« 札幌→羽田空港 | トップページ | 旅のしおり、2012年夏 »

2012.07.26

■貧乏神が! 第4話「縮んど~るやな~いか!」

 この作品、市子が貧乏神に酷い目に遭わされるお話なのかと思ったら、紅葉が市子に酷い目に遭わされるお話なのでした。
 予想と全然違ってました(^^;。
 でも、その方がずっと楽しいよ。
 見ていて、本当にそう思うもん。
 市子と紅葉のバイタリティは凄まじくって。
 毎回の市子の叫びが、すっかり耳に優しく響くようになってしまったです(笑)。

 犬神も、また変態が現れた!、なんて思ったけれど、中身は意外と普通だったみたい。
 この作品のキャラって、皆さん最終的には常識的な判断を下すので、ある意味安心して見ていられます。
 だから、そこまでの過程も、安心して笑えるってゆーか。
 そういうのって、大切ですよね。

 にしても、市子の私生活って、あんなだったんかい!(^^;。
 お掃除位はしましょうよう。
 散らかってるだけでは無く、異臭まで…。
 無理無理。
 私だったら、絶対無理!。

 そんな市子の心の拠り所は、やっぱり諏訪野なのです。
 あんな、ふにゃっとした笑顔の市子、学校では確かに見れません。
 笑ったり泣いたりするのは、諏訪野絡みのときだけ。
 それはそれで問題が有りそうだけれど…。
 幸福エナジーの問題が解消するまで、市子は一人暮らしが基本なのですよ。

 犬神が見ていた市子の生態と感想、それって私と全く同じだったにゃあ。
 市子への認識は、ある意味みんな一緒ってゆーか。
 んで、事情を知ってしまうと、関わらずには居られません(笑)。
 私としては、犬神にはもうちょっとだけ、ばれずにチワワで居て欲しかったかも。

 でもまあ、お話の締めとしては、なかなかいい感じだったと思うです。
 何気に、一週間で一番楽しみな作品だったりしています(^^)。

« 札幌→羽田空港 | トップページ | 旅のしおり、2012年夏 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

貧乏神が!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■貧乏神が! 第4話「縮んど~るやな~いか!」:

» 貧乏神が! 第4話 『縮んど~るやな~いか!』 新キャラはドMの変態だった。 [こいさんの放送中アニメの感想]
砂戸太郎みたい。或いは「住めば都のコスモス荘」のピエールの方が適当か。変身しますしね。紅葉が対市子用に招いたのが犬神の桃央(ももお)。しばかれると喜ぶ、つまりシバ犬。因みに貧乏神界って貧乏神以外の神も住んでるのかな。 可哀想な捨て犬を装って市子に拾われようとするものの、あっさりスルー。そりゃ「諏訪野以外どうでもいい」を公言している市子に通じるはずもないでしょう。結局強引にまとわりついて何とか入れてもらうという体たらく。この時点で激しくムリっぽい予感がします。 片付けられない女。入ってビックリ、そこ... [続きを読む]

» 貧乏神が! 第4話「縮んど~るやな~いか!」   [空 と 夏 の 間 ...]
また下野さんかw  安定のドMキャラでした(ノ∀`) 下野=Mってもう鉄板ですね~。 市子からの幸運エナジー回収が面倒になった紅葉さんw 助っ人を呼び寄せて、来たのがドM犬神の桃央でした。 ... [続きを読む]

» 貧乏神が! 第4話「縮んど~るやな~いか!」 [いま、お茶いれますね]
第4話「縮んど~るやな~いか!」 生臭坊主もちょいちょい出て来ますね。 貧乳は人に非ず・・・紅葉さん、ロンギヌス出しちゃってますw 紅葉の舎弟?犬神桃央が登場。 紅葉に仕えているらしいの...... [続きを読む]

» 貧乏神が! テレ東(7/25)#04 [ぬる~くまったりと]
第4話 縮んどーるやなーいか! 川原で釣りをする紅葉と遭遇する懋毘威。懋毘威は巨乳好き。これは釣りではない、高天原から助っ人を 呼ぶ貧困アイテムだ。久し振り、犬神桃央だった。性格はどM。主人の望むを叶えるのが犬神の宿命。DBパロ、熱湯を飲むと悪神となる。もののけ姫パロ。可愛いチワワに変身。縮んどーるやなーいか。 紅葉が現われなくて最近は良い感じな市子。捨て犬として玄関で待つ犬神。わざとらしいので無視する市子。懐いて無理やりついて部屋に入る。しかし部屋は汚れ捲り。貧乏神アイテム がぶりエル2012を装... [続きを読む]

» ◎貧乏神が!Round4!「縮んど~るやな~いか!」 [ぺろぺろキャンディー]
ξ川 ボビ:何をしてる。紅葉:こっちは酷い目に会ったんですよ。:これは、高天原から召喚するアイテム。→モモオがでてくる。 モモ:お久しぶりです。紅葉おねえ様。紅葉:久し... [続きを読む]

« 札幌→羽田空港 | トップページ | 旅のしおり、2012年夏 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー