« さようなら「ナッチャンRera」 | トップページ | ■お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第5話「せいかん」 »

2012.10.09

■お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第1話「おにあい」

 秋子の「えーーっ!!」と、「ぐぬぬぬ」が耳にこびりついて離れません…(^^;。
 冒頭では、ちょっと世間知らずだけれど、優しいお嬢様な雰囲気を醸し出していた秋子も、お兄ちゃんが絡むと、途端に超絶怪しいモードに突入しちゃいます。
 あのブラコンぶりって、個性の範囲を激しく逸脱しているみたい。
 秋人と秋子の間に、ちゃあんと愛情は存在しているのですけど、その感情のベクトルは全く噛み合っていなくって。
 可笑しいの。

 基本、秋子は押せ押せなのですけど、意外と決定的な部分に踏み込んで来たりはしないのですよねー。
 お風呂から出て来たときも、ぎりぎりのところでタオルは巻いていました。
 秋人のことを、押し倒したりもしなくって。
 その辺りは、わきまえているってゆーか。
 あくまで、秋人からの自主的なアプローチを待っている、みたいな感じ。

 でも、秋人からのストレートな愛情表現には、全く耐性が無いらしく。
 あれなら、そう簡単に問題が起きそうには有りません。
 秋人ってば、お兄ちゃんとしてのポジションを、絶対に崩そうとはしませんでしたし。
 見ていてつまんない位に、お兄ちゃんなのです。
 …もっとドギマギしてくれてもいーのに(^^;。
 ずっと離れて暮らしていた割には、秋子の扱い方、熟知しているよ。

 そんな調子なのに、生徒会メンバーとの同居まで始まってしまって、秋子の幸せへの道は、果てしなく遠そうなの。
 何だかちょっと気の毒になってしまいます。
 もうちょっとだけ、兄妹2人だけの生活を送らせてあげたかった気がするもん。
 朝ご飯の風景とか、幸せそうで、だけどかなり困った会話で(笑)。
 個人的に、生徒会の皆さんには、あまり魅力を感じないっていうのも有って…。
 あわわ。

 ともあれ、秋人と秋子の距離感とか、2人が何を考えているのかとか、そんな部分に期待しつつ。
 シスコンモードに入った秋人とか、ブラコンモードに入っていない秋子とか、そういうのもしっかり見てみたいのですよー。
 都内のJRには存在しない120円きっぷを持って、自信有りげに自動改札に入ったのに、扉が閉まってわたわたしていた秋子の姿には、ちょっとだけ萌えてしまった私なのでした。

« さようなら「ナッチャンRera」 | トップページ | ■お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第5話「せいかん」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ TokyoMX(10/09)#01新 [ぬる~くまったりと]
第1話 おにあい公式サイトから長年別々に暮らしていた妹と兄、秋子と秋人。二人は、秋人の努力によって、今は使われていない古い学生寮で一緒に暮らせることになった。引っ越しの日、秋 子は胸躍らせて新しい住まいへと向かう。興奮と緊張の秋子を優しく迎える秋人。バラバラに過ごしてきた時は終わり、兄妹二人だけの水入らずの生活が始まっ た。 目城駅で電車を降りて寮に向かう秋子。聖リリアナ学園学生寮に到着、兄が迎える。姫小路秋人の双子の妹が秋子だった。訳あって6年振りの再会を果たす二人は今日から同じ寮に 住むことにな... [続きを読む]

» お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第1話 『おにあい (お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ)』 妹のぶっ飛びっぷりと冷静な兄の掛け合いで視聴決定。 [こいさんの放送中アニメの感想]
何かデジャブ。前期にやっていた「この中に1人、妹がいる!」と被りますね。キャラクターデザインも似てる気がするし。姫小路という御大層な苗字ながら長年離れて暮らしていた秋人・秋子の兄妹。 これからは学園の寮で一緒に暮らせる。秋子はちょっと抜けているけど兄を慕う純粋な娘っぽいです。ああ仲良き事は美しき哉。と思ったのは風呂シーンまで。 何で覗きに来てくれないんですか!!ってえぇ!?いや、そんな事言われても。以後秋子は自分が如何にブラコンであるかを力説。更に兄妹愛... [続きを読む]

« さようなら「ナッチャンRera」 | トップページ | ■お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第5話「せいかん」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー