2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 年末年始の過ごし方(郡山往復) | トップページ | 帯広へ。 »

2012.01.04

函館へ。

 今回の旅は、北海道2泊3日。
 骨休みが目的なの。
 かなりゆったりとした行程にして、往復の空路とホテルは、JALのダイナミックパッケージで予約しておきました。

 その後、道内の切符を買う為に、会社の最寄駅の窓口に並びます。
 リクエストは、「スーパー北斗」と「スーパーとかち」の指定券、それから函館から帯広までの乗車券(山線経由)。
 簡単だよ。
 申込用紙を提出して、と。

 暫くすると、おねーさん、マルスの画面を見て考え込んじゃって、更に時刻表を開いて考え込んじゃってます。
 その間に、私の後ろに列がどんどん延びて…。
 気が気じゃ有りません。

 おねーさんはおもむろにマルスの端末画面を私に向けて、「このみっつの経路の中に、お求めの切符は有りますか?」。
 私は思わず、金の斧・銀の斧のストーリーを思い浮かべちゃいました。
 でも。
 すいません、全部違います…。
 「ですよねえ」。
 確信犯ですかあ(^^;。

 ともあれ、おねーさんが経路をちゃんと把握出来ていることは分かりました。
 それでも発券出来ないの…?。
 「長万部の分岐までは入るんですよね」。
 ちらっ。
 「この先が…」。
 ちらっ。
 目で訴えないで下さいよう。

 おねーさん、もう完全に投げ投げ。
 私が窓口に身を乗り出し、マルスの端末を覗き込んで、入力を指示することになって。
 そこから苗穂、次が千歳線で…、あれ?石勝への分岐が無いですね、一度前の画面に戻って貰って、あ、そこは新得で!、えーと、富良野?、あ、またもう一度戻って…。
 これ、使いにくいです。
 分岐の線名と駅名が分かりにくくって。
 「出来ましたあ!」。
 良かったね…(^^;。

 ちょっとした難産の末に発券された乗車券、印字された経路に迫力が感じられないのが残念なのです。
 見た目は東室蘭経由みたいですけど、室蘭本線が挿入されていないので、小樽経由なのですよ。
 この写真を撮った後、札幌駅の自動改札を通ったら、入鋏の○が□に変わっていたです。

11/20
 てことで、出発だよー。
 羽田17:30のJL1167に乗って、函館には18:50の到着。
 この便は、事前の座席指定が出来なくって、団体さんが乗っているのかな?、なんて思いつつ、前日にようやく1席だけ指定可能席を見付けたよ。
 搭乗口で待っていたら、あ、修学旅行の団体さんが居るんだ。
 機内のアナウンスによると、大野農業高校の皆さんですって。

 私は、地方出身の人に会うと、修学旅行は何処へ行ったか聞く癖が有るのですけど、北海道の皆さんの修学旅行は、沖縄と東京とか、長崎と大阪とか、結構な長距離を移動されているみたい。
 暖かい沖縄と、首都東京の組み合わせは楽しいかもっ。
 千葉県民な私としては、都市としての東京と札幌に、あんまり違いは感じませんけど(^^;。
 ちなみに、TDRのおかげで、皆さん一度は千葉県に足を踏み入れているのではないかと☆。

 辿り着いた函館は小雨でした。
 雪じゃ無いんだ。
 意外。
 路面に雪は全く無いですし、これならレンタカーでも良かったかなあ。
 そんなことを思いつつ、バスでベイエリアを目指すと、雨は雪に変わって、あっという間に真っ白け。
 風まで吹いて来て、ちょっとした吹雪になっちゃいました。
 …いきなり吹雪ぃ!?(^^;。
 バスから降りた私は、完全に雪まみれ。
 既に数センチ積もってますし。
 さっきとは、景色が一変しちゃいました。

 雪まみれになると、私は俄然、やる気が出て来たりします。
 だって、雨よりは雪の方が、ずっとずっとマシですわ(笑)。
 ハートが雪に埋まっても、熱は冷めないのよ!。
 むしろ、私の宝物は雪の中に。
 …でも、さすがにちょっと寒い、かな(^^;。

 カリフォルニア・ベイビーでご飯を食べて、と。
 私の後から入って来たカップルさん3組、皆さん揃ってシスコライスを2つ注文していました。
 すっかり有名スポットなのですね。
 てゆーか、1人で来ているのは私だけ…。
 別にいいんだもんっ(^^;。
 ただ、シスコライスを2つ、初めてのカップルさんが完食するのは難しいかも。
 知っている人なら、楽勝だとは思いますけど。

 私は、それを見届けることなく、お店を出ます。
 すぐお隣のハセガワストアで、夜食の焼き鳥を購入。
 まだ食べる気ですかあ(^^;。
 一応、函館に来たときのお約束ですもん。
 移りゆく景色の中でも、同じ道を歩いて来ました。

 十字街から市電に乗って、函館駅前へ。
 今日のホテルは、函館の駅前なのです。
 かつてのハーバービューホテルで、そのネーミング、気に入っていたのにな。
 ホテルのフロントで朝食のセットを勧められたけれど、朝市の食堂を使ってみたいので、パスします。
 朝市、実はまだ行ったことが無いのですよね。
 早起きが嫌なので…(^^;。

 今日は、夕方からの旅にしては、色々と頑張った気がします。
 明日からの2日間、めいっぱい北海道です!(^^)。

 こちらへ続きまあす。

« 年末年始の過ごし方(郡山往復) | トップページ | 帯広へ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/53657163

この記事へのトラックバック一覧です: 函館へ。:

« 年末年始の過ごし方(郡山往復) | トップページ | 帯広へ。 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ