« ■はぐれ勇者の鬼畜美学 第6話「超音速!スレイプニル」 | トップページ | 札幌-芽室 »

2012.08.12

■だから僕は、Hができない。 第6話「ひとつになっちゃった」

 良介の家は、賑やかでいいなあ(笑)。
 何故かイリアまで訪ねて来て。
 どちらかと言えば、イリアはリサラに用事が有った感じですけど。
 美菜はずっとおとなしかったよ。
 おとなし過ぎて、逆にコワイ…。
 良介のお母さんとの通信中も、画面に出て来ないですし。

 リサラもある意味おとなしかったけれど、同じレベルで張り合って、失言を…。
 あれは、本人落ち込みます。
 超絶落ち込みます。
 あうあう。
 まあ、お母さんは寛容な人なので、特に問題にはならなかった模様。
 あの4人の中でも、同じく。
 それはそれで寂しいね。
 加賀って名乗りかけて、すぐに言い直していたリサラ、すっかり今の生活に馴染んでいるみたい。

 良介の余命が2ヶ月っていうのは、すっかり忘れてましたよお。
 それを含めての契約なのですよねー。
 リサラと関わっていたら、逆に長生き出来ない気がして来たり。
 そして、良介がグラムで無敵になると、逆にリサラは寂しい思いをすることになりそう。
 その辺り、イリアはどう関わって来るのかしらん。
 今回、メルロ人生保障でお仕事をしていたときのイリアは、随分と気弱そうに見えたっけ。

 キュールはすっかり妹キャラになってます。
 もう、美菜の妹だもん。
 んで、色々と騒動を起こしてくれちゃいます。
 それでも一応、お母さんの認識は、彼女候補ってことで!。
 クラスメイトじゃあ無いから、他に紹介のしようが…(^^;。
 実際には、背伸びしているお子ちゃまだぞ。

 お母さんは、良介とそっくりな性格をしていたらしく。
 エロ方面も、実はお母さんの遺伝なのかあ。
 納得です。
 リサラとりょうすけも似ているけれど、構ってあげたくなるオーラを醸し出すのは、反則だと思います。

 ん、まずは美菜の救出だよー!。

« ■はぐれ勇者の鬼畜美学 第6話「超音速!スレイプニル」 | トップページ | 札幌-芽室 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

だから僕は、Hができない。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■だから僕は、Hができない。 第6話「ひとつになっちゃった」:

» ◎だから僕は、Hができない。第6話「ひとつ... [ぺろぺろキャンディー]
?:愚か者どもよ、滅びるがいい※なんのアニメだったけ?キュー:グラムの完全体ですわ。リサラ:私がさしたのはグラムの半身。加賀:男系のグラムは行方不明になってるんだ... [続きを読む]

« ■はぐれ勇者の鬼畜美学 第6話「超音速!スレイプニル」 | トップページ | 札幌-芽室 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー