2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■だから僕は、Hができない。 第5話「invisible dictionary」 | トップページ | ■ゆるゆり♪♪ 第6話「【速報】ゆるゆり完売」 »

2012.08.09

札幌-稚内、日帰りの旅

 こちらから、続いてまあす。

05/31
 今朝は、いつもよりちょっとだけ早起きをして、札幌07:48発の「スーパー宗谷1」号に乗車です。
 改札内のロッテリアで朝ご飯を食べて、と。
 ホームに上がると、「スーパー宗谷1」号はもう入線していたよ。
 自由席には空席が有ったので、進行左側に座ります。
 発車間際にほぼ満席になったけれど、札幌から一駅、岩見沢で結構な降車が有って。
 その後は、減る一方なのでした。

 士別までは、去年秋の旅で訪れていますが、その先、稚内までの3時間は結構お久しぶり。
 もう2年近くは経ってる筈。
 車窓をじっくり眺めましょう(^^)。
 曇っていたので、利尻岳は全く見えなかったにゃあ。

 遥々辿り着いた稚内駅は、新しい駅になって、すっかりイメージが変わっていたよ。
 道の駅と合体して、ショップも充実。
 人によっては、つまらない駅になってしまったと思うかもしれません。
Img_0595
 駅舎を貫いて、線路が広場まで延びています。

 さあて、どうしようかな?。
 ご飯を食べてから稚内温泉「童夢」へ行くか、ご飯を後にするか。
 電車の中でお菓子を食べたりして、あんまりお腹が空いていなかったので、温泉を選択です。
 結果的に、それは失敗だったり。
 駅に戻ってきたら、お店、お昼の営業を終えて、みんな閉まってるんですもん。

 バスはノシャップ岬を経由して、稚内温泉「童夢」へ。
 お年寄りの乗り降りが結構有ったよ。
 実際、平日のこんな時間にお風呂へ入りに来る人なんて、限られちゃいますから。

 バスで駅へ戻って、駅構内のお店でイマイチなお蕎麦を食べて、改札が始まるのを待つです。
 宗谷バスの待合室には、萌えっ子フリーきっぷの色々なポスターが貼られていたよ。
 他には、セイコーマートが併設されていたり、2階にはちょっとした展望コーナーが有ったりします。
Img_0599
 そこから覗くと、1面1線のホームが見通せて、柱に枕崎や西大山からの距離が記されていました。
 遠くには、ハートランドフェリーが入港して来たのが見えて。

 ちなみに、半袖でうろうろしているのは私だけ…。
 この翌日、北見では氷点下を記録したそうですものね。
 さすがにちょっと寒いぞ。

 さあ、16:51の「スーパー宗谷4」号で離脱だよー。
 またまた自由席。
 北海道フリーパスは指定席を6回使えますけど、全く活用していません。
 シートの作りは、指定席の方が良いのですけどねえ。

 札幌には、21:50に到着。
 この日だけは、ダイナミックパッケージで事前にホテルを取って有りました。
 だから、稚内も日帰りっていう、行程上の制約が…。
 中島公園最寄りのホテル。
 マッサージチェア付きのツインルームが割り当てられましたが、私には荷物置き場にしかなりません(^^;。

 それはいいのですけど、昨日の傷、もおズキズキ痛くって。
 温泉で傷口をまじまじと見たら、結構酷いことになっていたし…。
 幸い、出血とかは無いけれど。
 これはもう、明日病院に行くしか有りません。
 千葉に戻るまで、耐えられそうに無いです。
Img_0596
 つづくっ。

« ■だから僕は、Hができない。 第5話「invisible dictionary」 | トップページ | ■ゆるゆり♪♪ 第6話「【速報】ゆるゆり完売」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/55381879

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌-稚内、日帰りの旅:

« ■だから僕は、Hができない。 第5話「invisible dictionary」 | トップページ | ■ゆるゆり♪♪ 第6話「【速報】ゆるゆり完売」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ