« ■さくら荘のペットな彼女 第9話「秋の嵐がやってきた」 | トップページ | ■てーきゅう 第11話「先輩とナチョ・リブレ」 »

2012.12.22

■中二病でも恋がしたい! 第12話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」

 最後にパトカーに追い掛けられちゃうのも、中二病の一環なのです。
 きっとそう。
 別に、あそこまでしなくても良かったとは思うけれど。
 あと、おばーちゃんが本当に猟銃を持って来たら、どうしようかと…(^^;。
 一応、おじいちゃんとは顔見知りなのにい。
 暗くて分からなかったでしょうけどねー。

 中二病って、もっとシンプルでストレートなものって思うのですが、六花の境遇が絡むと、何だか妙に深刻に感じられたりもします。
 かつての勇太を見て、格好いいと思ったなら、それをそのまま描けばいいのに。
 このままだと、六花はずっと中二病のまんまになりそうで。
 中二病を止めた途端、六花の日常生活、特に対人関係が一気に解決したのも、何だかなあって思うのですよ。
 その点、早苗はちゃんとしていたのに。

 あ、早苗はすっかりフツーになっちゃいました。
 お嬢様だったんだあ。
 私としては、以前の早苗の方が、中二病だった頃の方が、お馬鹿可愛い感じがして、好きだったのにな。
 元に戻って下さあい(笑)。
 そもそもは、お嬢様としての色々な縛りが、中二病に走った原因なのかしら。
 六花をマスターとしていた理由も、明らかにされないままでしたし。
 森夏の正体に、本当は気付いていたのかどうかも。

 森夏はですね、本人がどう思っているのかはともかく、かつて中二病だったと自分とうまく折り合いを付けているかな、って。
 それは、勇太や六花と出会たからこそなのかも。
 そうだとしたら、嬉しいのです。
 意外と面倒見のいい、お姉さん的なポジションだったよ。

 本当のお姉さん、くみんは寝てばかりでしたものねー。
 最後に、ちょっとだけお手伝いをしてくれました。
 ただ、無理に役を振られたような印象が有るのは、私だけ…?(^^;。
 一色との絡みも、何だか森夏の方が見ていて楽しかったもん。

 最終回では、樟葉の出番もちゃんと有って、良かった良かった。
 勇太と六花のこと、実は一番ちゃんと見てくれてたりしそうですもん。
 それが、お話のキーになったり。
 そんなこと、全然有りませんでしたけど(^^;。
 兄の彼女としての六花をどう思っているのかも、謎なままなのでした。

 この作品、「恋」の部分に関しては、もっと色々見せて欲しかった気がするので、ちょっとだけ不完全燃焼。
 六花の家族の悩みが、大袈裟になり過ぎだったみたい。
 でもまあ、気持ちの良いラストだったのは確かなので、満足なのですよー。

« ■さくら荘のペットな彼女 第9話「秋の嵐がやってきた」 | トップページ | ■てーきゅう 第11話「先輩とナチョ・リブレ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

中二病でも恋がしたい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ■さくら荘のペットな彼女 第9話「秋の嵐がやってきた」 | トップページ | ■てーきゅう 第11話「先輩とナチョ・リブレ」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー