« 羽田→函館 | トップページ | 函館→釧路 »

2012.11.12

■てーきゅう 第6話「先輩とウォーターワールド」

 幼女を配っているなら、私もつい受け取ってしまいそうなのです。
 こら。
 でも、飾っておくだけならともかく、育てるのは大変ですよね。
 …だから、そういう問題じゃ無いってば。
 まりもが背負っていたのは、あれ、本物の座敷童なんじゃないかと…。
 なら、お金持ちになっちゃうかも!。
 犯罪者の写真(正式名称知らない)が、妙に似合っているまりもだったり。

 亀井戸には、プールが有るのですねえ。
 雨で貸し切りって、あんまり嬉しくない…。
 天気予報を変えてしまっても、結果は変わらないと思うけれど。
 ごーいん。
 なすのは、サラシ貰ったり、サラダオイル塗ったり、意味が全く分からない(^^;。
 どっちも「サ」で始まるっていうだけで。
 やっぱり意味が分からない…。

 にしても、南極の海状態なのが、会話にさらっと出て来るのが凄いです。
 うんちく(^^)。
 テニスネタがしれっと出て来るのも、妙に可笑しかったにゃあ。
 そして、誰か1人は、スクール水着を着ていなくっちゃ(^^)。
 かなえは結構凄いのですよ♪。

 肝心のウォータースライダーは、人の家の屋根から、人の家の窓を突き破るとゆー。
 怖いですってば。
 ちゃんとしたウォータースライダーも有ったみたいなのにい。
 あ、止血は一応するんだ…。

 そして、苦労人のユリは、風邪も引かずに、看病役。
 そういう役割なのですねえ。
 可笑しいの。
 この作品の勢いは、本当に癖になっちゃいますね。

« 羽田→函館 | トップページ | 函館→釧路 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

てーきゅう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■てーきゅう 第6話「先輩とウォーターワールド」:

« 羽田→函館 | トップページ | 函館→釧路 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー