« 北九州経由の熊本行き、前編 | トップページ | 新潟→上野、「北越」と「はくたか」にお別れ »

2013.12.09

札幌経由の函館行き、その1

12/05
 今回の旅は、冬の北海道を満喫しちゃおう!、ってことで、10日前ぎりぎりに、JALのダイナミックパッケージを予約したよ。
 私の満喫ポイントは、フツーの人とはちょっと違っているかも…。
Img_2379
 札幌市電の、雪ミク電車に乗ったりしたのだっ。

 ちなみに、JMBツアーの「小型プロペラ機で薩南諸島のアイランドホッピング2日間」と「巡空にっぽん」も検討したのですが…。
 この「アイランドホッピング」は、コースが酷くって。
 初日と2日目、ほぼ同じ行程じゃ無いですかあ(^^;。
 1月に私が参加した、喜界島宿泊バージョンが一番良かった感じ。
 「巡空」は、福岡と札幌の自由時間がイマイチかなあ。
 こっちはネタ的に面白そうなので、いずれ参加するかもしれません。

 さてさて。
 スタートは、羽田07:30発のJL503便です。
 自宅では04:00起きになったので、眠くって仕方有りません…。
 何か最近、常に眠いような気がしてます。
 やる気出なーい。
 別に、寝不足とかでは無いのですけどねー。
 更に、私はモノレールの空港第1ビルで降りると、前と後ろをいつも間違えます。
 前方が北ウイング、後方が南ウイングなのにい。
 常にわざわざ逆サイドに乗ってます。

 このJL503便、ファーストクラスの設定が有る機材なので、空席が有ったら変更しようと思いつつ、空港に着いてみると、まだ空席が有りました。
 端末を操作して、カードで差額の8,000円を支払います。
 かなりお高いですけど、メゾンカイザーのパンを食べてみたかったんですもん(^^;。
 ダイヤモンド・プレミアラウンジを使う機会なんて、まず無いですし。
Img_2371
 はい、メゾンカイザーのパンと、シークワーサーのスカイタイムです。
 これはサツマイモのパンだったかな、確かに美味しいです(^^)。
 他に、クロワッサンとプレミアムモルツもを貰ってみたり。
 早朝のラウンジはビジネスのお客さんばかりで、ビールを飲んでいる人なんて、他に誰も居ません…。

 搭乗口へ行くと、優先搭乗をするまでも無く、もうどなたも残って居ませんでした。
 着席するとすぐにCAさんが来られて、「高瀬様、いつもご利用ありがとうございます。担当の○○です」って挨拶をしてくれます。
 コートを預かって貰って、と。
 その後、チーフのCAさんまで挨拶に来られたり。
 随分と丁寧なのですねー。
 朝食の希望やドリンク、新聞のリクエストなんかを尋ねられるうち、すぐに出発時間になりました。

 ご飯は、こんな感じです。
Img_2372
------
[和定食]
小鉢:季節の炊き合わせ(大根、薩摩揚げ、人参煮、インゲン)
小鉢:地養卵の磯辺出汁巻玉子、染め卸し
台の物:烏鰈柚庵焼
俵御飯
桜漬
フレッシュフルーツ
(408kcal)
【提携店:西鉄グランドホテル】
------
 ドリンクは、森伊蔵をロックで。
 だって、他に飲みたいものが無いんですもん。
 当然ながら、他のお客さんはビジネスの方ばかりで、朝から飲んでいる人なんて誰も居ません(^^;。

 ご飯を美味しく食べて、コーヒーを頂きます。
 油断していると、CAさんがすぐ森伊蔵のおかわりを持って来ようとするので、慌てて止めます。
 うどんですかいや昆布佃煮おにぎりも用意出来るとのことですが…。
 そんなに飲めませんし、食べられません!(^^;。

 辿り着いた新千歳空港の気温は10℃。
 あれれ?、ちっとも寒くないぞ…?。
 雪も全く積もってませんし。
 何だか拍子抜け。
 これならレンタカー利用でも良かったかなあ。
 ただ、冬の北海道の天気って、本当に油断ならないので…。
 ここは慎重に行くべき場面なのですよー。

 すぐに札幌へと向かいますが、JR北海道の利用はしないっていう縛りを自分に課しているので、バスの利用となります。
 新千歳空港から札幌へ出るのに、まさかバスを使う日が来るなんて、夢にも思いませんでした。
 鉄としては、とっても寂しい気持ち。
 JRなら、ホームに必ず電車が停まっているし、早いし、便利なのにな。

 結果、最近の私は中央バスの利用がとっても増えました。
 Suicaが使えますし、札幌市内、中心部まで連れて行って貰えますし。
 って、何気にバスも結構便利なんじゃ…(^^;。
 揺れる戸惑い、和解と破壊。
 独り彷徨う私と、交差するそれぞれの正義。
 ただやっぱり、バスにずっと乗っていると、疲れちゃいます。
 信じてみたいですよね。
 何か変わるなら…。

 札幌では、お友達に連絡を取ってみると、たまたまお休みだったみたい。
 驚かれます。
 そりゃそうだ(^^;。
 マッサージに行くっていうので、折角だから私も一緒に。
 凄く肩がこってるって驚かれましたけど、実は私って、肩こりに鈍感な人らしく、肩こりの自覚症状が出たことは有りません(^^;。
 まあ、気持ちいいことは気持ちいいのですけどねー。

 その後、雪ミク電車に乗ることにして、すすきのの電停へ行ってみると、今年は雪ミク電車の時刻表の掲示が有りませんでした。
 ネットで調べてみると、この時間、西4丁目の方へ向かっていることが分かったので、西4丁目へ先回り。
Img_2377
 雪ミク電車2014「魔法少女Ver.」です♪。
 到着した雪ミク電車の写真を撮っていたら、カメラのシャッターを頼まれたりしたよ。
 あ、マニアの方ですかあ。
 私も同業では有りますけど、自分自身の写真は要らないです(^^;。

 実はもう、手持ちの時間が殆ど無く、3つ先の西15丁目へ行くのが精一杯。
 車内に掲示された雪ミク電車の歴史を眺めて、藤田咲さんの車内アナウンスを聞きます。
 藤田咲さんのお声、一昨年と比べて、少し個性を出して来た感じでしょうか。
 いい感じだよ。
 ナレーション声に徹してしまうと、プロらしくは有りますけど、つまらないですものね。

 市電もSuicaが使えて、東西線の西18丁目まで歩けば、乗り継ぎ割り引きも適用されるよ。
 大通から東豊線に乗って栄町まで行くと、もうバスの発車時間8分前でした。

 これから函館までは、丘珠空港からのHACで行きますよー。
 JR北海道を使わないとすると、バスか空路になるのですが、バスだと時間がかかり過ぎなんだもん。
 お値段的には、バス4,000円、JR8,000円、空路12,000円てとこでしょうか。
 当然ながら、所要時間は値段の通りに。

 丘珠空港に来るのは初めてだあ。
 栄町駅からの中央バスは14:00発が最終連絡で、しかもこのバスはターミナル内には入りません。
 空港の正門前がバス停だったり。
 まあ、空港ターミナルが観察出来て、私は嬉しいのですけど。
Img_2387
 こちらに続きます☆。

« 北九州経由の熊本行き、前編 | トップページ | 新潟→上野、「北越」と「はくたか」にお別れ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/58726007

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌経由の函館行き、その1:

« 北九州経由の熊本行き、前編 | トップページ | 新潟→上野、「北越」と「はくたか」にお別れ »

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ