« ■うーさーのその日暮らし 覚醒編 第1話「始動 ~とある日の風景、少女たちの日常、帰ってきたうーさー~」 | トップページ | ■中二病でも恋がしたい!戀 第1話「復活の…邪王真眼」 »

2014.01.08

■ディーふらぐ! 第1話「風間一派だ!」

 あ、京王線の千歳烏山駅!。
 ここも会社の近くだあ。
 なんて思って喜んでいたら、まんまの名前のキャラが居たです。
 てゆーか、女の子はみんな、京王グループなのですねん(笑)。
 芦花って名前は、可愛いかもっ。

 メンバーが濃過ぎて、リーダーの印象が薄くなってしまうのは、困ったものなのです。
 風間も、一応はリーダーとしての自覚は有るみたい。
 そのまま埋もれてしまうのかと思ったら、ちゃんと主人公していました。
 一安心。
 河原も同じく印象が薄いけれど、2人揃って停学に…。
 あの掲示、期限が書いてなかったけれど…。
 千歳、別に庇ってはくれなかったのですね(^^;。

 女子更衣室に突撃かけるなんて、ポジショニングの時点で、明らかに死亡フラグだったですよ。
 本人達、それを完全に忘れてましたけど…。
 力では勝っても、勝負での負けは最初から約束されていて。
 つまり、完全に負け(^^;。

 部室でボヤを出したのも、相当にヤバいのです。
 学校にばれたら大変だ。
 あれは、風間一派の頑張りに感謝だよ。
 芦花も、そこはちゃんと分かってくれていて。
 ゲーム製作部って、本当にゲームを作っているのかなあ。
 資料は充実していたけれど。

 風間も、芦花のことをあんまり覚えていないのかと思ったら、実はしっかり観察して、記憶に留めていたとゆー。
 もお、風間ってば!(笑)。
 落ちてしまったチラシを集めていた芦花の姿とか、凄くイタイケで…。
 あ、萌え属性。

 意図的な萌え攻撃よりも、そっちの方が破壊力有るです。
 通常攻撃は、風間には全く効果が無いですし。
 萌えをスルーされてしまうと、悲しいね。
 すかさず闇属性に転じるのは、自己防衛みたいなものなのかしら。

 なかなか楽しかったですよー。
 風間と芦花、全力で頑張っている様子は好感度高くって。
 ゲーム製作部が、本当にゲームを作るのかも、興味津々なのです。

« ■うーさーのその日暮らし 覚醒編 第1話「始動 ~とある日の風景、少女たちの日常、帰ってきたうーさー~」 | トップページ | ■中二病でも恋がしたい!戀 第1話「復活の…邪王真眼」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ディーふらぐ! 第1話「風間一派だ!」:

» ディーふらぐ 第1話「風間一派だ!」 [空 と 夏 の 間 ...]
タイトルは死亡フラグってことなのかな(^^; ツッコミが追い付かないハイテンションな学園ギャグものですw 声優陣がノッて演技される雰囲気なのが楽しい(笑)     府上高校でも有名な不良グループ「風間一派」。 リーダー格の風間堅次が仲間と共にクラブボックスを訪れると、 ゲーム製作部と書かれた部室で小火災が発生していた! 慌てて消火するものの、各々「属性」を主張する美少女...... [続きを読む]

» ディーふらぐ! 第1話 「風間一派だ!」 [ポットペトル]
どうも、どの属性が好きかと言われたらツンデレ属性か妹属性かパッとは答えにくい優柔不断なポットです。 まあ、強いて言うなら萌え属性ですかね。 ところで、ディーふらぐ!始まりましたね! 珍しく、ポットは原作既読している作品であります。 1話見た感じですがまあ可もなく不可もなくといったところですかね。 1話がどんな話だったか!?というと漫画同様結構まとめにくいのがこの作品...... [続きを読む]

» ディーふらぐ! テレ東(1/06)#01新 [ぬる~くまったりと]
第1話 風間一派だ! 公式サイトから府上高校でも有名な不良グループ「風間一派」。リーダー格の風間堅次が仲間と共にクラブボックスを訪れると、 ゲーム製作部と書かれた部室で小火災が発生し ていた!慌てて消火するものの、各々「属性」を主張する美少女部員たちに 突如襲われてしまう。必死に逃げる堅次だったが、部長を名乗る柴崎芦花に追いつかれて しまい突然「ゲーム製作部」に入らないかと勧誘を受けてしまう。 ゲーム製作部のチラシを配る柴崎芦花。チラシを落してしまい散らばったチラシを拾う風間堅次。 拳で天下を取ると... [続きを読む]

« ■うーさーのその日暮らし 覚醒編 第1話「始動 ~とある日の風景、少女たちの日常、帰ってきたうーさー~」 | トップページ | ■中二病でも恋がしたい!戀 第1話「復活の…邪王真眼」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー