2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■だから僕は、Hができない。 第6話「ひとつになっちゃった」 | トップページ | ■ゆるゆり♪♪ 第7話「姉妹事情あれこれそれどれ」 »

2012.08.13

札幌-芽室

 こちらから、続いてまあす。

06/02
 いよいよ旅の最終日。
 まずは病院を済ませなくっちゃ、落ち着かないですよねー。
 先生に診て貰うと、問題無し。
 出血もしていないよ。
 暫くはシャワーだけにして下さいって言われていたのですが、結果的には、全然守らなかったにゃあ。
 お風呂、好きなんだもん(^^;。

 あと、飲酒は厳禁ですよ、とも。
 あ、そっちは問題有りません。
 実はこのとき、サッポロクラシックを買い込んでいたのは内緒です。
 これは結局、そのまま家まで持ち帰ることになりました。

 それとは別に、待合室にはアレルギー検査のポスターが貼られていて、ちょっと興味が有ったので、抜糸のとき、ついでに検査を受けてみることにしました。
 春の花粉症が辛いので、原因物質を特定しておきたいなあって。
 北海道仕様なので、白樺の他、杉花粉も検査に含まれていることを、先生が確認してくれたよ。
 何だかんだで、ここの病院には、6月にもう1回、7月に1回、それぞれ通うことになりました。

 さあて、私は旅を続けます。
 久しぶりの根室へ行きたかったけれど、時間的に、もう絶対無理。
 電車の時間を調べると、石勝線方面は、芽室への往復が精一杯みたい。
 根室と芽室じゃ、読みは似ているけれど、距離が全然違います。
 あらら。
 根室は、次の旅の楽しみってことで(^^)。

 がらがらの「スーパーとかち3」号で、芽室へと。
 特急はみんな空いてるよお。
 車窓の景色を眺めつつ、後半は病院メインだったなあって、今回の旅をしみじみと振り返ってみたりします。
 芽室では、コーン炒飯を食べなくっちゃ。
 歩くのは、まだちょっと辛いかなあ。
 傷自体はともかく、縫った糸が服で引っ張られるのが、じわじわとした痛みになるんだもん(^^;。

 駅に戻ると、ホームには滝川発釧路行きの2429Dが居たよ。
Img_0608
 上り列車は、滝川行きが丁度発車して行くところ。
 私が乗る「スーパーとかち6」号は、新得でこの列車に追い付くので、滝川経由で帰れないか調べたけれど、残念ながら飛行機の時間に間に合いませんでした。
 てことで、大人しく南千歳まで乗車。
 千歳の駅周辺をぶらぶらして、イオンでご飯を食べたりしていたのでした。
 おしまい。

 この10日後、抜糸の為に、また北海道へ来ますです。
 もう、北海道は飽きたよう(^^;。
 なあんて、贅沢なことを行ってみたりして。

« ■だから僕は、Hができない。 第6話「ひとつになっちゃった」 | トップページ | ■ゆるゆり♪♪ 第7話「姉妹事情あれこれそれどれ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

プラズマさん☆

 北海道のあの涼しさは、癖になりますよね。
 今月、また行きたいです!。
 日差しはそれなりに強いので、熱中症には注意が必要なのかもしれません。
 大事にならなくって、良かったです。
 私も、今まで旅先で保険証を使ったことが無かったので、ちょっと油断してました(^^;。

どうもです。

北海道の話を見させていただきました。
わたしも7月に北海道へ行ったのですが、
20℃程の涼しさを体験すると毎週行きたくなりますね。
しかしわたしも体調を崩しました(寝たら治りましたが軽い熱中症だったのかも)。
おっしゃる通り保険証は持って行った方がいいようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/55410758

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌-芽室:

« ■だから僕は、Hができない。 第6話「ひとつになっちゃった」 | トップページ | ■ゆるゆり♪♪ 第7話「姉妹事情あれこれそれどれ」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ