« 十字街→札幌、ありさの呪い | トップページ | 札幌-稚内、日帰りの旅 »

2012.08.08

■だから僕は、Hができない。 第5話「invisible dictionary」

 悪宇商会に、白紙の手帳をめくって記憶をアクティブにする幹部さんが居たのを思い出しました(^^;。
 良介はですね、ページ数まで暗記して、完全に脳内に辞書を再構築しているみたい。
 凄いなあ。
 もっと柔軟に運用出来れば、テストとか無敵だよ。
 エロ方面にしか、発動しないのかもしれませんけど…。
 後は、リサラ関係。

 良介はですね、意外と真っ直ぐに、リサラのことを心配して、応援してあげていたのでした。
 一時的に、リサラのお手伝い(学園八奇衆の調査)が出来なくなっちゃいましたけど。
 別に、常に一緒に居る必要は無いのかあ。
 その距離感が、私にはまだちょっと良く分かりません(^^;。

 それに対して、美菜は良介のこと、完璧に分かってあげているみたい。
 良介にとってのリサラ以上だもん。
 それでいて、出過ぎたことはしないから、重い女には成り得ず。
 これは敵わん(^^;。
 てゆーか、絶対に敵に回してはいけないってゆーか。
 そんなことは無いのでしょうけど。

 何気に今回、キュールの良介観察日記みたいになってましたけど、キュールはすっかり良介に興味を持ったご様子で。
 いきなり深入りしていたもん。
 また、えらく唐突なのですねん。
 その方が面白いから、私は嬉しいですけどっ。

 体内にグラムを持っていた良介、自力で戦ったりも出来るなんて、エナジーの供給元ってだけじゃ無かったのですねん。
 グラムを使えるのは、リサラを護るときだけ…?。
 こっちにエロは関係無いのかしら。

 それとは別に、胸元を隠して恥ずかしがるリサラが、毎回凄く可愛いのでした☆。
 ↑ばか。

« 十字街→札幌、ありさの呪い | トップページ | 札幌-稚内、日帰りの旅 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

だから僕は、Hができない。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■だから僕は、Hができない。 第5話「invisible dictionary」:

» だから僕は、Hができない。 第5話「invisible dictionary」 [空 と 夏 の 間 ...]
美菜ちゃんのエナジーの源は、良介との思い出です。 話してるだけでも嬉しそうですねw そのエナジーを貰うキュールちゃんは毎回良介との話を聞かされるわけ。 これって刷り込み効果になってるんじゃ...... [続きを読む]

» ◎だから僕は、Hができない。第5話「invisibledi... [ぺろぺろキャンディー]
→ミナがリョウスケの話するキュー:ごちそうさまでした。リョウスケさんのことが好きなのですね。:ミナさんから聞いてますと。あれさえなければ。ミナ:嬉しいなリョウスケさんの... [続きを読む]

« 十字街→札幌、ありさの呪い | トップページ | 札幌-稚内、日帰りの旅 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー