2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ■ノブナガン 第5話「第二小隊」 | トップページ | ■となりの関くん 第5話「消しゴムはんこ」 »

2014.02.03

■ノラガミ 第5話「境界線」

 ひよりは雪音を意識し無さ過ぎだし。
 雪音はひよりを意識し過ぎだし。
 ものすごーく危ういバランスみたいな感じが凄く。
 この2人を見ていると、心配になって来ちゃいます。
 あんまりいいことは起きなさそうですもん。
 そして何気に、この2人は嫉妬深かったりするの。
 夜トは人気者なのです(笑)。

 小福はともかく、野良の登場は、ちょっとした事件でしたものね。
 夜トが今までに何をして来たのか、今の姿からは想像出来なくって。
 普通に考えれば、過去が有るからこそ、今の夜トが有るのでしょうけど。
 神様のすることには、善も悪も無いっていうのは、確かにその通りだって、納得させられちゃいました。
 そんな夜トは、ちょっと怖かったな。

 ひよりの家で、雪音はひよりの匂いをいっぱい感じて、くんかくんかしていたっけ。
 この変態!。
 いえ、気持ちはよーく分かりますけど(^^;。
 でも実は、それってお父さんのシャンプーの匂いだったり。
 酷い。
 まあ、そういうことも有ります。

 妖も、化け物らしい姿形をしていてくれれば、斬るのに躊躇いは全く有りませんけど、元が幼女の姿だったりすると…。
 お母さんを待ったまま轢き逃げで亡くなって、そんな事情を知った上で一緒に話までしたんですもの。
 情が移ります。

 妖は、そういうのが怖いなあ。
 妖が言ういい匂いって、一体どんな匂いなんだろ。
 かなり美味しそうな匂いらしく。
 境界線、お役に立たなかったみたい。
 結局は、斬ってしまうのが一番いい方法だなんて、雪音にはきっつい展開なのでした。

 夜トは、雪音が通るべき道をちゃんと分かっていて、きちんとそれを示してくれそうなのです。
 そこにひよりは関係ないので、ちゃんと元に戻してあげて下さいね。
 色々と便利では有るのでしょうけど(^^;。

« ■ノブナガン 第5話「第二小隊」 | トップページ | ■となりの関くん 第5話「消しゴムはんこ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ノラガミ 第5話「境界線」:

» ノラガミ 第5話「境界線」 [WONDER TIME]
「あの子を解放してやれ、雪音!」 神器にしか使えない境界を引く力! 妖に取り込まれた女の子を助けて欲しいと言う雪音だけど…    【第5話 あらすじ】 神器としての能力を発揮し始めた雪音。ひよりは夜トは保護者失格だとして、雪音を自分の家で預かることにする。久々の人間らしい生活に、 自分と生きている人間の違いを感じる雪音。ひよりと買い物に出かけた際に、ふとスケボーを棚から借りて乗...... [続きを読む]

» ノラガミ TokyoMX(2/02)#05 [ぬる~くまったりと]
第5話 境界線 公式サイトから神器としての能力を発揮し始めた雪音。ひよりは夜トは保護者失格だとして、雪音を自分の家で預かることにする。久々の人間らしい生活に、 自分と生きている人間の違いを感じる雪音。ひよりと買い物に出かけた際に、ふとスケボーを棚から借りて乗り回すが「泥棒と一緒だ」とたしなめられてしまう。 神器だけが持つ力、境界をひく。妖が入って来られない、矛と盾。雪音の能力は凄い、こんなにも強い境界線をひけるとは。野良は都合の良い女なんだよ。 雪音君の面倒は私が診ます。良からぬことを考えると夜トに... [続きを読む]

» ノラガミ 第5話「境界線」 [空 と 夏 の 間 ...]
雪音の掘り下げ回。 ひより×雪音のおねショタも良いかも(笑) 夜トを狙う怖い毘沙門様も登場! 神器としての能力を発揮し始めた雪音。 ひよりは夜トは保護者失格だとして、雪音を自分の家で預かることにする。 久々の人間らしい生活に、 自分と生きている人間の違いを感じる雪音。 ひよりと買い物に出かけた際に、ふとスケボーを棚から借りて乗り回すが 「泥棒と一緒だ」と たしなめら...... [続きを読む]

» ノラガミ 5話「境界線」 [パンがなければイナゴを食べればいいじゃない]
評価 ★★★★ 境界の彼方……ではなく境界ね ……結界でよくね? それはともかく [続きを読む]

« ■ノブナガン 第5話「第二小隊」 | トップページ | ■となりの関くん 第5話「消しゴムはんこ」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー