« ■ノラガミ 第6話「コワイヒト」 | トップページ | In the snow. »

2014.02.12

■ノブナガン 第6話「カイジュウノニク」

 極限状態でのああいう冗談、本気で洒落になりません。
 病んでしまうのも当然と言えば当然で。
 実はそういう実験をしていたのか、或いは本当に寄生型の進化侵略体が居るのか、そういうパターンも疑っちゃいましたもん。
 ゴンダはあっさりと、自らが解放した進化侵略体に殺されてしまったよ。
 元々、そういう素養は有ったのでしょうか。
 プロを相手に、手際が良過ぎだったもん。

 閉ざされた空間で襲われるのって、かなり怖いですよね。
 ジェロニモは、借りた通信機の異常に、ちゃんと気付いていたから一安心。
 第1小隊がいきなり全滅しちゃったら大変です。
 対人にはAUウェポンを使わないっていうのも、実際大切だと思うのです。
 自分自身を保つ為にも。

 ガウディは、ショタキャラだったですかあ。
 ちょっと意外。
 ここにも1人、しおのファンが…(^^;。
 しおの写真、本人の知らないところで、どんどん拡散してます。
 しかもあれ、キャパに頼めば、いくらでも貰えるそうなんです。
 なら、いずれ新作も撮らなくっちゃ、ですねー(笑)。

« ■ノラガミ 第6話「コワイヒト」 | トップページ | In the snow. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ノブナガン 第6話「カイジュウノニク」:

» ノブナガン 六ノ銃 「カイジュウノニク」 [パンがなければイナゴを食べればいいじゃない]
評価 ★★ マリア・ウィリアムズです! って、誰なんだろうな?                    そして、 [続きを読む]

» ノブナガン TokyoMX(2/09)#06 [ぬる~くまったりと]
六ノ銃 カイジュウノニク 公式サイトから進化侵略体を運ぶ輸送機がアラスカ上空で遭難。護衛の任についていた第一小隊“ジェロニモ”“スーホ”“ガウディ”は人里離れた雪の山中に取り残される。近くの気象観測所に避難するが、そこにいたのは観測員のゴンダただ一人で…。 A・ローガンに生捕った進化侵略体を運ぶ輸送機に 護衛で第1小隊が同行。しかし天候不順で不時着するが通信不能。近所に民間の研究所がある。ジェロニモとスーホがそちらに向かう、ガウディは留守番。 施設には権田一人が対応する。通信機は壊されていて使用不能... [続きを読む]

« ■ノラガミ 第6話「コワイヒト」 | トップページ | In the snow. »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー