« 1.はじまりはいま(船橋→羽田空港) | トップページ | 大雪で困ってしまったお話 »

2013.01.10

■ラブライブ! School idol project 第1話「叶え!私たちの夢――」

 穂乃果みたいな元気キャラ、私は大好きです。
 考えるよりも先に、行動して突き進んで行っちゃうタイプ。
 結構なボケ要素も入ってますし。
 雪穂とのやり取りとか、凄く楽しかったもん。
 そんな穂乃果が主人公なら、ずっと見守って行けると思うよっ♪。

 アイドルのストーリーって、実は私には結構敷居が高いんだもん。
 大抵、かなりの逆境が待ち受けていたりしますし。
 この1話を見た感じ、穂乃果の成長を楽しめそうな感じかな。

 お歌は、まだあまりピンと来なかったけれど、これからどんどん増えて行くのでしょうし、慣れたらはまってしまいそう。
 ダンスは、今風に自己主張の激しいタイプ。
 実はこれ、ちょっと苦手だったりしています。
 あと、きら☆レボの頃からなのですが、あんまりぬるぬる動かし過ぎると、逆に違和感を感じてしまったり。
 その辺りは、今後どうなるかなあ。

 高坂家の女性は、おばーちゃんの時代から、音ノ木坂学院に通うのが伝統なのだそうです。
 そういうのって、何かいいな。
 でも、決して強制はされません。
 ん、好きになって通うのが、一番なのですものね。
 雪穂はどうなるのでしょう。

 あ、おかーさんのアルバムを見るに、音ノ木坂の制服って、昔からブレザーなんだ。
 私はセーラーが良かったなあ。
 ばか。
 実家が和菓子屋さんなのは、そのうち何かのお役に立ちそう。
 「餡子飽きた」は、禁句だぞ。

 海未とことりも、友達思いの、すっごくいい子。
 海未の妄想、確かにあれは恥ずかしいのです。
 アイドルって、大変だあ(笑)。
 ことりは、うまく調整役になってくれそうなのですよ。

 OPを見るに、メンバーは9人居るみたい。
 これから仲間を増やして、やることはいっぱい有ります。
 そもそも、最終的な目標は、生徒を沢山集めて、学校の廃校を阻止すること、なのですよね。
 面白い設定なのです。

 ちなみに、私の出身高校は、先日、廃校になってしまいました。
 正式には統廃合なのですけど、学校名は勿論、何もかもが変わってしまって。
 当時は、全学年10クラスずつ有ったのにな。
 やっぱり寂しいのです。
 だから、音ノ木坂のみんなは、頑張って生徒を集めて下さいね。

« 1.はじまりはいま(船橋→羽田空港) | トップページ | 大雪で困ってしまったお話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ラブライブ! School idol project 第1話「叶え!私たちの夢――」:

» ◎ラブライブ!第1話「叶え!私たちの夢――」 [ぺろぺろキャンディー]
ホノカ;大ピンチなの、学校廃校の知らせだった:輝かしい高校生活が!・高坂穂乃果(こうさかほのか)声-新田恵海←マルガナルゼ※9人も覚えられそうにないホノカ:夢?なんだ... [続きを読む]

« 1.はじまりはいま(船橋→羽田空港) | トップページ | 大雪で困ってしまったお話 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー