« ■貧乏神が! 第7話「いわゆる男として育てられちゃったパターン?/今日のことは一生忘れねーよ!!」 | トップページ | ■乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 第1話「また素敵な思い出ができました」 »

2012.08.17

■この中に1人、妹がいる! 第5話「妹が寝かせてくれない」

 えーと、それは心乃枝本人に聞けばいいのに。
 今朝、電話を掛けて来た?、って(^^;。
 てゆーか、まだ電話が掛かって来るんかい!。
 それにはちょっとびっくりしたです。
 あの携帯電話、結構出回っているのですねえ。
 ちなみに、今の自分の生活だと、6時に起こされたから寝不足って、そんなことは有り得ません。
 高校生の頃だったら、確かにそうかも…。

 将悟も、心乃枝と雅が朝から訪ねて来た位で、そんなに驚かなくってもいいのに。
 だって、今までは既に部屋の中に居たじゃ無いですかあ。
 それがすっかりフツーになっていたよ。
 部活は放課後なのに、下に水着を着ていた雅はどうかとも思いますけど。
 小学生か!(^^;。
 本当に水泳部なのー?。
 スカートが落ちちゃったのは、もう作戦としか!。
 何気にちょっと可愛かったけれど。

 お怒りの心乃枝も、可笑しかったよ。
 あの後、将悟はどうなってしまったのでしょう。
 なんてことを思いつつ、この後、心乃枝の出番は有りません(^^;。
 雅とは、何故か一緒に妹喫茶へ。
 一緒だからどうこうって言うのは、特に有りませんでしたけどねー。
 変なの。

 今回は、寝場所を提供してくれた、芽依との関わりがメインだよ。
 メインとゆーか…。
 狭いマットで一緒に寝る位なら、絶対に保健室のベッドの方がいいような。
 それが芽依の願いって言うなら、話は別なんですけど。
 一応、将悟が芽依の境遇に関心を抱くような構成にはなっているみたい。
 喫茶店を運営している理由も分かったですし。

 ただ、ようやく心乃枝と雅のことが分かって、感情移入出来そう!、と思ったところで、別のキャラへ話が移行してしまうので、見ていてなかなか気合が入りません(^^;。
 将悟も、振り回され過ぎなので、あんまり主体的に動いているように見えないのは、辛いのでした。

« ■貧乏神が! 第7話「いわゆる男として育てられちゃったパターン?/今日のことは一生忘れねーよ!!」 | トップページ | ■乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 第1話「また素敵な思い出ができました」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

この中に1人、妹がいる!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■この中に1人、妹がいる! 第5話「妹が寝かせてくれない」:

» おしらせ 恋と選挙とチョコレート5,6話  この中に1人、妹がいる!5話 [北十字星]
恋と選挙とチョコレート 1(イベントチケット優先販売申込券封入・完全生産限定版) [Blu-ray](2012/09/26)中村悠一、中村繪里子 他商品詳細を見る 職場環境の変化と体調不良につき 暫くの間...... [続きを読む]

» この中に一人、妹がいる TBS(8/16)#05 [ぬる~くまったりと]
第5話 妹が寝かせてくれない 公式サイトから今朝も将悟の所に、妹から電話が掛かってきた。その電話に、今までにない違和感を覚えた将悟は、なんとかして妹の正体を突き止めようと、衣楠に相談する。 屋上で衣楠に妹電話の件を話していると、そこに新聞部のユウが現れる。なんでも、『お兄ちゃんにしたい男子ナンバーワン』になった将悟の独占取材をしたい というのだが…… 妹から早朝の6時に電話がかかってきた。葬式に出席した、同じ学校に通う事、最近眠るのが 遅い事を知っていた。妹とは結婚できないと話しても、お兄様は私と結... [続きを読む]

» (アニメ感想) この中に1人、妹がいる! 第5話 「妹が寝かせてくれない」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ この中に1人、妹がいる! Vol.1 [Blu-ray](2012/09/26)櫻井孝宏、石原夏織 他商品詳細を見る 今朝も将悟の所に、妹から電話が掛かってきた。その電話に、今までにない違和感を覚えた...... [続きを読む]

» ◎この中に1人、妹がいる!第5話「妹が寝かせ... [ぺろぺろキャンディー]
Δ》妹:起きてください。お兄様の妹です。覚えていますか?将悟:まだ六時だぞ。》:毎晩頑張りすぎては体に毒です。ごきげんよ。※電話をかけてきた妹は、コノエじゃなかったの?... [続きを読む]

« ■貧乏神が! 第7話「いわゆる男として育てられちゃったパターン?/今日のことは一生忘れねーよ!!」 | トップページ | ■乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 第1話「また素敵な思い出ができました」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー