2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ■あいうら 第11話「雨」 | トップページ | 羽田空港→熊本空港 »

2013.06.21

■はたらく魔王さま! 第12話「魔王、己の職責を果たす」

 真奥ってば、職責を果たし過ぎみたい…。
 千穂、涙目じゃないですかあ。
 幸薄いのです。
 胸がおっきくても、持ち腐れているよーな。
 そして恵美は、この件に関して、殊更に過剰な反応をするのでした…(^^;。
 鈴乃はですね、ノーリアクション。
 いつも和装なので、サイズとかは不明だね。

 さすがの恵美も、天使を相手にするのは荷が重かったみたい。
 それでもあれだけ耐えたのは凄いって思うよ。
 真奥に、ちょっとだけ弱音を吐いていた姿が新鮮だったり。
 そんな姿、普段じゃ絶対に見られません。
 微妙に顔を赤らめていたりもして。
 この世界でのお仕事に関しては、真奥を絶大に信頼していることも分かったです。

 サリエルは本当に変態さんだったにゃあ。
 女の子に優しいって訳では無く、ただの変態でした…。
 下着泥とか、本当にやってそう。
 ああいう相手には、徹底的な敗北が相応しいかと。
 でも、生かしておくと、しつこそうだし、後々面倒臭そうだし。
 そういえば真奥、特に作戦も勝算も無く、恵美と千穂を助けに駆け付けたみたい。
 こらあ。

 迷える鈴乃は、常識的な結論に落ち着きました。
 酷いことにならなくって、良かった良かった。
 ひたすら続いた、芦屋の体調不良の原因は、鈴乃でしたかあ。
 芦屋だけなのは、体質的なもの…?。
 真奥と漆原は気付いていたってことで、人が悪いのですよー(^^;。

 鈴乃に正論をぶつけていた真奥は、格好良かったにゃあ。
 本当にその通りなんですもん。
 あれを言われてしまったら、反論の余地は全く無くって。
 それで鈴乃も、決心が付いたみたい。

 芦屋はですね、何の役にも立たないのがお約束…?。
 マントなんか、別にどーでもいいですよお(^^;。
 せめて、そのマント、ぱんつ一枚の真奥に渡してあげて下さい。
 あと、国民健康保険証の回収を!。
 漆原の行動は、もう殆ど読めてましたよね。
 ニート生活を満喫していた漆原が、わざわざオルバと組むとも思えませんし。
 ちゃんと恵美のカバンを回収していたのが、偉いです。
 お役に立ったから、後で唐揚げを進呈だあ。

 この作品、シリアスの中にお笑いを入れて来るので、なかなか侮れませんよねー。
 そのバランスが気持ち良くって。
 みんなみんな、ちょっとだけ不幸では有るけれど、それなりに幸せな暮らしを送っていて。
 絶対的な優位とか、そういうのは存在しちゃいけないんだと思います。

« ■あいうら 第11話「雨」 | トップページ | 羽田空港→熊本空港 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■はたらく魔王さま! 第12話「魔王、己の職責を果たす」:

» はたらく魔王さま! TokyoMX(6/20)#12 [ぬる~くまったりと]
第12話 魔王、自分の職責を果たす 緊急入院した芦屋、目覚めて点滴の価格を心配する。国保は使えますか?刑事が倒れて不審に思うと、オルバに殴られて悶絶する。落とした国保から居場所を知る。 聖剣ベターハーフが実体化しない。速く帰せと恵美を責める大天使サリエルの三月。千穂は真奥が悪魔と知っても好きなので実験材料。鈴乃はサリエルに従っていた。 それで良いのね、私と魔王を亡き者にしても エンテ・イスラは何も変わらない。鈴乃さん、どうして・・・頼む、助けてくれ、もう誰も犠牲にしたくない。結界に辿り着いた真奥に向... [続きを読む]

» はたらく魔王さま! 第12話「魔王、己の職責を果たす」 [のらりんすけっち]
魔王、ぱんつ一丁で悪党成敗! 一番の見せ場なのにwww マッチョになってからは十分かっこよかったですが。 それまでは^^; 夢よもう一度のオルバさん。 アルシエルの保険証から魔王城の住所を割り出...... [続きを読む]

» (アニメ感想) はたらく魔王さま! 第12話 「魔王、己の職責を果たす」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・鳴沢楓 はたらく魔王さま! (2) (初回生産仕様:ドラマCD「悪魔と勇者と女子高生 -A happy new year-」同梱) [Blu-ray](2013/08/07)逢坂良太、日笠陽子 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語...... [続きを読む]

« ■あいうら 第11話「雨」 | トップページ | 羽田空港→熊本空港 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー