« ■ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第2話「きょぜつ色のクッキング」 | トップページ | ■森田さんは無口。2 第15話「お菓子作りは真剣勝負」 »

2011.10.13

■マケン姫っ! 第2話「女の子はすごいんです」

 私は幼馴染み評論家なので、春恋には頑張って欲しいのですよね。
 最近の傾向として、幼馴染みは負けルート一直線だから…。
 たまには幼馴染み無双を見たいって思うよ。
 なのに、春恋からは既に負けオーラが漂っているような。
 年上なのが、またビミョーな雰囲気ってゆーか。
 頑張れ!(^^;。

 取り敢えず、タケルは厳しく監視されています。
 イナホがどうして許婚なのかは、まだ明らかにされませんでした。
 タケルは覚えていないけれど、イナホには、何か想い出が有るらしくって。
 そういう設定、ずるいです。
 イナホに情が移るよー。

 でもまあ、春恋もしっかり活躍していたっけ。
 氷は用意してくれたし。
 朝ご飯とか、お弁当とか。
 そういう何気無いフォローは、息が合ってていい感じかな。
 ねー。
 見ていて嬉しいもんっ。

 コダマも、現実的なツッコミを入れてくれるから、何かと便利だったりして。
 タケルの遅刻も回避したし。
 朝からシャワー浴びてるなら、扉をロックしておけばいいのにな。
 あながちタケルのせいだけとも…。
 コダマもですね、タケルとの因縁はまだ不明。
 あのアザ?は、呪われた血族の証なのでしょうか(^^;。
 現状、タケルは能力らしきものはゼロだけれど。

 しっかし、身体測定の覗きにかける情熱、あれは一体何なのですかあ。
 良くもまあ、一瞬で点数とか付けられるものです。
 その基準は、あんまり良く分かりません(^^;。
 覗きなら、寮の自分の部屋でも出来ちゃうけれど、あんまり身近な相手だと、さすがに気が引けるのかしら。
 そういう問題じゃ無いけれど(^^;。

 取り敢えず、余計なエネルギーは、部活で発散する方向で…。
 装備無しでも、タケルに務まるのかなあ。
 いつも助けて貰うっていうのは、情け無いですよはてな。

« ■ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第2話「きょぜつ色のクッキング」 | トップページ | ■森田さんは無口。2 第15話「お菓子作りは真剣勝負」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

マケン姫っ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■マケン姫っ! 第2話「女の子はすごいんです」:

» マケン姫っ! TokyoMX(10/12)#02 [ぬる~くまったりと]
第2話 女の子はすごいんです。 公式サイトから  漫画原作アニメ 春恋です。幼馴 [続きを読む]

» マケン姫っ! TokyoMX(10/12)#02 [ぬる~くまったりと]
第2話 女の子はすごいんです。 公式サイトから  漫画原作アニメ 春恋です。幼馴 [続きを読む]

» 「マケン姫っ!」第2話 [日々“是”精進! ver.A]
検警部へのススメ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110120000/ マケン姫っ! Blu-ray 第1巻 初回限定生産版「春恋とドキドキッ!?秘密の訓練せっと」 posted with amazlet at 11.10.06 角川書店 (2011... [続きを読む]

» マケン姫っ! 2話 [アニメ徒然草]
乳こそがこの世の理。 というわけで、 「マケン姫っ!」2話 魔乳学園の巻。 清々しいまでに、おっぱいとパンツだな。 ここまで大盤振る舞いだと、逆にありがたみが薄れるな。 供給過多は価格減少...... [続きを読む]

» マケン姫っ! 第02話 『女の子はすごいんです』 [こいさんの放送中アニメの感想]
金髪二人が良い感じ。第一話でいきなり主人公を襲ったあげく同居するというわけわかめな姫神コダマ。このアニメでは巨乳が当たり前なので本当に「貧乳はステータスだ、希少価値だ!!」なキャラクターです。出で立ちと声のせいか「生徒会役員共」の萩村スズ・エロバージョンに見える。 そして統制会会長で男嫌いっぽい高貴楓蘭(たかき・ふらん)。ハーフとかでフランチェスカから来ているのかもしれませんが、腐乱って読める名前はヤバ過ぎる。それはともかく羞恥心の高いキャラはお色気アニメでは際立ちますね。 言葉は無粋... [続きを読む]

« ■ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第2話「きょぜつ色のクッキング」 | トップページ | ■森田さんは無口。2 第15話「お菓子作りは真剣勝負」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー