が接続している。ガ... [続きを読む]

« 小倉→熊本 | トップページ | ■ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル 第6話「ヒーロー・ショー Hero Show」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー