« ■咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第2話「始動」 | トップページ | ■夏色キセキ 第3話「下田ではトキドキ少女は空をとぶ」 »

2012.04.22

■アクセル・ワールド 第3話「Investigation;探索」

 高円寺っ。
 毎日のように行き来している景色が出て来たから、びっくりしたよ。
 永福町行きの京王バスが、凄く立派なバスだったのが新鮮。
 あれなら、現実よりもいいですもん。

 今回、千百合がすっごくいじらしくって、私はうるうるなのですよー。
 幼馴染み評論家としては、もお嬉しくって!。
 でも、何だか不幸そうな役回りみたいなのが、すっごく心配。
 不幸そうなオーラが、出まくりなんですもん。
 春雪を本当に助けてくれるのは、こういうコだって思うのにな。

 校門前では、いきなり黒雪姫に負けちゃいました。
 いくら付き合いの長い幼馴染みでも、告白をした彼女候補が相手じゃ、無理矢理割って入ることは出来ません。
 切ないね。
 春雪はですね、あわあわと慌てるばかりで。
 もお転校するとか言ってました(^^;。

 黒雪姫からのお話はかなり重要だったし、邪魔が入らなかったのは、まあ良かったのかなあ。
 黒雪姫、いきなり仲間の首を切り落とすのはどうなのかと…。
 そりゃあ、その相手の彼女さんだって、パニック起こしちゃいますよお。
 その後、2人は別れてしまったのでしょうか。
 そんな未来が見えましたもん。
 当時、黒雪姫はまだ小学6年生だったそうですけど、酷いよう(^^;。
 いずれ、その刃が春雪に向かないことを祈りつつ。

 そんな春雪は、千百合のお部屋で直結するよ。
 あんな短いケーブルで、一体どうしろと…。
 しかも千百合、ベッドに横になったのはいいとして(良くないけど)、どうしてわざわざ左膝を立てていたのでしょう(^^;。
 あれじゃあ、春雪だって困ってしまいます。
 一体どうしろと…。

 でもでも、春雪はやることはやるのですよねー。
 サンドイッチを台無しにしてしまったこと、ここでようやく謝ることが出来て、見ていた私も一安心なのです。
 それが、ずっともやもやと心の中に残っていたもん。
 ほっ。
 そんな会話をしながら、ファイルをごそごそ漁る春雪…。
 おいっ(^^;。

 あんな簡単に覗けてしまうんじゃ、確かに直結は恋人同士とかじゃないと出来ませんよね。
 勿論、心の中まで覗ける訳では無いけれど。
 千百合としては、黒雪姫に負けたくないって気持ちも有ったのかしら。
 バックドアが仕込まれて、千百合は踏み台にされていたの…?。
 と油断させておいて、本当は千百合がわざと設置していた可能性も有ったりして…。
 いやいや。

 普通に考えると、拓武が怪しくなって来ますけどねー。
 加速を剣道の試合に応用しているとか。
 そんなに単純な問題じゃあ無いか。
 バックドアを設置した相手、何とか特定して対処しなくっちゃ!、ですね。
 これはわくわくするです。

« ■咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第2話「始動」 | トップページ | ■夏色キセキ 第3話「下田ではトキドキ少女は空をとぶ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アクセル・ワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■アクセル・ワールド 第3話「Investigation;探索」:

» ◎アクセル・ワールド#3Investigation;探索 [ぺろぺろキャンディー]
クロ:キミに口を出す権利はあるのかな。 チユ:友達だから。:私は告白して返事まち、これからデートするところだ。ごきげんよう、友達君。= クロ:挑発したのは意味があってね... [続きを読む]

« ■咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第2話「始動」 | トップページ | ■夏色キセキ 第3話「下田ではトキドキ少女は空をとぶ」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー