« ■僕は友達が少ない 第8話「スクール水着は出番がない\(^o^)/」 | トップページ | ■マケン姫っ! 第8話「シリアの全てをあげちゃいマス」 »

2011.11.26

■侵略!?イカ娘 第7話「もてなさなイカ!?/記憶喪失じゃなイカ!?/入部しなイカ!?」

 私はですね、南風の店長がご飯をご馳走しようとしてくれてるの、すぐに気が付きましたよお(^^)。
 まあ、サブタイがそうなってますから…。
 好きな物を作ってくれるだなんて、優しいね。
 おもてなしの心なのです。
 質問に対して、返事をする余地は全く無かったですけど(^^;。

 れもんに出入りするようになって、鮎美もちょっとは明るくなって、口数もちょっとは多くなったみたい。
 小さいけれど、大きな変化ですよね。
 だから、感謝されました(^^)。
 ひたすらに怖がっていた栄子が可笑しいの。
 イカ娘は、トイレで想像を絶する体験をしたみたい。
 ひい(^^;。

 私はてっきり、そのまま泊まっていくのかと思ったけれど、さすがにそれは無かったです。
 あの家って、ちょっと旅館みたいな作りでした。
 昔は旅館だったのかなあ。
 偽イカ娘の被り物を利用した花壇、あれ、ちょっと欲しいかも!。
 ただ、あんなものを貰ってどうするんだっていう話も…。

 記憶喪失は、イカ娘を常識人にしましたです。
 たまには、そういうのもいいかな。
 本能で人を認識するのは、生存戦略としては正しいのかも。
 特に、千鶴みたいな、取り扱い注意の人間に対しては。
 命取りになりますもん。

 早苗とシンディーは、考えていることが全く同じ。
 目的の為には、手段は選ばず。
 それぞれに、それなりのストーリーを用意していたって思うけれど、イカ娘は常識的な判断をしましたねん。
 まあ、当然かなあ。
 早苗は常に、そういう役割だもん。
 でもめげない。

 イカ娘は、頭の帽子を取ると、本当に死んでしまうのですねえ。
 さすがに、そう簡単には取れないみたいで、偶然取れて死んじゃったりとかはしない模様。
 取り敢えずは、一安心。
 早苗のことも、たまには思い出してあげて下さいねー。

 侵略部だなんて、最近は変わった部活を作るのが流行っているのでしょうか?(笑)。
 活動内容は結構楽しそうで、前向き。
 いいんじゃないかな?。
 たまにはお勉強もねー。
 最後まで、誰かが脱落したりしなくって、良かった良かった。
 清美も単なる風邪でしたし。
 喧嘩とかで誰かが疎遠になったりしたら、嫌ですものね。
 みんなで明るく元気に侵略、それこそが、イカ娘の本来の使命なのですよん。
 心からそう思う私なのでした。

« ■僕は友達が少ない 第8話「スクール水着は出番がない\(^o^)/」 | トップページ | ■マケン姫っ! 第8話「シリアの全てをあげちゃいマス」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

侵略!?イカ娘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 侵略!?イカ娘 テレ東(11/21)#07 [ぬる~くまったりと]
第7話 もてなさなイカ!?   南風のオヤジがれもんを訪れる。 皆で家に来ないかと誘う。 庭には偽イカ娘の被り物に花が植えられていた。 一寸不気味な様子。 イカ娘には見せられないと思う栄子だがイカ娘は  頭の帽子でしか認識しないので大丈夫。  娘の鮎美は知らなかった様子。 家でも無口で何か話せと傲慢でマイペースの  オヤジ。 でも鮎美曰く喜んでいると言う。  隣の部屋で何やら持てないしている様子。 どうしたと包丁を持参でこちらを気にするオヤジ。 トイレに行くと言う栄子とイカ娘を自ら案内する。 中には... [続きを読む]

» 侵略!?イカ娘 #7 【伊藤かな恵さんの仕事でゲソ】 [しるばにあの日誌]
(侵略! イカ娘 シリーズ第19話) [続きを読む]

» 侵略!?イカ娘 第7話「もてなさなイカ!?/記憶喪失じゃなイカ!?/入部しなイカ!?」 [のらりんすけっち]
南風のおっさんはいい人なんだろうけど不器用すぎる^^; 実際こんな人いたらすっごい疲れそう。 まあでもおっさん登場=鮎美ちゃん登場なのでその点では出てくれないと困る人でゲソ。 偽イカ娘のかぶりもの...... [続きを読む]

» ◎侵略!?イカ娘第7話「もてなさなイカ!?記憶... [ぺろぺろキャンディー]
叔父さんに呼ばれる。家にいく。そして、包丁をもってくる。捜索料理をごちそうされる。イカがゲ-ムする。エビフライよといってよびだす。階段から落ちて記憶喪失。そして、サナエ... [続きを読む]

« ■僕は友達が少ない 第8話「スクール水着は出番がない\(^o^)/」 | トップページ | ■マケン姫っ! 第8話「シリアの全てをあげちゃいマス」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー