2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■氷菓 第16話「最後の標的」 | トップページ | ■だから僕は、Hができない。 第5話「invisible dictionary」 »

2012.08.07

十字街→札幌、ありさの呪い

05/30
 通常、私の旅は2泊3日が基本で、それ以上の行程を組むことは、滅多に無かったりします。
 周囲に迷惑を掛けないよう休むには、それがベストなのさあ。
 ただ、今回はお休みが1日長く取れ、3泊4日の行程となりました。
 わーい。
 それなら!ってことで、北海道フリーパスを購入して、道内の3方面を回ることにしましたです。

 スタートは、函館空港14:45着のJAL。
 そこからバスに乗り換えて、ベイエリアまで行きますよー。
 CALIFORNIA BABYに寄って、シスコライスとアイスコーヒー。
 もう20年以上、ここのお店に通っているよ。
 私の後から入って来たカップルさん2組も、仲良くシスコライスを2つずつ注文してたっけ。
 …そんなに食べられるのかなあ(^^;。
 頑張れ彼氏さん!。

 函館駅までは、急いで戻っても仕方無いので、海沿いにぶらぶらお散歩しながら行きましょう。
 潮の香りがたあくさん。
 摩周丸に隣接したシーポートプラザは、すっかり空き家になって、物悲しい雰囲気が漂います…。

 のんびりと函館駅に着いて、お土産でも見て回ろうと思ったら、「スーパー北斗15」号が間もなく発車します、っていう放送が流れて。
 わ、予定よりも1本早い列車に間に合っちゃいそう!。
 私は脱兎のごとく駆け出して、車掌さんに「ここのドアから乗っちゃって下さい」、なんて声を掛けられつつ、何とか間に合ったのでした。

 「スーパー北斗15」号は、東室蘭まで無停車の速達タイプなので、札幌には後続より、かなり早く着きます。
 停車駅が少ないのは貴重だし、ちょっと嬉しい。
 森では、ホームの無い通過線を走行していたよ。

 今日のお泊りは、札幌ガーランドホテル。
 このホテル、以前の旅で見掛けて、その名前がちょっと気になっていたのでした。
 だって、ガーランドは、GiRL-ANDって意味でしょう?。
 …違うって。
 アニメの見過ぎだぞー(^^;。

 寄り道したグッズのお店では、前から欲しかったアイテムが貰えたりもして、今日はいいことが沢山有ったよ。
 旅先では、ちょっと荷物になるけれど。

 なあんて言いつつ、実はこの日、私は結構な怪我をしちゃっていて。
 旅の初日からなんです。
 一体、何処のタイミングで…?。
 最初は、大したこと無いって思ったのにな。
 これ、絶対にありさの呪いだよお!。

 今になってデジカメのデータを見直してみると、この旅では、写真を殆ど撮っていないことに気が付きました。
 やっぱり、怪我の影響はおっきいのでした。

 つづくっ。

« ■氷菓 第16話「最後の標的」 | トップページ | ■だから僕は、Hができない。 第5話「invisible dictionary」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/55374351

この記事へのトラックバック一覧です: 十字街→札幌、ありさの呪い:

« ■氷菓 第16話「最後の標的」 | トップページ | ■だから僕は、Hができない。 第5話「invisible dictionary」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ