« 苫小牧→小樽、何にもしない北海道 | トップページ | 北九州経由の熊本行き、前編 »

2013.11.30

11月の小さな旅

 またまた、更新をサボりまくりです。
 アニメも全然見れてないので、感想も書きようが無くって。
 困ったものなのですよー。
 実は、11/29大分発の「さんふらわあぱーる」を予約していたのですが、お仕事で疲れ果ててしまったので、当日にキャンセル。
 この九州旅行自体を中止してしまったのでした。
 熊本の知り合いも、急用が出来たとのことで、すっかりやる気が無くなり…。
 てゆーか、眠くて仕方無いのですもん(^^;。
 取り敢えず、来週の札幌と函館は絶対に行くです!。

 それでは、11月の小さな旅をご紹介☆。
11/15
 筑波山に行ったです。
 知り合いが、筑波山のケーブルカーに乗りたいって言い出した…。
 この筑波山、そして富士山は、地元の船橋からも良く見えて、私が卒業した小中高全ての校歌にも歌われています。
Img_2334
 写真は、早朝06:00、自宅から見た筑波山です。

 筑波山にはもう何回も行ってますが、大人になってから行くのは初めて。
 小学校の遠足で行ったときは、走って登ったりしたっけ…。
 体力有り余ってましたから(^^;。
 家族旅行で行ったときは、上野からの関東鉄道直通臨時列車に乗りました。
 そんなのが走っていたのですよね。

 宮脇の駐車場に車を停めて、参堂をせっせと登ります。
 つ、疲れる…(^^;。
 めっきり体力が無くなりましたもん。
 ほんの数百メートルなのにね。

 筑波山ケーブルの窓口では、パスモが使えます。
 雨が降って来たので、ロープウェイ側へ抜けるのは断念して、単純な往復券を購入。
 1,020円。
 数人のお客さんを乗せて、結構な急勾配をうんせうんせ登ります。
 紅葉には、まだちょっと早いみたい。
Img_2345
 終点の筑波山頂駅から見た景色は、幽玄な雰囲気が漂っていたよ。
 気温も下がって、ちょっと寒いね。
 きちんと登山の装備をした、学生の団体さんが出発するところで、滑りやすいので間隔を開けて登ること、みたいな注意をしていました。
 日本百名山の中で、この筑波山は一番標高が低いのですが、決して百名山中最弱、というわけでは有りませんから…。

 私達は、20分間隔で運転しているケーブルカーを、1本落として下山します。
 これで、どちらの車両にも乗れます。
 この後は、旧筑波駅跡に寄って、「ビアスパークしもつま」で温泉に入ったのでした。
 なかなか楽しかったにゃあ。
 ただ一つ、お昼に食べたチャーハンのタマネギが生っぽくて、私はタマネギ病(←?)にかかってしまい、この後数日、食欲が無くなってしまったのでした…。
 あらら。

11/29
 次は、日本一空いている定期特急に乗りに行くお話。
 この特急、震災の影響でずっと運休していて、そのまま廃止なのかと思ったら、意外にも復活したのですよね。
 新設当初からがらがらで走ってましたけど、やっぱり今もがらがらでした。
 それが、京成の「シティライナー」。
 現行ダイヤだと、上野09:03発と成田15:15発の1往復だけ。
 ラッシュ時間を外して、しかもわざわざ逆方向へ走らせるという、意味不明なダイヤになってます。

 今回、ネットから予約をしましたけど、発車3時間前で予約は0。
 成田発車時点で、予約は6名。
 船橋駅では、3人降りて4人が乗車。
 8両編成に、1桁しか乗っていません…。

 船橋駅では、ホームに券売機が置いて有りますよん。
Img_2356
 発車時間が近付くと、駅員さんが2人来られて。
 あ、乗車改札なのですねー。
 2号車からしか乗れないのに、私はわざわざ6号車を指定してます(^^;。
 スマホの画面を見せて乗車だね。
Img_2358
 西船や小岩の付近では、結構スピードを上げて走っていたっけ。
 船橋から上野までは、29分500円。
 これって、かなり微妙な感じ。
 「あずさ3」号で、船橋から新宿まで、34分500円ですもの。
 指定席と自由席っていう違いも有りますけど…。

 終点の上野まで乗って行ったのは、2人だけ。
 これ、少なそうに見えますけど、全乗客のうち、29%が上野までの利用者さんってことなのです(笑)。
Img_2364
 「シティライナー」は、回送で折り返して行きました。
 どうして営業運転しないんだろ…。

 私はこの後、16:40発の「スカイライナー」で、成田空港まで行ってしまうのでした。
 ライナー券1,200円と、スカイアクセス線経由の運賃はお財布に優しくないので、18:00の「イブニングライナー」を待とうかとも思うのですが…。
 そんなに時間を潰せないよう。
 「スカイライナー」自体は速くて快適なので、車内ではすやすやとお昼寝していたのでした。

 「シティライナー」については、完全に活性化を諦めてしまっているみたいですけど、沿線自治体との絡みなのか、AE100形を維持する必要が有るのか、需要とは別の、それなりの理由が有るのでしょうね。

|

« 苫小牧→小樽、何にもしない北海道 | トップページ | 北九州経由の熊本行き、前編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

風伯さん☆

 今回、私は往復飛行機でした。
 気温10度と、雪は何処にも無くって、拍子抜け。
 北海道の天候は、良くも悪くも、本当に侮れません。
 海上模様も、勿論…(^^;。
 私は、お正月に冬の日本海に挑戦してみようと思ってます。
 小樽も釧路も、かなり寒そうですよねー。
 暖かくしてお出かけ下さい。
 楽しみですね(^^)。

投稿: C.Maya | 2013.12.07 15:07

おぉ来週札幌と函館ですか~。
フェリーですか?
自分は20日~22日まで小樽の夜景撮影・釧路でタンチョウとオジロワシの撮影です。
小樽行きのフェリーに久しぶりに乗りたかったのですが、丁度運休でした。
太平洋の方も日程が合わず、往復飛行機です。
冬の日本海を楽しみにしてましたが。それは次回に。酔うだろうと思いますが。

投稿: 風伯 | 2013.12.06 20:15

ホッシーさん☆

 わざわざ旧車両を残しているのは、浅草線乗り入れの試験列車を走らせる予定でも有るのでしょうか(^^;。
 ライナー券、お高いですよねー!。
 スカイライナーとイブニングライナーの料金差にもびっくりです。
 制度が違うとは言え、ネットからの予約も出来ませんし。
 京成自身、お高いと分かっているのでは…(^^;。
 成田のホームは、いつ頃復旧するのかな…?。

投稿: C.Maya | 2013.12.05 14:38

シティーライナーって旧車両だったんですね。
せめてライナー券が200円ぐらいだったら船橋から成田や上野に行く人も増える気がするんですが…
成田駅利用者としては成田駅が土砂崩れ災害でホームが一本潰れてるんで人が乗らないらシティーライナーの代わりに通常特急を一本走らして欲しいですよ。マジ
(;´Д`)

投稿: ホッシー | 2013.12.01 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/58669821

この記事へのトラックバック一覧です: 11月の小さな旅:

« 苫小牧→小樽、何にもしない北海道 | トップページ | 北九州経由の熊本行き、前編 »