« ■ノブナガン 第7話「ムサシ・ワンダー」 | トップページ | ■ノラガミ 第7話「迷い事、定め事」 »

2014.02.19

■ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル 第6話「ヒーロー・ショー Hero Show」

 セシルの能力って、事件の中でしか覚醒して行かないのでしょうか…。
 極限状態に置くのが、手っ取り早いのでしょうけど。
 あれ、周囲には迷惑過ぎなのです。
 それだけセシルは大物ってことで。
 ついでに、他の誰かが覚醒しちゃったりする可能性も…。

 あと、セシルの周囲には、怪しい動きをする人達がいっぱい居るよ。
 もよはこっそりと時間の進みを遅くしているし。
 きり爺はアイドルの握手会に行ってるし。
 角美はヒーローショーノリで、作戦も無く飛び込んで来るし。
 夏菜は相変わらずつんつんしてるし。
 静夢はしっかりウドで黒幕だし。
 クインはランチャーとか入手してるし。
 何ですか、この状況(^^;。

 セシルが魔術に頼り過ぎなのは、確かにそうかもです。
 新人さんなのですし、地道な調査とシャープな推理も必要なのです。
 ディアボロイドを使うと、周囲の財産の侵害も甚だしいからなー。
 あれはまさに迷惑。
 ちゃんと元に戻せるなら、別にいいのですけど。
 使い終わったディアボロイドは、どーなっちゃうの。

 角美は、一体何だったのでしょう(^^;。
 子供達には大人気だったから、別にいいのですけど。
 ヘンな衣装。
 使い魔も、家事以外にはあんまりお役には立たないみたいだけれど、リップ投げたりして、息の合ったところは見せてくれました(^^)。

 今回のラスト、処分を終えた静夢の拳銃を出させたクインのシーンが、凄く印象深かったなあ。

« ■ノブナガン 第7話「ムサシ・ワンダー」 | トップページ | ■ノラガミ 第7話「迷い事、定め事」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル 第6話「ヒーロー・ショー」 [空 と 夏 の 間 ...]
魔法の使いすぎを叱られたセシル 落ち込んでるセシルをコスプレに誘う角美。 それがまさかのヒーローショーの始まりだった(笑) コスプレ回でしたw セシルたちのわがままボディだとコスプレも大変なことになりますね(^^;  ... [続きを読む]

» ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル TokyoMX(2/16)#06 [ぬる~くまったりと]
第6話 ヒーロー・ショー 魔禁法10条違反で高級車が買える額の罰金を 請求されているセシル。魔禁法5条の魔術未登録も請求されている。セシルの事件には魔術が多く関わっている。弁魔士としての自覚が足りないと穂樽。落ち込むセシルを後楽園で待ち合わせと何かを 手渡す角美。翌日、後楽園に向かうと通行止めで道に迷う。メタモロイドが出現して子供達とセシルが人質にされる。魔法を使えば良いのに昨日の件で控えるセシル。犯人の説得を試みると、目的は世界征服だ。 何かがおかしい犯人たち。角美から渡されたのはヒーローの衣装だ... [続きを読む]

« ■ノブナガン 第7話「ムサシ・ワンダー」 | トップページ | ■ノラガミ 第7話「迷い事、定め事」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー