2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ■フォトカノ 第12話「フォトグラフメモリー」 | トップページ | ■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第12話「マジ天使すぎるあやせたんが一人暮らしの俺んちに降臨するわけがない」 »

2013.06.23

■変態王子と笑わない猫。 第11話「筒隠さんの家の中」

 過去を直接確認したいってお願い、猫神様は、どうしてあんなに嬉しそうだったんだろ。
 みんなの記憶が、既に誰かのお願いで改変されていたのかにゃあ。
 その該当者は、つくししか居なさそうな感じが…。

 過去へと飛ばされた月子は、とっても元気。
 幼い横寺と出会って、テンションマックスなのですよ。
 ちょっと度が過ぎてるってゆーか…。
 変態じゃん!(^^;。
 お酒の匂いで酔っ払ったときの行動も、そんな感じだったし。

 本当、変態王子の立場が全く有りません。
 笑えなくっても、月子の言動はバイタリティ抜群なので、感情表現において、不都合は全く無さそう。
 横寺は、フツーに幼女を可愛いと思っていただけですし。
 これは、作品のテーマの危機なのです(^^;。

 梓も、弱々しく素直なところが子供らしくって、可愛いかったよ。
 つくしの性格は変わってないや。
 すかさず、横寺にからかわれちゃいます。
 横寺、世界史や世界地理に詳しいヤツ(^^;。
 ロリ月子との接触が全然無かったのは、残念なところ。
 一番最初に出会ったのが本当に月子なのか、気になるね。

 ツカサは、ショタ横寺に心配されちゃう位にひとりぼっち。
 娘達に手作りの服を作ってあげてるなんて、優しいお母さんなのに。
 事情や誤解の積み重ねって、ああいう結果になったりするのですね…。
 にしても、飛行機に搭乗出来ない程の病気って、相当に酷い状態だと思うのです。
 娘達のこととか、ちゃんとしておいた方が良さそうだけれど。

 過去を辿っても、月子が望むような結果は出るのか、ちょっと微妙では有ります。
 既にもう、自分のお悩み解決だけじゃなくなってますし。
 横寺的にも、他に心配事が色々と出来ちゃいそうだもん。

 で。
 あのあの、平成15年って、ついこの間のような気がしますけど…。
 歳をとるのって、嫌ですねえ(^^;。
 CMをやってる「アイドル伝説えり子」は、平成元年。
 あ、もう平成だったんだあ。
 えりりん、懐かしいなあ。

« ■フォトカノ 第12話「フォトグラフメモリー」 | トップページ | ■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第12話「マジ天使すぎるあやせたんが一人暮らしの俺んちに降臨するわけがない」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■変態王子と笑わない猫。 第11話「筒隠さんの家の中」:

» 変態王子と笑わない猫。 第11話「筒隠さんの家の中」 [のらりんすけっち]
10年前にタイムスリップ! ロリ時代みんなかわえええ~(≧▽≦) この描写がなかったらヘビーな話に耐えられなかったです。 かみまみたロリつくしさんたまらんww 月子ちゃんの大胆な行動が印象的でした。 ...... [続きを読む]

» 変態王子と笑わない猫 TokyoMX(6/22)#11 [ぬる~くまったりと]
第11話 筒隠さんの家の中 過去を直接確かめられたら良いのに。猫神の力で10年前の世界に移動した二人。ポン太は陽人を見て会ったことが有ると悩み、 副部長は口汚く罵った。 いつでもキャンセルできるからと母の職場に向かう二人。バスの中で小豆梓と出会って気になってしまう。熟していないものも乙なものと、兼好法師も言っていた。 母の職場は保育園、そこで6歳の陽人を発見する月子。もう可愛くて抱きしめて変態にならない様に言い含める。両親の帰りが遅いからとツカサの家に泊まることを求める。結構べらんめぇ口調のツカサだ... [続きを読む]

» 変態王子と笑わない猫。 第 11 話 「 筒隠さんの家の中 」 [HARIKYU のブログ]
変態王子と笑わない猫。 第 11 話 「 筒隠さんの家の中 」 今回は本作にしては珍しく深刻な展開になってしまいま ...... [続きを読む]

» 変態王子と笑わない猫。 第11話「筒隠さんの家の中」 [ボヘミアンな京都住まい]
さて、猫神によって横寺と月子が飛ばされた先は10年前。そこで2人は10年前の横寺と筒隠姉妹の母親つかさを見つけたわけですが・・・このおっ母さん、どう見ても旧家故の柵から何から自分の家族を守ろうとして全部を抱え込もうとして、でも結果的に度重なる不幸で(駆け落ち同然で国際結婚した)愛する夫に先立たれたりなんだり全てを失い自暴自棄になってるようにしか思えないんですが・・・服薬の数も多いのに大酒食らってたり、バッドエンドルートに一直線としか考えられないですよね?萌えシーンを散りばめてはいても大筋は重たい展開... [続きを読む]

« ■フォトカノ 第12話「フォトグラフメモリー」 | トップページ | ■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第12話「マジ天使すぎるあやせたんが一人暮らしの俺んちに降臨するわけがない」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー