2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 北九州経由の熊本行き、後編 | トップページ | 台湾の②ようやく入国しましたっ、編 »

2013.12.11

札幌経由の函館行き、その3

 こちらから続いてます☆。

12/06
 結果的に、昨日は早寝になってしまったので、今朝は06:00前に起きました。
 取り敢えず、お風呂へ行くですよー。
 クリスマスツリーのLED照明も落とされ、函館の夜景が静かに煌いていて。
 夜の間に雨が降ったらしく、路面は濡れているね。

 それじゃあ、朝ご飯にしましょうかあ。
 レストランは06:30からオープンしているそうですし。
 ビジネス系のホテルだと、オープン直後はとっても混雑したりしますけど、このホテルならそんなことは無い筈です。
 あ、やっぱり。
Img_2418
 いわゆる勝手丼を作って、後はデザートばっか食べていた私なのです。
 シュークリームが美味しかったよー。

 その後、またお風呂に入って、チェックアウト時間の11:00まで、ずっとお部屋にこもってみたり。
Img_2414
 函館空港15:25発のJL1168便で帰るので、1日乗車券を使うのも、レンタカーを借りるのも、中途半端な感じ。
 相変わらずのノープランなのですよ。
 適当に歩いてお腹を空かせて、カルベビへ行けば、私はもう満足なのです。

 取り敢えず、海辺のツリーを眺めて、バス停で空港行きのバスの時間を調べて。
 13:29発に乗りましょう。
 まだ2時間以上も有りますねえ。
 海沿いに函館どつくを目指して歩きます。

 途中、海上自衛隊函館基地隊の正門前を通ります。
 護衛艦「はまゆき」の主錨が飾られていたよ。
Img_2423
 この「はまゆき」の名前、聞き覚えが有るような…。
 あ、10月に「はまなす」を乗りに行ったとき、舞鶴で標的艦に改造されていた艦が、この「はまゆき」だった!。
 ネットで調べてみると、間違い有りません。
 巡り会わせって、不思議だね。

 工事中の夢の島へ渡り、ぐるっと一回り。
Img_2435
 さっきのツリーを対岸から眺めて、いつもとは違う方向から、青函連絡船「摩周丸」を眺めます。
 はるか遠くには青函フェリー、更にその先には津軽海峡フェリーの「ブルードルフィン」と「ナッチャンWorld」が見えるね。
 他にも、海上保安庁を始め、大学の練習船や、船がたっくさん。

 函館どつくでは、自衛隊の艦を建造中みたい。
 更に、301とナンバリングされた艦が出航して、岸沿いにぐるっと遠回りして、津軽海峡へ出て行きました。
 またネットで調べると、掃海艦「やえやま」だそうで、随分と南の方のネーミングですが、配属がこっちなのかなあ。
 それとも、ドック入りしていたの…?。

 函館どつくの対岸まで行ってみると、でっかい貨物船が出て来て、タグが3隻がかりで向きを変えています。
Img_2441
 貨物船のペラは水面上に出ているので、無動力状態ですねー。
 作業の都合で、向きを変えているのかなあ。
 そんなことを思いつつ、じっと作業を眺めていたら、船首にくす球を発見。
Img_2448
 あ、命名式&進水式だったんだ。
 なら、函館どつく内の間近で見せて貰えば良かったかも。

 器用に狭い水路に押し込んだのを見届けて、私は岸壁を歩きます。
 首筋に冷たい粒が当たって、びくっ!としたり。
 あ、雨粒。
 ウミネコのうんちかと思って、焦ったです(^^;。
 きやつら、全く油断ならないのです。
 さんさんと日差しが注いでいますが、午後からは雨の予報なのですよねー。

 それじゃあ、シスコライスを食べて、空港へ向かいましょう。
 お腹、あんまり空いてないですけど…。
 シスコライス分位の運動はしましたから。

 その後、ベイエリアでバスを待っていたら、「函館どつく船主関係者様」っていう札が掲げられたバスが到着して、あ、やっぱり進水式だったみたい。
 台湾の人達、なのかな。
 お土産を選んでましたです。

 函館空港では、端末で座席を変更して、と。
 同僚が食べたい食べたいと騒いでいたジャガJが山積みになっていたので、購入して。
 ジャガJ、札幌のサクララウンジで食べたことが有りますが、私はジャガポックルの方がいいな。
 他にも色々とお土産を買い込んで、荷物がいっぱいになってしまったので、1階に戻り、受託手荷物として預けてしまいました。
Img_2451
 氷結防止装置関係のトラブルで、機内への案内と出発が遅れ、その間にエバー航空が着陸して来たよ。
 「函館どつく船主関係者」の方々は、あれで帰るのかしら。
 更に、HACの小型機が着陸して来て…。
 って、あれは私が昨日乗って来た、丘珠からの便じゃん。
 昨日とは、立ち位置が逆になったわけですねー。
 こちらの出発が遅れたので、平行誘導路でお出迎えすることになりました。

 機内では、また非常口座席の説明を受けて。
 ベルト着用サインが消えたところで、膝にパソコンを載せてごそごそしていたら、「机をお持ちしましょうか…?」って。
 あ、大丈夫ですよー。
 ちなみに、机って、一体どんなのが出て来るのでしょうね(^^;。

 羽田には、定刻16:55からちょっとだけ遅れての到着です。
 気温16℃。
 何だか、生暖かい風が吹いてます…。
 夕方の道路渋滞に挫けそうになりつつ、リムジンバスで帰ったのでした。
 おしまい(^^)。

« 北九州経由の熊本行き、後編 | トップページ | 台湾の②ようやく入国しましたっ、編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

もも助さん☆

 深夜にお腹を空かせたりもするのですねー。
 大変そうですが、楽しそうにも感じられます(^^)。
 私の旅は、日常の延長みたいになっているので…。
 することは、家とあんまり変わりません(笑)。

台所で寝てる犬に 深夜何度も起こされ さすがに三度目となると こちらも宴会を始めました。老犬なんで もうダメ! のサインかなとも思いましたが どうも単なる空腹だったようで パンを3枚ペロリと食べると 何事もなかったように 寝てしまいました。函館の夜景を見てる生活と 随分な差だなと
 物悲しくワインを飲んでいます。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/58736079

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌経由の函館行き、その3:

« 北九州経由の熊本行き、後編 | トップページ | 台湾の②ようやく入国しましたっ、編 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ