« ■妖狐×僕SS 第1話「いぬとぼく」 | トップページ | ■モーレツ宇宙海賊 第2話「私の力、海賊の力」 »

2012.01.14

■ゼロの使い魔F 第2話「水都市(アクイレイア)の巫女」

 才人とルイズ、仲良くやっているみたい。
 冒頭のシーンだけで、その仲の良さは伝わって来ましたもん。
 素直になったルイズは、ある意味最強なのですよ。
 まあ、ちょっとしたことで、すぐに喧嘩にはなります。
 それは、お互いの性格のせい。
 だから、付け入る余地は有ると思うのですよー。

 ティファニアのお悩みは、そういうことでは無いけれど。
 近い状態にはなっているかな。
 使い魔として、側に置きたいっていう願望みたいなんですもん。
 いずれは、きっとそれが大事に…。
 今でも、ティファニアは怪しいモードに入りかけているよ。
 いきなりキスを迫る前に、ちゃんと話をすればいいのに(^^;。

 シスター姿のルイズは、凄く可愛かったよ。
 清純な感じが凄く(^^)。
 才人がメロメロなのも、納得だもん。
 でも、レモンちゃんは無いでしょー(笑)。
 才人は、コスとかに弱いらしく。
 以前も、シエスタにセーラー服を着せてたでしょ。

 キュルケはすっかり、端役です。
 毎回、同じ役回りで。
 モンモランシーは、ちょっとだけ出番が有って、良かったね。
 でもマリコルヌより控えめ。
 タバサは、重要人物なのに、単なる解説役みたい。
 ちょっとだけ、お気の毒。

 いよいよ、大きな陰謀が動き出して、虚無の担い手も、無関係では居られません。
 エルフの能力も関係して来るみたいですし。
 取り敢えず、才人とルイズ、早く再会出来るといいな。
 ルイズも、責任感が強いから…。
 平民の頼みとか、断れないの。
 舌を噛んで死ぬっていうのも、本心なのでしょうし。

 ED、七変化のルイズがかあいいよう♪。
 髪型が変わると、もう誰だか分からなくなっちゃうね。

« ■妖狐×僕SS 第1話「いぬとぼく」 | トップページ | ■モーレツ宇宙海賊 第2話「私の力、海賊の力」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゼロの使い魔F」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ゼロの使い魔F 第2話「水都市(アクイレイア)の巫女」:

» ゼロの使い魔F 第2話 [燃え萌えアニメブログ]
水都市(アクイレイア)の巫女 サブタイトルどおり、水の都へやって来たようだ。 んで、さっそくルイズの べ、べつに買って欲しいなんて言ってないんだからっ! というツンデレが炸裂。 前回も...... [続きを読む]

» ゼロの使い魔F 第2話 「水都市の巫女」 [SERA@らくblog]
やっぱりレモンちゃん、どうしようもなくレモンちゃんだ!  レモンちゃんて何なのか(^^;  才人と言うか作者のセンスっていったいw ▼ ゼロの使い魔F 第2話 「水都市の巫女」  聖女姿のルイズの可愛さに 才人、大歓喜(笑) レモンちゃんプレイ始まったw  つきあうルイズも 本当にバカップルですね(^^; 隣の部屋にも丸聞こえでこれは恥ずかしい(苦笑) ... [続きを読む]

» ゼロの使い魔F チバテレ(1/15)#02 [ぬる~くまったりと]
第2話 水都市(アクイレイア)の巫女 公式サイトから 大聖堂から「始祖の円鏡」を盗み出した賊の正体は、「元素の兄弟」と呼ばれる傭兵だった。 彼らの雇い主は一体誰なのだろうか…? 陰謀の気配が漂うが、教皇たちは、すでに想定済みであるかの様に動揺したそぶりも見せない。 その様子が気にかかるアンリエッタとアニエス。 しかし、彼女たちの不安をよそに、ガリア国境に近いアクイレイアの街で教皇の即位三周年式典の準備は進められてゆくのだった。 ルイズとバザールに来た才人。綺麗な陶製の家をプレゼントする。本物の屋敷は... [続きを読む]

» ゼロの使い魔F 第2話「水都市(アクイレイア)の巫女」 [惑星観測所の記録]
レモンちゃんはさすがにないわ〜…(何 [続きを読む]

» [ツイートまとめ]ゼロの使い魔F 第2話 水都市(アクイレイア)の巫女 [しるばにあの日誌]
(ゼロの使い魔 通算シリーズ第40話) [続きを読む]

» ◎ゼロの使い魔F第2話「水都市(アクイレイア)... [ぺろぺろキャンディー]
〓ルイズとバザールへサイトがルイズにプレゼント。サイト:本物の屋敷はむりだけど。ルイズ:お屋敷。サイトとふたりっきりで。生徒は、警備することに。〓王室教皇:もうあのよう... [続きを読む]

« ■妖狐×僕SS 第1話「いぬとぼく」 | トップページ | ■モーレツ宇宙海賊 第2話「私の力、海賊の力」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー