« ■神のみぞ知るセカイ 女神篇 第2話「スクランブルフォーメーション」 | トップページ | ■リコーダーとランドセル ミ☆ 第2話「沙夜と雨宿り」 »

2013.07.17

■犬とハサミは使いよう 第3話「飛んで火に入る冬の犬」

 大量の本と美味しい食事で、和人のドッグライフ、凄く充実しています。
 ベストセラー作家と編集者の打ち合わせまで見れちゃって。
 良かったね。
 霧姫がああいう性格なので、和人も自分の境遇に悩んだりする暇は有りません。
 霧姫は霧姫で、気を遣ってくれてるのかなあ。

 それでもさすがに、妹の円香のことは、ちょっと気掛かりみたいです。
 夢でみちゃう位だもん。
 今も泣きながら生活しているのなら、何とかしてあげたいって思うよ。
 和人本人は、犬じゃあどうしようも出来ないって諦めてるらしく、特にアクションは起こしませんけど…。
 こら。

 円香はですね、あんまり読書は得意じゃ無いみたい。
 話を合わせる為に、無理に読んでくれてた感じ…?。
 偉い偉い。
 いいコなのですよ。
 って、あれ…?。
 あれれー?。
 和人が犬になってること、気付いているのかしら。
 それなら話は早いのですが、何やら不審な雰囲気が!(^^;。

 鈴菜は変態的なドMさんでしたが、ちゃあんと編集さんしていましたねえ。
 「全然駄目」って。
 有能なんだ。
 霧姫と対等にお話出来ちゃいますし。
 励ますのも怒らすのも、お手の物って感じ。

 マキシはですね、アイドルが本を書いたのでは無く、作家がアイドルになった、と。
 珍しいパターンだなあ。
 どうしてあんなに霧姫に突っかかって来るのかは、謎です。
 黒服を従えているのも謎だ。
 1人で来ればいいのにい。
 ちなみに、あんな性格でも、和人によると「いい本書く」んだそうです。
 面白いの。

 そして、お前も胸か!、胸なのか!。
 霧姫は、やたらとそのネタでいじられちゃいます(笑)。
 逆に言えば、それしか弱点が無いのかも…。
 唯一の弱点に触れられると、面白い位、簡単に挑発に乗る霧姫なのです。
 そういうところは、可愛いかもっ。

 この通り魔事件、和人のドッグライフに、何か一つの区切りを付けてくれるといいね。

« ■神のみぞ知るセカイ 女神篇 第2話「スクランブルフォーメーション」 | トップページ | ■リコーダーとランドセル ミ☆ 第2話「沙夜と雨宿り」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■犬とハサミは使いよう 第3話「飛んで火に入る冬の犬」:

» 犬とハサミは使いよう TokyoMX(7/15)#03 [ぬる~くまったりと]
第3話 飛んで火に入る冬の犬 和兄を起こす妹の円香。他の女と何の話をしているの、私と子作りまで 話したくせに、お仕置きタイム。和人の夢にまで霧姫が登場する。 誰かが、動かず笑っていた。良く分からない設定で一人で語る中二病。大罪シリーズを発行した会社の担当編集者・柊鈴奈。秋山忍はスランプだった。 旅行に行くとか、髪型を変えるとか、豊胸手術とか?怒って柊の服を着る霧姫。それが嬉しいドМな担当だった。まだスケジュールに余裕はあります。もしかして事件が発生すれば書けるのか?通り魔事件が発生しています。スラン... [続きを読む]

» 犬とハサミは使いよう 第3話「飛んで火に入る冬の犬」 [空 と 夏 の 間 ...]
秋山忍の本を持ったものだけを狙う通り魔が出現。 夏野たちは捜査に乗り出すが…。 和人は秋山本を餌にした罠にかかってしまう! 気付くとそこは和人が住んでいた部屋。 そしてそこに居たのは妹の円香だった…? 秋山をライバル視するシャイニング・秋月マキシも登場。 作家も編集者も変人ばかりだこの作品(笑)  ... [続きを読む]

« ■神のみぞ知るセカイ 女神篇 第2話「スクランブルフォーメーション」 | トップページ | ■リコーダーとランドセル ミ☆ 第2話「沙夜と雨宿り」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー